2ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

スクールランブルバトルロワイアル7

1 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/12/19(火) 23:34:37 ID:cxLDufPc
過去スレ
スクールランブルバトルロワイアル企画スレ
http://comic6.2ch.net/test/read.cgi/csaloon/1154778020/l50
スクールランブルバトルロワイアル1
http://comic6.2ch.net/test/read.cgi/csaloon/1156428111/l50
スクールランブルバトルロワイアル 2学期
http://comic6.2ch.net/test/read.cgi/csaloon/1157296492/l50
スクールランブルバトルロワイアル3
http://sports2.2ch.net/test/read.cgi/entrance2/1157782197/l50
スクールランブルバトルロワイアル4
http://sports2.2ch.net/test/read.cgi/entrance2/1159962219/
スクールランブルバトルロワイアル5
http://sports2.2ch.net/test/read.cgi/entrance2/1163107013/
スクールランブル・バトルロワイアル 6学期
http://human5.2ch.net/test/read.cgi/subcal/1164901909/l50

仮まとめサイト
http://netabaremk2.fc2web.com/brmain.html

データサイト
スクールランブルスレ@2ch、分校。
http://tenma.web.infoseek.co.jp/

下記のルールを守れない方はこのリレー小説への参加・閲覧をご遠慮下さい。
・書き手も読み手もお互いを尊重しましょう。どちらもいなければリレー小説は成り立ちません。
・荒らし目的の投稿や発言は完全無視しましょう。また、そういった目的の作品はNGとなります。
・派閥の話は控えましょう。また、他の派閥を攻撃・批判するような発言はやめましょう。
・よそはよそ、うちはうちです。他のパロロワと比べて〜といった意見はやめましょう。

2 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/12/19(火) 23:35:52 ID:cxLDufPc
書き手のルール
・まず、まとめサイトの基本ルールを読みましょう。また、予約ルールは必ず守って下さい。
・矛盾がある場合、修正や破棄を求められる場合があります。その場合は応じて下さい。(正・破棄対象の矛盾については作品のルール参照)
・予約がされていた場合、予約されたキャラを後々自分が使うなど言って予約者を混乱させないようにしましょう。
・また、作品投下後に「この展開だと自分の話が書けない」といった文句を言うのはやめましょう。
・自分の気に入らない展開という理由で批判をするのはやめましょう。
・読み手があってこそのリレー小説です。常に読み手がいる事を意識し、投下前に十分推敲して下さい。
・自己リレーは出来るだけ控えましょう。しかし他に書き手がいない場合などはその限りではありません。(自己リレーする時の注意点は投下のルール参照)
 自己リレーかどうかの判断は、以下の例に従って判断して下さい。
 例)自分が書いたキャラAの投下後に別の作者が他のキャラBCDをAの近くに移動させた場合
   →Aを書いた作者がABCDの話を書く:自己リレーに当たらず。
   →BCDを書いた作者がABCDの話を書く:自己リレーに当たる。
 要するに、自分の投下後に他の作者が自分の投下キャラの状況に変化を齎す場合は自己リレーに当たりません。
 逆に、自分が投下して生じた展開に更に連続で他のキャラを絡めた場合は自己リレーとなります。


読み手のルール
・自分が気に入らない展開という理由で書き手を批判するのはやめましょう。
・書き手があってこそのリレー小説です。書き手の創作意欲を削ぐような批判や誹謗・中傷はやめましょう。
・NG・修正要請の必要を感じても発言はマイルドにお願いします。厳しすぎる言葉は作者の創作意欲を削ぎます。
・ルール違反や荒らしでもない作者を追放・批判するような事はやめましょう。

3 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/12/19(火) 23:36:27 ID:cxLDufPc
投下のルール
・書きたいキャラを予約することができます。
 予約:書きたいキャラを指名し、トリップを付けて宣言する。後日作品を投下する際はトリップを付ける。
     期限は72時間。それを過ぎても何の意思表示も無ければキャンセル扱いとなります。
     ここで言う予約とは話が完成していてあとはプロットするだけの段階で行うものです。
     もし期限に間に合わない場合、必ずキャンセルかいつまでに投下できるかという意思表示をお願いします。
 予約延長:期限は24時間。但し、他に書きたいという方が出た場合は譲って下さい。
 ※遅すぎは困るので出来るだけ早めが無難です。投下が無理なら早めに予約を解除して下さい。
・もちろん予約されていないキャラの話ならば突然投下大歓迎。予約されたキャラがいたら諦めて下さい。
・自己リレーを行う場合、募集開始から3日以上空けてからお願いします。
 予約宣言を必ず行い、また自己リレーである事を明記して下さい。
 宣言後1日経って他に書きたいという人が出なければ、それから3日以内に投下をお願いします。
・キャラを握っておいて様子見云々を発言するのはNG 。
 やるなら黙って、ただしそれで状況が変わって書いた話がパーになっても泣かない
・住民から修正が必要と判断された場合(基準は作品のルール参照)、書き手は修正宣言を行なって頂きます。
 宣言は作品投下から24時間以内に行なって下さい(行なえなければ破棄となります)
 ※但し、修正が必要な理由が投下24時間以降に発覚した場合は、その限りではありません。
 修正宣言から24時間以内に修正版を投下して頂きます(投下先はまとめの方にお願いします)。
 その時間を過ぎると破棄扱いとなる為、ご注意下さい。
 ※誤字・脱字の修正などの場合宣言は不要です。まとめの掲示板にどうぞ。

4 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/12/19(火) 23:36:58 ID:cxLDufPc
参加者名簿一覧 【計43名】 現在20名
○…生存 ●…死亡

男子                                 女子
○1:麻生 広義                          ○1:一条 かれん
●2:石山 広明                          ●2:大塚 舞
●3:今鳥 恭介                          ●3:音篠 冴子
●4:梅津 茂雄                          ○4:城戸 円
○5:岡 樺樹(おかっぱ)                   ○5:鬼怒川 綾乃
○6:烏丸 大路                          ●6:嵯峨野 恵
○7:斉藤 末男                          ○7:沢近 愛理
●8:菅 柳平                            ●8:周防 美琴
●9:田中 一也                          ○9:高野 晶
○10:奈良 健太郎                       ●10:種田 芽衣子(ダメ子)
○11:西本 願司                         ●11:塚本 天満
●12:野呂木 光晴(のっぽ)                ○12:砺波 順子(隣子)
○13:花井 春樹                         ●13:永山 朱鷺
○14:播磨 拳児                         ●14:塀内 羽根子(ハネ子
●15:冬木 武一                         ○15:三原 梢
●16:坊乃岬 大和(坊主)                 ○16:結城 つむぎ
●17:三沢 伸                           ○17:雪野 美奈
●18:飯合 祐次(メッシュ)                 ●18:寄留野 香織
●19:吉田山 次郎                       ○19:サラ・アディエマス
●20:天王寺 昇                         ○20:塚本 八雲
●21:東郷 雅一                         ●21:ララ・ゴンザレス
○22:ハリー・マッケンジー

【以上22名】                             【以上21名】

5 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/12/19(火) 23:37:42 ID:66RYy2wh
生存者名簿一覧 【現在17名】 (43名)
男子                                  .女子
○1:麻生 広義                         ○1:一条 かれん
○5:岡 樺樹(おかっぱ)                  ::○4:城戸 円
○6:烏丸 大路                         ○5:鬼怒川 綾乃
○10:奈良 健太郎                      :○7:沢近 愛理
○11:西本 願司                        :○9:高野 晶
○13:花井 春樹                        :○12:砺波 順子(隣子)
○14:播磨 拳児                        :○15:三原 梢
                                      ::○17:雪野 美奈
                                      ::○19:サラ・アディエマス
                            :::○20:塚本 八雲

【以上7名】                            ::::【以上10名】


6 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/12/19(火) 23:39:12 ID:cxLDufPc
>>5
4はまとめのテンプレだったので今の人数はそっちが正しいですね。ありがとうございます

7 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/12/19(火) 23:43:14 ID:9zpRFASs
>>1
乙です

正直、奈良の名前が残ってることに激しい違和感を感じるwww

8 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/12/19(火) 23:46:09 ID:Pn6cVPQs
>>1
乙です

9 :暫定黒幕案A:2006/12/20(水) 00:15:46 ID:1ja7EUUK
815 :Classical名無しさん :06/11/29 18:40 ID:/noJFQWc
>>790さんの「都合のいい組織をつくる」という意見はいいと思います。
私なりに考えた黒幕の具体的な姿の提案なのですが、

最初気になったのは「何故防衛庁がこのゲームについて調べているのか」という点。
警察関係者では無く防衛庁が調べている理由、それは黒幕が軍事に深い関わりがあるからというのはどうでしょう?
平たく言えば軍産複合体です。
以下、その設定となります。

(始まり)
軍事に各国の力が注力された冷戦期、優秀な兵士を育成及び選抜する事を目的とするプロジェクトが大国の軍事研究所で開始される。
徴兵検査の参考にする為軍隊経験の無い若い学生を対象に人は死なないが現在に近い形のゲームを行わせ、
どんなタイプの人間が兵士として優れているのか実験を繰り返すものの、命を賭けない実験は所詮役に立たないとわかる。
そこで極秘に途上国の学生を誘拐して実際に殺し合わせる事が決定、実験は大成功を収め、以後の継続が決まる。

816 :Classical名無しさん :06/11/29 18:41 ID:/noJFQWc
(目的)
@できるだけ多種多様なサンプルを集め、どのタイプが優秀な兵士になれるのか調べる
 その為、参加者は世界各国の学校から選ばれる。
A極限状態での肉体的、精神的状況のデータ収集。首輪は元々その為に開発された。
 その機能は単純な生死判定ではなく、様々な生理機能をモニターしている。
 各種パラメータの動きを見れば嘘発見器になり、事実その目的でも使用されているが教師、生徒は音声のみの監視と思っている。
B傑出した兵士に育つ可能性がある人物が優勝した場合、組織に引き入れて育成及びさらなるデータ収集を行うのが目的。
 サラのように消極的な人間が優勝した場合はそれで終わり。
C管理者に参加者の関係者を用意し、彼らのデータも管理職タイプとして収集している。
 一見監視しているように見えてさらに監視されている二重監視。

(「大人達の戦い」で示されている”世界の名だたる富豪達”との関係)

冷戦の終了に伴い、組織存続の危機が発生。
そこで提案されたのが各国の有力者をスポンサーとする事だった。
組織からは刺激を求める有力者に彼らのいう『娯楽』『賭けの対象』を提供し、見返りとして多額の金銭及び参加者集めの便宜を受けている。
軍事力を求めるスポンサーには研究結果である『優秀な兵士』の提供も行う。
この結果、事の露見によって自分達に火の粉が降りかかる事を恐れる有力者達の協力が得られ、
以前より恵まれた実験(バトルロワイアル)を行えるようになった。

10 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/12/20(水) 00:30:08 ID:ZIxDgIPM
>>9はいらないって。
別に誰も支持して無いもん。

11 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/12/20(水) 00:33:41 ID:1ja7EUUK
>>10
誰も支持してない、は言いすぎ。他に意見があるなら出してくれ。
俺だって黒幕なんて正直何でもいいわけで。漬物屋でもビデオ屋でも構わんぞ?ww
対案となる何かが出ない限りあったほうが参考程度にはなるだろ。

12 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/12/20(水) 00:53:27 ID:ZIxDgIPM
いや、俺だって何でもいいけど。
書き手が逐一決めればいいわけで、こんなんがあると逆に圧力を与えかねないかな、と思っただけ。

ちなみに現代の先進国の軍隊にとって、戦争には「優秀な兵士」は要らないんだが・・・。
まぁそんな事はさらにどうでもいいな。ちょっと呟いてみた。

13 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/12/20(水) 01:04:38 ID:QuGkE4S3
前スレで話題になってたが
アソサラの人の作品を丸々NGはもったいなくないか?
つかチェックメイトの人も言ってたが予約や破棄までの時間が短すぎるのかもしれない

14 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/12/20(水) 01:07:17 ID:1ja7EUUK
>>13
もう少し、もう少し前スレを活用するんだ…!

15 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/12/20(水) 01:10:15 ID:wA2r9WUz
明確にルールに違反してるわけじゃないから、NGや修正の必要が
ないといえばないんだよな

まとめの1氏とアソサラの人が修正の必要ないと判断すればそのまま通らせればいいんじゃないか

16 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/12/20(水) 01:11:56 ID:1ja7EUUK
自分で前スレ活用しろとか言っておいて何なんだが、
ERROR:このスレッドは512kを超えているので書けません!
↑こんなの出てしまったわ…。まあそれはおいといて、

まとめると

麻生の話は防空壕の問題を中心に住民から修正が必要だと要望があったわけだが、
書き手からの修正宣言がその期限である12/20(水) 01:04:41までに無かったため
投下のルールに従い作品が全破棄になる。

これでいいのか?住民の意見をよろ。

17 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/12/20(水) 01:12:59 ID:fgxGNb8K
>>13
他の人が予約いれるか作品投下するまでは修正作品の投下もアリってことは出来ると思うけど

18 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/12/20(水) 01:15:24 ID:loisfH9m
…破棄か。
まぁでもよく考えたら、他の人がアソサラミ書く前に修正SS投下すれば受理されるんだよな。
無念だと氏が感じたなら今から修正SS書けば良い話だし。
>>13
修正宣言するだけなんだからそんなに期間いらないだろ。
>>14
前スレ書けないよもう。
>>15
それはさすがに無理。作者が修正するべきか否か議論に参加しようとしていないんだから。
時間がないかもとかそんな道理は通用しない。
投下後即修正要求まみれだったのだし、普通書き手は感想を気にする筈だから絶対修正に関しては目にしてる。
読み手の満足を満たそうとしていない作品は単なる自己満足な作品だよ。

19 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/12/20(水) 01:28:36 ID:29vq4JDH
ご都合主義程度でNGにされるのか…?致命的な矛盾があるわけでもないし。
ただ気に入らないからNGにしたいだけだろ?
>読み手の満足を満たそうとしていない作品は単なる自己満足な作品だよ。
何この上から目線?
別に書き手は読み手の為に書いているわけじゃないだろ。金貰って書いてるわけでもあるまい。
ボランティアのようなものなんだからオナニーでも充分。

20 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/12/20(水) 01:28:40 ID:+vIT07NA
男子だけ半分以上、死んじゃった件

21 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/12/20(水) 01:33:15 ID:loisfH9m
>>19
言い方がマズかった?じゃあ言い直してやる。
「自分が書ければそれでいいと思っている人はリレー小説に向かない」

22 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/12/20(水) 01:33:55 ID:fgxGNb8K
>>19
なぜ缶詰の可能性を求めて学校跡まで来たんだよな?
その道中で食糧不足を懸念して食人衝動なんだ?

しかもNGに反対なら前スレで意見募集してたときに言えただろ?
何故今頃言う
お前単なる嵐か厨にしか見えんよ

23 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/12/20(水) 01:35:08 ID:xIlUKNf0
元々スクロワはリレーっぽくないとは言われてたけどな

リレーらしくフラグが継承されたりうまく消化されて
読み手の多くが満足できたと思われる作品って何があるよ

24 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/12/20(水) 01:35:19 ID:loisfH9m
>>19
それともしかしてあんたいつも氏のことを擁護している人?
過去ログ見れば口調バレバレなんですけれど、君が騒げば騒ぐほど氏の自演に見えてくるので控えてくれないかい?
氏の名誉の為にもさ、頼むよ。

25 :22:2006/12/20(水) 01:35:45 ID:fgxGNb8K
×なぜ缶詰の可能性を求めて学校跡まで来たんだよな?
○缶詰の可能性を求めて学校跡まで来たんだよな?

26 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/12/20(水) 01:44:17 ID:QuGkE4S3
リレーでフラグ折られんのはよくあることだぞ
フラグ折られても泣かない、なんて注意書きがあるリレーSSサイトもあるし

奈良と八雲のフラグ折られっぷりにはちょっと感動だが

27 :22:2006/12/20(水) 01:44:39 ID:fgxGNb8K
>>20
つ奈良ハーレムエンド・フラグ

28 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/12/20(水) 01:47:07 ID:29vq4JDH
おいおい、何か俺の発言が変な流れにしてしまったみたいだな。荒らしとか厨とまで言われるなんて。
口調バレバレとか言われてるけど、そんなに騒いだ覚えはないぞ。
どっちかっていえば擁護派だけど。
>>22
別にまだ修正決定ってわけじゃないだろ?もう決まってるなら遅すぎた俺が悪いわけだが。
>>24
上から目線の奴が今さら氏の名誉とか何言ってんだか。
まあいいよ、もう彼の擁護すると厨認定されちゃうみたいだから止めておくよ。
>>19氏と>>24氏、ならびに皆さんごめんね。

29 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/12/20(水) 01:47:35 ID:fgxGNb8K
名前消し忘れてた orz

30 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/12/20(水) 01:50:24 ID:OThuurtI
よくある事と言われてもフラグ折られるのがこんなに辛いとは思わなかった……。
泣きはしないけど今夜はショックで寝付けない状態だ。

31 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/12/20(水) 01:54:14 ID:QuGkE4S3
>>30
播磨マーダーフラグか勘違いされフラグのことか?
それだったら前々から勘違い解消フラグも立ってたわけだからしょうがない
それに安心しろ。まだ勘違いされフラグもマーダー化フラグも残ってる

32 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/12/20(水) 02:05:47 ID:7rO5ZHOO
>>31
そしてその二つを同時に満たすキーがある。
果たして書き手さんが気づくだろうか・・・

33 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/12/20(水) 02:07:47 ID:OThuurtI
>>31
いや、ハリーが死んだ事がとにかくショック。
考えたらフラグ折りと言うのは違うかもしれない。
無事播磨達の前から逃げおおせた、という事にしてもらうのはやっぱり無理か……。

34 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/12/20(水) 02:08:46 ID:JvI3f4Or
>>30
折られたフラグは次のフラグの礎となることを祈るしかない。
高野VSハリーについてだったらそんなにフラグ立ってたわけじゃないし。
自分としてはつむぎの死があっさりスルーされていたのが辛い。
せっかくメガネが割れてたり心が天気で統一されていたのに・・・

35 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/12/20(水) 02:09:37 ID:1ja7EUUK
◆GEIGwDl3Ms氏の『Life Goes On』の問題点

・防空壕での食料調達、武器調達…ご都合主義
・麻生の狂人化フラグ、食人衝動はどこに?
・周防の死もサラの説得の前には無意味?
・サラも親友八雲の心配はしないの?
・三原の存在感の薄さ、いつから完全な白に?日記も微妙
・二人での描写が長いため物語に変化がなく、面白味に欠ける
・そのため他の作家が続けづらい
・修正要望の最中にも作者の姿は見えず、態度に不信感

擁護派
・せっかく書いてくれたんだから
・致命的な矛盾はない

差引きしても問題アリだと思うが…。
現在は修正宣言の期限も切れたため、作品全破棄になったと。こういう流れだな。

36 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/12/20(水) 02:14:35 ID:JvI3f4Or
>>33
/ ⌒'⌒ヽ うん、それ無理
i│iiiMii 》
|| |゚ ー゚ノ
||/゙}涼iつ
U、/_li
(し'

37 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/12/20(水) 02:21:52 ID:QuGkE4S3
>>33
難しいだろ。ハリーが無事に逃げ出したら
播磨は前半に最大の見せ場かあるからいいかもしれないけど、沢近と西本の見せ場が減るし

>>35
まだNGしなくてもいいんじゃ

38 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/12/20(水) 02:23:07 ID:mRvqbsV/
凶人化フラグや食人衝動は◆GEIGwDl3Ms氏が立てたフラグではありません
他の書き手に変なフラグを立てられたせいでつぶすのに一苦労です
読み手に隠した形で防空壕の食料調達は伏線として一作品前に描写しました
横から割りこんできた話こそ間違っています
サラの説得箇所はより力を入れますなので三原は消えます
八雲もサラの心配はしてません
水浴びの話で既に三原は完全な白にしか見えません
麻生とサラの描写が多いのは二人を主軸に置くというSSの手法に過ぎません
終わりのほうで終盤が近いことを示唆し物語を盛り上げています
続きが難しいなら自己リレーします、いつも2chにはりつけるわけではありません

……なんてな

39 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/12/20(水) 02:26:18 ID:1ja7EUUK
>>38
◆GEIGwDl3Ms氏が本気でそれを言ったとしたら相当痛いなww

40 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/12/20(水) 02:35:17 ID:0u5g2uZM
態度としてはそれに近い気もするんだが。

41 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/12/20(水) 02:57:49 ID:lfszUWDP
このまま、旗・アソサラ・袴エンドで良いじゃん。
三原と西本には適当な所で名誉の戦死を遂げて貰おう。

42 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/12/20(水) 03:02:30 ID:+vIT07NA
>>41
結局モブはレギュラー陣には勝てないということか?
そ れ は い や だ !

モブ組が4人も相次いで死んで欝だ・・・。

43 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/12/20(水) 03:06:58 ID:OrfadLvz
つかおかっぱはもう死んでもいい頃合だww

44 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/12/20(水) 03:16:42 ID:+vIT07NA
>>43
おかっぱまで死んだら二軍クラスの男子が全滅じゃないかwww

        :::, ―――、
       ::::/./^^^^^^'vl
     :::::::| | /  \ ||
      :::::::(sl rェ , rェ |') アーウツダ・・・・・・
      :::::゙ゝ、 -  ノ
     :::::/ l  ̄ ̄lヽ
     :::::|-|/l⌒l⌒l-|
     :::::\二、_)二ノ _____________
      :::::|||  |:|  |
      /`ー(⌒)(⌒)
     /;;;;;;;;;;;;;;;; ̄;;;;; ̄
   /
 /


45 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/12/20(水) 03:40:55 ID:Z+OUt9SY
結局NGにすんの?
早く決めようぜ

46 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/12/20(水) 03:50:47 ID:9R3/PTFL
作品のルール、設定(本スレのローカル・ルール)
・前回までの作品に対する矛盾などがないか確認しましょう。
 キャラの位置、性格や言動、時間等は特に気を付けましょう。また、ストーリーを壊すような投稿はやめましょう。
・前回の作品に対し辻褄が合わない作品はNG・修正対象です
 (時間軸がおかしい、居場所が違いすぎる、死んだはずの人物が生きている等)
 また、明らかに前回の作品の流れを無視した場合も同様。
 ※NG・要修正ではないかという審議はスレ内で行われます。

明らかにスレ内での修正要望は多数あった。にも関わらず

・住民から修正が必要と判断された場合、書き手は修正宣言を行なって頂きます。
 宣言は作品投下から24時間以内に行なって下さい(行なえなければ破棄となります)

24時間以内の修正宣言も無かった。ルール上は破棄。すなわちNG。

47 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/12/20(水) 06:02:19 ID:10D5kkuG
空気を読まずに前スレ新作GJ
ハリーの最期のミスが東郷のメモってのが皮肉すぎる
彼もまだ高校生だったにグッときたよ、良い死に様だった

西本はもう主人公でいいな。
いや、こういうタイプほど生き残れないんだよな…頑張って欲しいぜ。


で例の人のほうは、連絡がないと破棄するしかないよね。
自分の作品にはちゃんと責任を持たないとね、荒らしと変わらないよね

48 : ◆GEIGwDl3Ms :2006/12/20(水) 06:30:07 ID:rzpO+cGT
おはようございます。
時間がないので長くは書けませんが、とりあえず修正宣言させていただきます。

49 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/12/20(水) 06:54:05 ID:GsLyc0cY
前スレからの修正要望とか流れちゃんと汲んだなかでの発言かねそれ?
>>46で示されてるように、そもそも修正期限を過ぎているわけで、
それに対する侘びも一切なしか?
作者自身の態度も指摘されてるのにいい加減な修正宣言なぞ認められると思ってんの?
何が至らない点だったか、もう一度よく考えるんだな。

他に麻生関連書きたいって人が出たら素直に譲るべき。文句たれずにな。
っつーか、この空気とあんな作品投下されたあとじゃ他の作家さんも手付けづらいだろうから
まず無いだろうが。

スレの流れ上まだ全破棄が決まってなかったが、ルール上は完全NG。
全破棄の可能性もあったことを視野に入れて修正やるならキッチリやれ。

50 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/12/20(水) 06:56:47 ID:loisfH9m
>>48
ブッブー。考えられる限り最低の宣言です。残念無念また来週。

51 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/12/20(水) 07:07:49 ID:qCcsTfUA
喉元過ぎれば熱さ忘れる、で、今この批判の嵐さえ乗り越えればどうにかなるとでも思ってるんだろうな。
ちょっとの修正くらいじゃ作品として認められないのは変わりないわけで。
自分の描く構想だけ通ればいいなんて最低。まるでリレーに向いてないよ。

52 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/12/20(水) 07:11:43 ID:10D5kkuG
何かもう完全に荒らしになっちゃったな

53 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/12/20(水) 07:30:14 ID:N3z4GIeS
あと気になる点としたら、氏がアソサラ書きまくってるせいでサラの「リピーター」の設定が全然活きてないのもなあ…。
この人がキャラの方針決めてる限り発展性はなさそうだし。

54 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/12/20(水) 07:44:34 ID:qZu08y08
期限を過ぎるなんて今までいくらでもあったし、
他の書き手が名乗り出るなんてことはどうせない。
修正版をおとなしく待つことになるだろう

55 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/12/20(水) 08:06:32 ID:+vIT07NA
それにしても
麻生が2ちゃんで嫌われ者というのは知ってたが
まさかここまでスレの空気を悪くする原因を作るとはな。

しかも◆GEIGwDl3Ms氏の話は無論
別作者の「白昼夢」、「束の間の休息」
麻生と繋がりがある田中主人公の「Joker Trick」まで決まったようにいちゃもんつける奴がいたし・・・。



まるで麻生呪われているようだ・・・。

56 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/12/20(水) 08:24:08 ID:lfszUWDP
つうか、これまでの意見を参考にして修正したら、もうゲイ氏の作品じゃないなw

57 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/12/20(水) 08:24:55 ID:+0xGvm6D
別に麻生はそこまで悪くない
問題はその作品類に超展開あるいは超常現象が起きていることだろ

それと前スレ◆X7M9O2x/96氏乙
登場人物たちの魅力がものすごい出てた
途中でハリーにも死んで欲しくないと思ったのはここだけの秘密だ

58 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/12/20(水) 08:27:00 ID:lfszUWDP
これまでは、原作でも嫌われている麻生というキャラの問題かのように見られてきた。
だがここに来て、作者自体の問題ということが皆に明らかとなった感じ。

59 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/12/20(水) 08:33:56 ID:+vIT07NA
不運なキャラクターだな。
麻生って。

奇妙な作者に独占されるわ、彼が絡むと殆どの作品が超展開になるわ・・・。

とりあえず、もう今回で最後にして貰いたいから神主さん置いておきますね。

 ◇       ミ ◇
   ◇◇   / ̄|  ◇◇
 ◇◇ \  |__| ◇◇
    彡 O(,,゚Д゚) /
       (  P `O
      /彡#_|ミ\
       </」_|凵_ゝ

60 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/12/20(水) 08:52:11 ID:e6CCSdD7
>>44
女の方もおキヌと雪野しかいない
隣子は別格とみなす

61 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/12/20(水) 10:09:46 ID:MAr3d4p4
沢近は死んでしまうかもな…ハリー殺したし…
人殺しは理由はどうあれ死亡しなきゃな。

62 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/12/20(水) 10:43:37 ID:XNb5o6ne
いや、その理屈はおかしい。
原作でも七原は大木、典子は桐山、二人で専守防衛軍兵士を皆殺しに
していたが最終的には生存してたし。(漫画版は多少違うが。)

63 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/12/20(水) 11:15:50 ID:p1X8IyC/
というか、◆GEIGwDl3Ms氏は修正点を理解してるのかな……

下手すると、再修正になりかねないぞ。

64 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/12/20(水) 11:23:33 ID:/GoHorY/
前回の例もあるしな
確かに不安なところだ

65 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/12/20(水) 11:31:57 ID:wAzFLK4m
修正すると言ってるんだからとりあえずそれを待とう
スレ内でも疑問点がまとめられてるしこれ以上色々言ってもしかたない

放送後に投下された話が全てマーダー減らしだったことを考えると、
書き手は脱出派が大多数なんだろうか
今後は脱出派同士の争いになっていくのかもしれんね

66 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/12/20(水) 11:43:58 ID:vsq7n9Si
流れ切ってすまんが、とりあえず前スレ梅ときましょうや

67 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/12/20(水) 11:45:37 ID:QuGkE4S3
>>66
既に埋まってる罠

68 : ◆GEIGwDl3Ms :2006/12/20(水) 11:53:26 ID:rzpO+cGT
修正箇所については>>35を参考にルール上問題と思われる部分を変更しますが、反対意見に全て応じるつもりはありません。

69 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/12/20(水) 12:07:31 ID:loisfH9m
まぁ反対意見も主観的なものが混じってるだけあって相当な量があるから全てに応じるのは無理だろうね。
でも、最低限>>35の問題点は全てきっちりと解決してくれないかな?
あと、他の人が麻生組を書きたいと予約、もしくは投下した場合は他の人優先になるからそのつもりで。

70 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/12/20(水) 12:15:07 ID:JvI3f4Or
今回の件に関して、GEI氏はどう反省しているのか聞きたいんだが。
失われた信用がもう取り戻せないレベルにまで達しているなだから、焼け石に水な所もあるが。

71 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/12/20(水) 12:27:37 ID:0u5g2uZM
ていうかルール上はもう破棄のはずだよね?
修正云々の前にここで言うことが他にあると思うんだけど

72 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/12/20(水) 12:29:44 ID:p1X8IyC/
>>61
それじゃ八雲も姐さんもおキヌも円も死んじゃうだろうが。

73 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/12/20(水) 12:38:35 ID:10D5kkuG
つーかもうこいつは完全スルーでいいんじゃね?
相手にするだけ無駄だろ、この態度。

74 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/12/20(水) 12:45:47 ID:+vIT07NA
>>43
つ−か
円、おキヌ、高野と女子マーダーだけが残った今、
おかっぱまで死んだら男子マーダーはいなくなっちまうじゃないか。

もうコイツぐらいだろう。マーダーになれそうな男子キャラって・・・。
他のキャラは皆マーダー化フラグが折られちゃったし。
烏丸もマーダー化しそうにないし。


75 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/12/20(水) 13:31:57 ID:9AXGdotn
>>35を参考に修正、と言っておきながら
・修正要望の最中にも作者の姿は見えず、態度に不信感
↑これに関しちゃまるで理解がないように見えるんだが。

多々思うところもあるんだろうけど、短文じゃまるで住民に伝わらない。
>>70-71>>73のような人が出てくるのも当然の流れ。
このまま修正作品投下しても、十中八九通らないと思うよ。

76 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/12/20(水) 16:21:42 ID:vAXi9L6S
つーかもう期限は過ぎてたわけなんだろ?
なら破棄なんだから諦めろよ

77 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/12/20(水) 16:25:39 ID:kiQ+BWUv
とりあえずこの件は時間とともに水に流して、
ほとぼりが収まった頃に他の作家さんに手をつけてもらうしかないな。
正直、他に解決方法が見当たらない。ルールは遵守しないと。

78 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/12/20(水) 16:26:28 ID:UJ7g9z5M
確かに期限は過ぎているが、他に書く人もいないので、結局はゲイ氏の修正が通ります。
ということなので、氏が『・修正要望の最中に〜〜〜不信感』を理解することは無い。

79 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/12/20(水) 16:31:21 ID:kiQ+BWUv
>>78
>>46
ルール無視は他の作家にも迷惑。時間を置いてこの件はスルーが吉。

80 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/12/20(水) 16:35:31 ID:UJ7g9z5M
>>79
何故かゴネる奴がいるけど大丈夫?

81 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/12/20(水) 16:38:37 ID:kiQ+BWUv
>>80
とりあえず修正を待とう、という流れにも関わらず氏の>>68の発言。
これは致命的だと思う。実際、この発言以降否定的意見しか出てない。
ゴネるやつのほうが少数だろ。

読み手にこれだけ支持されてない書き手も珍しい。さすがに失格の烙印押されるだろ。

82 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/12/20(水) 16:42:29 ID:UJ7g9z5M
それでも内容によっちゃ通る。
別にそれを否定するつもりは無い。

83 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/12/20(水) 17:05:45 ID:rh725f64
ようするに、他書き手がアソサラ書くまで予約権利が消滅しただけの話だろ?

予約されたら諦めろ
されてなきゃ投下しても構わないがたいした変更がないならNG申請出されることを覚悟しておけ

ってことでFAじゃねぇの?
ぶっちゃけまたぐだぐだアソサラ絡みの議論おっ始めるの嫌だわ

84 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/12/20(水) 17:11:05 ID:+vIT07NA
あーこんな大騒ぎになるなら最初から姐さんにズガンされてりゃ良かった・・・。
:::::::::::.: .:. . ∧_∧ . . . .: ::
:::::::: :.: . . /彡ミ゛ヽ;)ヽ、. ::: :
::::::: :.: . . / :::/:: ヽ、ヽ、i . .::
 ̄ ̄ ̄(_,ノ  ̄ ̄ヽ、_ノ ̄ ̄



85 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/12/20(水) 17:29:16 ID:JKdCakmV
まぁたぶんもう二度と同じ鳥で投下してこないだろうな

86 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/12/20(水) 17:35:16 ID:QuGkE4S3
一部の人間はそこまでぶっきらぼうな言い方すんの良くないだろ
そういう言い方ばっかしてると書き手なくしてくよ
正直今の空気は異常だよ

87 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/12/20(水) 17:38:17 ID:loisfH9m
問題の作者が異常なんだから仕方がないだろ…常識的に考えて。

88 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/12/20(水) 17:41:56 ID:QuGkE4S3
その件はまず置いといて
例えば自分が書き手だとしたらこんな空気のスレに投下したいと思うだろうか?

89 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/12/20(水) 17:42:34 ID:wAzFLK4m
話題を変えよう

モブキャラがほとんどいなくなり、大方の予想通りメインキャラが生き延びている件
そして肝心のマーダーが不足している件
予約がまったくない件

90 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/12/20(水) 17:45:06 ID:+vIT07NA
つまり悪いのは麻生!!!


ハイ。
この話題終了。

91 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/12/20(水) 17:50:21 ID:QuGkE4S3
>>89
メインが残るのはパロロワじゃよくあることだし
まぁ逆の可能性もまたしかりだけど、スクロワじゃ一部以外はメインが残ったと
問題はないはず。強いて言うなら主人公の一人が見せ場なしという悲しい展開だったことかな

予約はさ、まぁ察してくれw

92 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/12/20(水) 17:56:11 ID:+vIT07NA
>>89
モブキャラがほとんどいなくなり・・・

おいちょっと待て。
モブが4人も相次いで退場したからそう見えるだけで
実際はメイン9人・モブ8人で大して人数に差は無い。

マーダーに関しては姐さんがあの二人をどう料理するかに全てがかかっていると思う。

93 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/12/20(水) 18:07:15 ID:QuGkE4S3
>>692
ピョン乙

94 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/12/20(水) 18:08:10 ID:p1X8IyC/
話題を変えるのはいいが、結論は出しておかねば。

ルールに照らし合わせて、修正権は既に消滅しているため件の作品は破棄。
ただし、再予約して新たに投下し直すのならOK

ということでFA?

95 :93:2006/12/20(水) 18:08:53 ID:QuGkE4S3
ごめん壮大な誤爆

96 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/12/20(水) 18:24:22 ID:UJ7g9z5M
>>94
『ただし』以降は、これまでに無かった斬新な意見ですね

97 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/12/20(水) 18:29:18 ID:p1X8IyC/
>>96
俺だってやだけど、ルールがこうなってるんだから仕方ないじゃないか。

俺は結論さえでればそれでいいんで、あんたも妥協案をだして欲しい。

98 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/12/20(水) 18:44:35 ID:UJ7g9z5M
結論というからには、これまでのログを見て
意見をまとめたのだと思っていたが、どうやら違うようですね。

99 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/12/20(水) 18:49:12 ID:rh725f64
>>94
>ただし、再予約して新たに投下し直すのならOK
これはなしだろ?
せめて

再投下という形を取ることは認められるが、予約は認められない

ぐらいがだとうじゃないか?
再予約じゃ修正期間たっぷりもらってるのと変わらなくなるし

100 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/12/20(水) 18:49:16 ID:o9g0g9CX
ただし、再予約して新たに投下し直すのならOK(一回限り)

の方が良くない?作者の態度からしてもまともな修正が来るとも思えないし。


101 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/12/20(水) 18:54:40 ID:p1X8IyC/
どうしたいんだよw

はっきり言ってくれないか?

102 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/12/20(水) 18:57:28 ID:fgxGNb8K
>>100
優先権が一度でも復活するのは反対
それじゃあ予約の期限、修正ルールの意味が無くなる
>>99
>再投下という形を取ることは認められるが、予約は認められない
に賛成

103 :100:2006/12/20(水) 18:58:09 ID:o9g0g9CX
>>100
俺は>>99の案でいいと思う

104 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/12/20(水) 19:00:21 ID:p1X8IyC/
>>99
その辺が妥当かな?

後はテンプレサイトにルールとして採用して貰えれば問題ないのだが。

105 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/12/20(水) 19:02:21 ID:loisfH9m
で、まだ問題点が解消されていないことが今回のように大多数に指摘された場合、再修正要請ってことね。

106 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/12/20(水) 19:21:36 ID:fgxGNb8K
さて、そろそろポジティブな話題行こうぜ

お亡くなりになったキャラの中で誰が一番空気だったか

107 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/12/20(水) 19:23:00 ID:UJ7g9z5M
そこまでいったらもう追放で良いんじゃないかな……

108 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/12/20(水) 19:24:03 ID:rh725f64
え〜っと、ほら、あの子あの子
何故かボートなんか支給されちゃったあの子

109 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/12/20(水) 19:37:51 ID:yU+leTyK
とりあえずここはイチさんの笑顔でも見ておこうか

   /:/  /:.:.::/ l:.:.:.:.:.:/:.:.:.:/._/:.:/  l:.:.:.:./ !:.:.:.:.:/   l:.:.:.:.:.:.:.:. .  : :.:. : :.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.l
     //   ,':.:.:./ l:.:.:.:.:/:.:.:.:/ /:./  l:.:.::/ l:.:.:.:/   l:.:.:.l:.:.:.:.:.:.:.:. .   . :.:.:l:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:l
     ソ   i::.:./  l:.:.:.:/:.:.:.:/  ,':/    !:./ ‐l:.:.:/    l:.:.:.l:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:. .  . .:.:.l . :.:.:.:.:.  .:.:  .l
           !:./  l:.:.:/:.:.:./-、 l/    l/   l:.:/`丶  l:.:.:ll:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:l:.:.:.:.l  . :.:.:.:  . .:  l
        l:/   l:.:/l:.:./ ___          l/   \ l:.:.l l:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.l:.:.:.:.l:  . .:.:.: . ::.:.:.:.l
        l'    l/ l/ !ミニヽ       -- 、     `l:.:l l:.l:彡:三l:.:.:.:.:.:.l:.:.:.:.:l:.: : .:.:.  .:.:.:.:.:.ト、
               ,'   ヾ       、......_ ヽ    l:l リlミ:.:彡l:.:.:.:.:.:.:l:.:.:.:.:.l:.:.:.:.: . : :.:l:.:.:.:.:.l:.:ヽ
              / ___ノ       ‐=-、ヽ、 `   リ  lミミ彡l:.:.:.:.:.:.:.l:.:.:.:.:.l:.:.:.:.l:.: . .:.l:.:.:.:.:.:ト、:.',
              / ヽ              丶ヽ      lミ彡レl、l:.:.:.:.l:.:.:.:.:.l:.:.:.:.l:.:.:.:.:.:.l:.:.:.:.:.:lヽ::!
                {                  `ゝ    /:l:.:/:.:l  ヽ:.:.:.:.:l:.:.:.:.l:.:.:.:.:l:.:.:.:.:.:.l:.:.:.:.:.:l '',
(省略されました・・全てを読むにはここを押しても無駄です)

110 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/12/20(水) 20:03:42 ID:ntWvfSEj
もう麻生の話は時間を置こう。仮に例の氏からルール違反を犯して投稿あってもほぼNGだし。
それより、他のキャラの予約がないのが微妙。
やっぱり空気を変えておいたほうがいいと思う。

この空気のなかホテルまわりの難しい作品を特に問題なく
うまく処理して投下した作家さんは改めてスゴイと思ったww

111 :空白:2006/12/20(水) 20:19:59 ID:OzY0H6ez
 場所が学校に近いせいか、烏丸大路と砺波順子が歩く道路には、十分にチャイムの音が響いていた。
周囲は見晴らしがすこぶるよく、高野達が潜伏できるような場所ではない。
烏丸はその事を確認した上でリュックを足元に下ろし、地図と筆記具を取り出す。
彼の横で砺波もそれに習ったが、心なしか砺波の表情は怯えていた。
――ああ、雪野さんの事か……烏丸は、砺波が高野と同行しているであろう雪野の事を心配しているのだと悟る。
放送で、大切な人の名前が呼ばれるかもしれないという恐怖。砺波の表情を通し、烏丸にもそれが伝わっていく。
だが、これまでの烏丸はどこかそんな感情とは無縁だった。確かに、知った名の人が死んでいくという事実は辛い。
大塚の名が呼ばれた時は、余計にそうだった。
だが……それでも、烏丸は信じていた。原稿を書き終えたら協力すると誓った冬木達。そして、今まで誰よりも自分と関わってくれた少女……
彼らの名が、呼ばれる事はないだろうと。願望ではない。彼らが死ぬなど、考えられなかったのだから。

放送が終わり、烏丸は砺波の顔を窺う。雪野の名こそ呼ばれなかったが、またしても何人も死者が出た事にショックを受けていたようだった。
「……烏丸君、大丈夫?」
ショックの色を隠せぬまま、それでも先に口を開いたのは砺波だった。そしてその内容は、烏丸を心配するものだ。
「……え?……うん、僕は平気」
烏丸はいつもと変わらぬ……本人は全く自覚も意識もしていないトーンで応じる。それでも砺波の表情は変わらなかった。
「……あのさ、冬木君と三沢君って……それに……」
そこから先を言わず、砺波は黙ってしまった。彼女が何を言おうとしたのか、烏丸にも容易に想像がつく。
塚本天満……彼女の名が、呼ばれた。砺波もその事を言おうとしたのだろう。
別に、烏丸は天満と付き合っていたなどという自覚は無い。ただ、自分と仲良くしてくれる、彼にとって素晴らしい友達だった。
彼女が死ぬとは思えなかった。烏丸と違い、天満は誰よりも明るくて、クラスの中でも輝いていた。
そんな彼女が、死んだ。自殺などするような者でないことは烏丸もよく分かっている。――誰かに、殺されたのだろう。
そして、冬木も死んだ。つまり、烏丸は彼との約束を果たす事が永久に出来なくなってしまったのだ。
いつか彼に協力し、ノートパソコンや皆の力を駆使してこのゲームをどうにかする。もはや果たせなくなった希望。
彼と一緒に居た筈の三沢も死んだ。それは、烏丸にとっての希望の終わりを意味していた。

一体誰が? 何故、彼らを殺した? 彼らは希望だった。誰よりも、大切な友達だった。

共にバンドをして、サバイバルゲームや文化祭で楽しんだ、かけがえの無い時間を共にした嵯峨野。
冬木が信頼し、自分の仲間だと何度も言われていた東郷。
彼らの死を知った時も、烏丸には少なからぬ心の空白が生まれた。
だが、今回の放送では人が死にすぎた。烏丸の心の空白は、嵯峨野や東郷の時とは比べ物にならない程の大きさだ。
天満の笑顔が、冬木の力強い瞳が、浮かんでは消えていく。
これまでに体験した事の無い自身の心の動きの中で、烏丸はいつしかその場に座り込んでしまっていた。

112 :空白:2006/12/20(水) 20:20:57 ID:OzY0H6ez
「……烏丸君、烏丸君!」
はたと烏丸は周囲を見回す。すぐ目の前に、自分を心配そうに見つめる砺波がいた。
「大丈夫? どこかで一旦休もうよ」
「……ごめん、僕は寝てたの?」
「え……いや、いきなり座り込んだから、心配して……」
砺波の返事に烏丸は軽い衝撃を受けた。何せ彼は、軽く数時間は眠っていたと思っていたのだから。
彼はどこか、見た事も無い闇の中を彷徨ったのような感覚を覚えていた。
まさか、それがほんの一瞬の出来事だったとは。
「……砺波さん、ごめん。全部はメモできてないから、写させてくれないかな?」
思考をクリアしようと、烏丸は砺波から彼女の地図を借り、自分の地図にメモしていない分も写し始める。
塚本天満、冬木武一、三沢伸……砺波の時で書かれた大切な人達の名を見て、改めて烏丸の心はどこかに飛びかけるような錯覚に襲われる。
が、それでも何とか心を体に戻し、烏丸は完全に自分の地図では写し忘れていた、禁止エリアを写す事にした。
そして、彼は気付いた。これから目指す筈だった鷹野神社が、禁止エリアとなってしまっていた事に。
それを知るや、烏丸の頭には現在地から西側……ホテル跡の存在がべったりとこびりついてしまった。
近場の無学寺。南部にある診療所。それらの場所を地図で見ても、今の烏丸の頭には残らない。
高野らが向かっているかもしれない。唯一浮かび上がったリスクですら、烏丸はすぐに何も感じなくなってしまう。
ただ、ホテル跡は冬木らがいたであろう鎌石村に近い事。たったこれだけの為に、他の全ての思考が消える。
天満への手がかりは何もない。だが、冬木達の事ならば、鎌石村周辺に行けば何かが分かるかもしれない。
それに、ノートパソコンが……もしもまだあるというのなら、きっと役に立つかもしれない。

そこまで考えて、ふと烏丸は手を止めた。ノートパソコンを、自分は何の役に立てるのだろうか?
何故、自分は筆記具を握るのにこんなに力を入れているのだろうか?

「……ごめん、砺波さん。地図は返すよ」
「あ、いいよ……ところで烏丸君、これからどうしようか……」
砺波が放送時に自分の地図につけたばかりの×印……鷹野神社の上につけたそれを指差し、尋ねてくる。
「やっぱり、ホテル跡に行こう。そこなら――」
そこまで言いかけ、烏丸は止まる。そこに行って、一体何をしたいのか? 自分ですら分からない疑問を改めてぶつける。
「……まあ、鷹野神社には間に合わないだろうし、ここからならどっちにも行けるんだから……やっぱりホテル跡にしようか」
その答えを出し切る前に、砺波は同意してしまった。確かに、砺波の意見は正しいし、反対する理由はない。
「……そうだね。それに、そこなら冬木君達のいた場所にも近いし、それで……」
砺波に同意しながら、それでも烏丸には「それで」の先が浮かばなかった。ただ、所々で空白が生まれていくだけだ。
「……それで……」
空白の合間を総動員し、烏丸は答えを捜し求める。天満……冬木……浮かんでは消えていく人達。そして、その先は。
「……冬木君達は、カレーパンを持ってるって言ってたんだ。それを探そう」
その瞬間、砺波からの強烈なツッコミが入ったのは言うまでも無い。
響き渡る軽やかな音と、それに反して全然感じない頭への痛み。まるで大塚のハリセンが炸裂したような、見事な感触だった。
「どんだけカレーパン好きなの!? どうせならノートパソコンとか探そうよ!?」
これまでの沈黙の反動か、砺波はまくし立てるように喋り始めた。内容は他愛も無いものだったが、それは僅かに烏丸の空白を埋めていった。

――カレーパンを回収したいのも事実だった。原稿も描かなければならないし、その為にも播磨を探したい。
だが、何故だろうか。烏丸にはそれ以外にもっと……やらなければならない事がある気がしてならなかった。
それが何か、砺波と二人で歩いている今は分からない。だが、右手に持った日本刀を握る力は、確実に強くなっていくばかりだった。

113 :空白:2006/12/20(水) 20:22:16 ID:OzY0H6ez
【午後:12〜13時】

【烏丸大路】
【現在位置:E-07】
[状態]: 健康、服は返り血まみれ、時折空白
[道具]:支給品一式(食料はカンパン、カレーパン、激辛カレーパン 水1) 日本刀 火打石 竹製包丁
[行動方針]:1.ホテル跡へ向かう
        2.冬木らのカレーパン探し、と思おうとしているが……
        3.原稿を描く(播磨に手伝って欲しい)

【砺波順子】
【現在位置:E-07】
[状態]:健康
[道具]:支給品一式×2(食料はみそパン、カステラ 水1) パーティーガバメント 竹の食器
[行動方針]:烏丸についていってみる。雪野の救出。烏丸を心配。

114 :1 ◆PhRNUx7oBQ :2006/12/20(水) 20:26:48 ID:OzY0H6ez
日本刀を投下しました。ついでに>>99氏の意見を元に、下記のルールを追加しました。
・予約期限、修正期限が切れた後も再投下をする事は認められますが、再び予約する事はできません。

115 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/12/20(水) 20:31:52 ID:fgxGNb8K
>>114
乙です
>どんだけカレーパン好きなの!?
よく言った!!www

ところでまとめサイトの予約状況ですが、
優先権が無いので誤解を防ぐために◆GEIGwDl3Ms氏の記載は省くべきかと

116 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/12/20(水) 20:45:05 ID:x0c8ip8O
Gjです、烏丸達もホテル跡へ向かうのですか……
確かに今から神社に行っても得るものは無いですね。
果たしてどうなるのか気になります。

117 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/12/20(水) 20:47:39 ID:/GoHorY/
乙です
烏丸のショックがどうつながるかにwktk

118 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/12/20(水) 20:53:14 ID:ntWvfSEj
GJです
烏丸の鉄面皮もさすがに壊れそうか…なかなかいいんじゃないか?
砺波のツッコミも良かった

むしろこの流れの中投下してくれたことにもGJ

119 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/12/20(水) 22:06:48 ID:ctVp2fn2
>>112
砺波の時で書かれた →砺波の字で書かれた 乙でした。

120 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/12/20(水) 22:43:06 ID:yh52uKZi
乙です。

ホテル跡集まりすぎだが、大丈夫かな?
いや、展開自体は面白いが、
また8人くらい予約しなきゃ、続きかけないような事態になったら
書き手さんが大変だな、と。

121 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/12/20(水) 23:53:22 ID:wAzFLK4m
ホテルが最終戦、奈良を殺害したおキヌが漁夫の利で優勝しそうな展開だなw

122 : ◆.Cb.m05RN. :2006/12/21(木) 00:05:30 ID:rhAE3aLx
高野、岡、雪野、播磨、沢近、西本、一条を予約します。

ただ高野、岡、雪野の3人は自己リレーですのでルールに従い他に書きたい方が居ないか一日待ちます。
他に書きたい人が居ない場合は正式な予約としてお願いいたします。

123 : ◆X7WwwzkoUU :2006/12/21(木) 00:08:13 ID:QFLAPwQX
奈良・鬼怒川を予約。

>>114
GJです。やっと隣子書いてくれましたねwww

124 : ◆eUDd48/dhA :2006/12/21(木) 00:32:23 ID:VvttIVI9
あの、件の麻生・三原・サラって破棄されるんですか?
そうでしたら予約したいんですが。

125 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/12/21(木) 00:44:01 ID:cvE2Q0Ia
これまで修正期限がきれてしまうことは何度もあったが、どの書き手も予約しなかった。
今回のアソサラの人も修正宣言してるし、今も頑張ってるだろうから
とりあえず修正版を待ってもらうわけにはいかないだろうか

ちなみにルール上は124氏に権利がある。だからこそのお願いなんだが

126 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/12/21(木) 00:53:29 ID:XQim7nbO
いい感じで予約が殺到しててテンション上がってきたぜ!

>>124
ルール上は全破棄されているので予約する権利はある。ぜひ書いてほしい。

127 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/12/21(木) 01:06:16 ID:EQ6wnUo8
>>125
仮にあの人が修正作を書いてきて、指摘された問題点が全て改善されていたとしても、
あの人が書いた、というだけで不満を持つ人は少なからずいると思う。
作品自体の問題点もさることながら、あの人のとった態度に対しての不満や不信感も、あれだけ揉めた原因の一つなんだし。

他の書き手さんが書いてくれる、というのならそちらに任せた方が、無用なトラブルを招かずにすむと思う。
あの人が今も修正作を書いているのなら、申し訳ないことになるが。

128 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/12/21(木) 01:08:08 ID:CLT6iE6U
あれだけ悪し様に言われたらって考えると氏の気持ちもわかるけどね

129 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/12/21(木) 01:13:54 ID:XQim7nbO
無反応だったことも問題なんだよ
最初の批判要望の流れなら氏がどういう意図で作品を書いたか、まだ弁明の余地はあった
それすら無視、いきなり期限を越えて修正宣言だぞ?
受け容れろというほうが無理というもの。

130 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/12/21(木) 01:21:08 ID:Dyiu94JN
>>129
きっと急な用事でネットが出来なかったんだよwww

と援護的なレスを一つ。

131 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/12/21(木) 01:23:26 ID:1lGdeYma
これこれこうの都合があってしばらく書き込めませんでしたが、私としてはこうしたいです…

みたいなこともなしにいきなりルール無視の修正宣言だもんよ。
批判するなって方が無理だ。
作品の内容もだけど作者自身に問題がある。

132 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/12/21(木) 01:23:49 ID:OCLRWsA4
wktkが止まりません
>>122>>123 期待してます
>>124 俺は書いて欲しいです

ルールに則って優先権を失った書き手と
ルールに則って問題なく優先権を得たがってる書き手だったら
やっぱり後者の意向が尊重されるべきだと思う
書き手の労力をなるべく無にしたくないってのはこのスレの良い傾向だけど
今回はかなりこじれてるから、また荒れたらと思うと怖いのもある

133 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/12/21(木) 01:25:05 ID:BYck5Qdh
まぁあの人が書いてもまた修正要請出るんじゃね?
というわけで124さんを希望

134 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/12/21(木) 01:33:44 ID:EQ6wnUo8
>>132氏がきれいにまとめてくれた気がする。全面的に同意かな。

なんにしても、あれだけこじれた状況のあとだというのに、
あえて火中の栗を拾いに行こうとしている>>124氏には敬意を表したい。

正直、みんな敬遠して麻生たちを書いてくれないんじゃないかと思っていたから。

135 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/12/21(木) 01:39:53 ID:mGnTgcB6
感情論で揉める場合のためにルールがある。

よって124氏の予約には何の問題もないし、期待してます。

136 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/12/21(木) 01:44:01 ID:Dyiu94JN
それじゃ◆GEIGwDl3Msさんは残念でした・・・ということで。

あともう2度とアソサラは書かないという条件で◆GEIGwDl3Msさんには
これをプレゼントする。
つサラ

137 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/12/21(木) 01:46:10 ID:IRZOXIQ0
まぁ、これが普段だったら「もうちょっと待ってやらね?」って声がもっとあっただろうが、
今回のケースでは作者の対応への不信感が強すぎるからな……
『信用』というのは大事なんだってことだな

138 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/12/21(木) 01:55:28 ID:XQim7nbO
誠心誠意、立派な対応をする作家さんもいるしな。
今後もそういう人には「GJ!」の精神を忘れずに参りましょう。

139 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/12/21(木) 02:03:35 ID:Nr6IIGaf
第四回放送から、結構いいペースでSSが投下されたけど
一番難しかっただろうと思われるのはどのチームだろう
…よく考えたら播磨ら以外はそれほど…

140 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/12/21(木) 02:07:18 ID:Dyiu94JN
◆GEIGwDl3Msよ。
ここの住人はお前を認めなかった。
だけどサラは・・・お前のサラに対する愛はきっとサラに届いたはずだ。

                               _ -, ' ´`ー 、__
                            , -/ ´, , -'´     `ヽ、
                            / ./l  / ''´´ ̄    ̄`` ' ヽ 、
                            ,/.  ', -'´´   , - ' ´ ̄      `.ヽ、
                        / .l、 /'´   , '´ , '           \
                         l   〉', -  /   ./  //            ヽ
                          ハ', ソ',  /,  /   /., ' ., ' /             ヽ
  サラ                    l  γ l .ly゙.,.' __,/,、、、,_'_ ./ /. /,          、. ',
                       lヽ、〉´二./ / / // ./ / /`Y //           ヽl
  かわいいよ                   '、l´´  / /./ /.,、-,--'、_ヽ/ .,','! .,    /.       'l
                       ヾ   r.l ,' ' /',::',. ,':::::::l ヽ` .,'/! .,'    /;       ,   ',
       サラ                   __ヽヽ.' l/  ,:''';::::::::::::ツ ` ';' ! ,'! ,.  ,L'     l  l . l
                       /'∧ヽ′  ヾ、''',,:'シ′     .l./l /_ / /゙メ,  ;  ; l l .l
                           (| ./l ///   `''´          -ミ,、 //.| , ,'  ,' | l ,'
                           / l.                ,.:;. ;:::::l.'!'/ .// ./  | l .,'
                        /  l            ,;:';::::::::::ツ,i''  // ./',' ,'.,l ,'
                       /   ',   /ヽ、    ,  '':,,,,','シ'´/ _.,シ' ./// ./.,';/
               __,、、,、、,__,,/       ',.   l   `ヽ    . `´  ,/ノ ヽ///、,/ /
       _,,,、-‐¬''´´.  ヽ ヾ´           ',     '´   /// ./'´
      /           ヽ ヽ         /.、、______,、 '´
     /               ヽ ',、       / \
    ,'     !           ', ',`ヽ、.     / ./ \
.    l     !           ', ',     ''ツ ./ .    \
.    l     !            ', ',    . / ./.         \
.    l     ! ,             ',. ',   //            l
   ,'.!.     |/            ',. '/./           /  l
  ,'|     l             ', /        /   /
  ,'     ,'              '''´        / .  /
 ,'.       ,'                       l  . /
.,'ヽ     ,'                  ,        l  /
.ヽ, \ .   l               /          ,' .//
  ヽ、`ー,'                 /        /  ,'
   | `ー,'             /           l



141 : ◆eUDd48/dhA :2006/12/21(木) 02:08:58 ID:VvttIVI9
それじゃあ、麻生・サラ・三原を頑張って見ます。

142 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/12/21(木) 02:10:14 ID:XQim7nbO
>>141
頑張れ。オラ期待してっぞ!

143 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/12/21(木) 02:30:02 ID:Wqo8fL1d
ルール通りですので私も>>141さんの予約に異論はありません。
がんばってくださいね。

>>125さん>>128さん>>130さん
昨日が多忙でほとんど見ていなかったのは確かですが、少し感情的になってしまっていたのもまた事実でした。
そんな私でも最後まで応援してくれて本当に嬉しかったです。
言葉にするとありきたりですが、心からありがとうございました。

144 :143 ◆GEIGwDl3Ms :2006/12/21(木) 02:32:04 ID:Wqo8fL1d
肝心なところを忘れてしまいました…恥ずかしいです。

145 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/12/21(木) 02:32:55 ID:Dyiu94JN
>>143
えっ?

◆GEIGwDl3Msさん本人ですか?

146 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/12/21(木) 02:34:23 ID:veBqGXeI
141=◆GEIGwDl3Ms氏の予感

147 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/12/21(木) 02:35:37 ID:Dyiu94JN
>>146
そんなバナナ

148 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/12/21(木) 02:37:16 ID:pbuPNjAR
流石にないだろ
つかもうこの人のことでスレ無駄遣いすんのやめようぜ

149 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/12/21(木) 03:10:12 ID:CLT6iE6U
>>143
何はともあれ次回作も期待してます
あえて、ここはまた違った組み合わせを書いてみても良いんじゃないかと思います
◆GEIGwDl3Msさんの文章は読みやすくて基本的には好きですので

>>141
この状況ではプレッシャーもあるかもしれませんが頑張ってください

150 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/12/21(木) 03:35:26 ID:m6x5Bb2t
話が揺れ動きそうな気配が!
急速に信頼関係を取り戻しつつある播磨、沢近、西本。姐さん組と一条の参加でどうなるか
奈良はアレだ。ほら、もうおキヌこそアレだ。つかここは予想禁止にした方がいいかも
麻生達は安パイなのか…正直読めん

151 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/12/21(木) 04:16:54 ID:uOak9J89
◆.Cb.m05RN.氏の構想が気になるぜ…。
放送後から見るに、高野とホテルまわりを会わせたそうな雰囲気が匂うんだよなぁ。
しかし今回は一条も加わっているので正直読めない。さてどう転ぶか…。
つっても予約が無事通ればの話か。

おキヌはなんだかんだで人を殺せない感じだが、「奈良君ならいいや」とか思ってそうw

麻生たちに関しては仮に同じテイストでもなるべく大目に見たいな。
さすがにご都合主義濫用はないだろうし、この空気の中麻生たちを書いてくれるって点もGJだし。

152 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/12/21(木) 05:58:09 ID:1lGdeYma
ところでロワを行う要であるところの首輪、解除できるかな?
他ロワでは解析技術やら施設やらがあるからまだ現実的だけど、スクロワでは…。烏丸もないだろ?
やっぱノーパソ+フラッシュメモリ次第?

153 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/12/21(木) 07:36:56 ID:+HrAO7Ml
◆.Cb.m05RN.氏は展開ありきっていう声が以前あったが、
ノートパソコンの新機能+フラッシュメモリの中身を一気に全部消化しきりそうだ
あんまりやりすぎると反対の声も出てくるだろうからちと不安

154 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/12/21(木) 08:32:23 ID:+xIzBPQC
オカッパもそろそろ…。

155 : ◆7ILEob33QI :2006/12/21(木) 09:51:30 ID:buJEWmkA
すみません、高野、岡、雪野を書きたいんですが、>>122さんかまいませんか?

156 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/12/21(木) 10:04:26 ID:KE3IQrjN
>>155
その三人だけならおそらく死ぬことないだろうしいいんじゃね?事故死・仲間割れでもしないかぎり。
◆.Cb.m05RN.氏も自己リレーせずに気兼ねなく展開書けるし、ワンクッション置いたほうが良い希ガス。
というわけで>>155頑張れ。

157 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/12/21(木) 11:02:10 ID:mGnTgcB6
まあ仲間割れしてくれても一向にかまわんが。
でも理由が思いつかないな、さすがに。

逆に3人だけというなら、ホテル方面にはこないということかなぁ?

ともかく>>155さん頑張って下さい。楽しみにしてます。


158 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/12/21(木) 15:39:06 ID:j37t+A4Q
【予約状況】
◆X7WwwzkoUU:奈良・鬼怒川を予約
◆eUDd48/dhA:麻生・三原・サラを予約
◆7ILEob33QI:高野、岡、雪野を予約

159 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/12/21(木) 15:52:03 ID:OCLRWsA4
ところで最近予約期限が短いんじゃないかって意見が時々出てくるが、そこら辺どうなんだろう?
読み専の俺としては良く分からんけど、これからはフラグとかキャラの感情とか色々複雑になるし
長くした方が揉めなくて済むんだろうか?
あと、長くする場合には修正期限とか予約延長とかも長くした方がいいんだろうか?

160 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/12/21(木) 16:02:10 ID:j37t+A4Q
以前も変えようかという流れはあったけど結局
ほとんどの書き手さんがルール通りにやっているから平等、そのままでいい
という意見が大半で変わらなかったはず。現状維持でいいと思う。

161 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/12/21(木) 16:05:51 ID:ZtriT8pk
予約延長をしたことがない書き手なんて1氏くらいしかいないし、
もうちょっと長くていいんじゃないかとは思う

ルールを変更するなら全キャラの投下が終わって
次の放送待ち状態になったときしかないだろうけれど

162 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/12/21(木) 16:10:11 ID:wh3dK+To
予約期間が長くなった方が作品のクオリティが上がるってのは確かだべ

163 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/12/21(木) 16:13:07 ID:j37t+A4Q
そもそも予約自体が自由だって前提を忘れてないか?
予約すれば確実にキャラを動かせるけど時間的制約がある。
逆もまた然りで一長一短。別に問題があるようには思えないが…。

164 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/12/21(木) 16:23:59 ID:pbuPNjAR
いや、予約の方の一長が弱くなって一短が強くなってるんじゃないかってことじゃないか?
個人的には長くして良いと思う
延長とかは据え置きで

165 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/12/21(木) 16:32:30 ID:wh3dK+To
むしろ延長を無しにして予約5日とかはダメなの?

166 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/12/21(木) 16:57:14 ID:KE3IQrjN
>>165
それ、今と変わんない希ガス

167 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/12/21(木) 17:44:12 ID:mGnTgcB6
というか、現状の予約期限でなにか揉めてたっけ?

俺は現状がバランス取れてると思うけど。

168 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/12/21(木) 17:50:33 ID:SOFGOwxx
ただでさえ作家さんが少なくてストーリー進行もスローなので
予約の際の時間的制約は多少厳しくていいと思う。現状のバランスは悪くないはず。

169 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/12/21(木) 17:52:48 ID:m6x5Bb2t
誤字脱字とかちょっとした部分の推敲期間が増えれば
修正は減るし、負担も減るんじゃね?

170 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/12/21(木) 17:57:17 ID:xMdiXcFH
ていうか予約って本来ある程度書いて“予約期間内に書き上げて推敲できる”って状態になってからするものじゃないのか?

171 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/12/21(木) 18:00:37 ID:BYck5Qdh
早めに予約しないと書きたい話が書けなくなるってのもあるんよ

172 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/12/21(木) 18:03:44 ID:ZtriT8pk
複数の作品を投下してる書き手で、期間を必ず守る書き手って
◆X7WwwzkoUU氏くらいのもので半日遅れのケースが結構多い。
三日を四日にするだけでも書き手に大分余裕が出てくると思うのだが

173 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/12/21(木) 18:03:56 ID:m6x5Bb2t
>>170
ふーん、知らなかった
まぁ独特の言い回しをしたり、表現にかなり気を使ってる人自体は数人しかいないから
それなら3、4日でなんとかなるかもね

174 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/12/21(木) 18:07:41 ID:wh3dK+To
>>173
俺はたぶんその数人の人の書き方のほうが好きだから
延長があってもいいんじゃないかと思う
表現豊かな人の文章は読んでて楽しいし

175 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/12/21(木) 18:30:47 ID:wvkeTkH2
>>172
◆cx94bMr2cU氏や◆LFVryskzAc氏も予約期限内に投下してる
延長申請は予約した段階でどれだけ書いてるか、構想してるかが大きい気がする
ルール上はある程度話が完成した状態で行なうのが基本っぽいが、>>171の言う現実もある

176 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/12/21(木) 18:43:56 ID:mGnTgcB6
>>171
そんなどうしても書きたい話があるなら、それこそ3日で書き上げればいいんじゃないのか?

早く予約しないと誰かに取られるからとりあえず、というのはちと自分勝手が過ぎると思う。
なぜならその「誰か」だって書きたいパートなんだからな。

177 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/12/21(木) 18:47:13 ID:m6x5Bb2t
夜しか書けない人にとっての3日ってわりと短いけどね

178 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/12/21(木) 18:50:38 ID:xMdiXcFH
だよなぁ……
特に放送後一発目は放送投下までの時間があったんだからある程度書いとけるはずだし
三日しかないからクオリティ下がるってのはちと言い訳がましい気がする

179 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/12/21(木) 18:53:19 ID:mGnTgcB6
だから夜だけで書ける程度まで先に書いておくか、もっと時間が取れるときに予約すればいいじゃんw

そもそも予約したもん勝ちという意識が根底にあるから、3日じゃ厳しいとかいう意見がでてきちゃうんじゃないか?

180 : ◆.Cb.m05RN. :2006/12/21(木) 18:53:26 ID:rhAE3aLx
>>155さん
3人を書きたいとの希望了解しました。
私も自己リレーをやるよりもちゃんとリレー小説にしたいと思いますので作品楽しみにお待ちします。


181 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/12/21(木) 18:57:06 ID:KE3IQrjN
>>180
◆.Cb.m05RN氏は播磨、沢近、西本、一条の予約はどうするの?

182 : ◆.Cb.m05RN. :2006/12/21(木) 19:15:16 ID:rhAE3aLx
正直そのパートだけでも書きたいのですが書いた場合4人と高野一行との絡みが
自己リレーになりますので一話で済ませる為に今回の予約は破棄します。
分割して投下できれば便利ですけど不可ですので。

…ここまで書いて思ったのですが、
1.私が播磨、沢近、西本、一条を書いた作品を投下
2.◆7ILEob33QI氏が高野、雪野、岡の作品を投下
3.私が播磨達と高野達を絡めた話を書く

以上の場合は自己リレーにはあたらないでしょうか?

183 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/12/21(木) 19:17:04 ID:D3N+Djvf
予約は自由、予約するのなら時間的制約がありますよ、と。
現状でバランスとれてるじゃん。
ちゃんと書ける書き手もいるのでクオリティ云々は別問題だと思うな。

>>181
おそらく予約キャンセルだと思う。
でもそれだと「高野とお嬢を遭遇させます」と宣言してるようなもんだな…ww
別に悪いことじゃないけど、予想通りだったらちょっとアレかな。

184 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/12/21(木) 19:20:21 ID:D3N+Djvf
>>182
普通に自己リレーじゃね?
1.と3.の登場人物がモロ被りだし。

185 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/12/21(木) 19:22:56 ID:KE3IQrjN
>>2
自己リレーかどうかの判断は、以下の例に従って判断して下さい。

   ◆.Cb氏が書いた播沢西一の投下後に◆7IL氏が高雪岡を播沢西一の近くに移動させた場合
   →播沢西一を書いた◆.Cb氏が播沢西一高雪岡の話を書く:自己リレーに当たらず。
   →高雪岡を書いた◆7IL氏が播沢西一高雪岡の話を書く:自己リレーに当たる。

 要するに、自分の投下後に他の作者が自分の投下キャラの状況に変化を齎す場合は自己リレーに当たりません。
 逆に、自分が投下して生じた展開に更に連続で他のキャラを絡めた場合は自己リレーとなります。

 OKじゃね?

186 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/12/21(木) 19:26:02 ID:xMdiXcFH
キャラ増えてたらモロ被りじゃないんだぜ

ただ、
・高野達の話より先に投下
・なおかつ高野達が播磨達の方に向かうのが確定して遭遇必至
の二つを満たさなきゃいけないと思うけどね

何かしら高野組でイベントがあって、>>182さんの予期せぬ事態が起こらないとも限らないから覚悟はしておいた方がいいかと

187 : ◆.Cb.m05RN. :2006/12/21(木) 19:29:15 ID:rhAE3aLx
丁寧な意見ありがとうございます。
◆7ILEob33QI氏の作品で高野達がどう動くか解らない以上、投下を待った方が良いみたいですね。
失礼致しました。

188 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/12/21(木) 19:30:39 ID:D3N+Djvf
なるほどなー
っつーことは

・◆.Cb.m05RN氏が播磨たちを投下
・◆7ILEob33QI氏が高野たちを投下
・高野たちに特に予期せぬ事態もなく、播磨たちの近くにいる
・◆.Cb.m05RN氏が播磨たち、高野たちを投下

これなら自己リレーにならないわけだな。ややこしいぜ

189 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/12/21(木) 19:34:21 ID:KE3IQrjN
・・・・どちらにしろ、高野たちに予期せぬ事態があり、播磨たちの近くにいない事態になったら◆.Cb.m05RN氏が望む展開に出来ないわけだからさぁ、
・◆.Cb.m05RN氏が播磨たちを投下
・◆7ILEob33QI氏が高野たちを投下
・高野たちに予期せぬ事態があり、播磨たちの近くにいない
・◆.Cb.m05RN氏が播磨たち、高野たちを投下しない
でもいいんじゃね?

190 : ◆.Cb.m05RN. :2006/12/21(木) 19:59:20 ID:rhAE3aLx
>>189
意見ありがとうございます、確かにその可能性はありますね。
とにかくどんな結果になるにせよ◆7ILEob33QI氏の作品を待つ事にします。


191 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/12/21(木) 21:21:46 ID:Dyiu94JN
どーでもよいことかも知れないが、

「生きる理由」で八雲の台詞

「サラ……高野先輩……稲葉さん…東郷さん。仲良くしてくれてありがとう…」

さつきがさり気無くスルーされているんだが、訂正する必要は無い?

192 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/12/21(木) 21:26:54 ID:9Bq8AiO1
そーいや・・・いたっけな、さつきw
存在忘れてたよ。ていうか、よく考えたらなんでロワに参加しなかったんだろ

・・・麻生絡みの話題に油を注ぐだけになりそうではあるがw

193 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/12/21(木) 21:27:23 ID:pbuPNjAR
まあ取り立てて修正する必要があるとも思えないかな
混乱してた、で十分な気がするし

194 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/12/21(木) 21:32:06 ID:K8NpheJV
八雲「さつき……?」

195 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/12/21(木) 21:32:38 ID:5vWagFLG
ぶっちゃけどーでもよいしな。

196 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/12/22(金) 00:31:18 ID:hW/LsRt/
ハリーにシャアのセリフが追加されてるw

197 : ◆RHLa6nIQ9U :2006/12/22(金) 00:38:12 ID:z2S/NLmE
さつきについては『うわ…やっちゃった』な状態です。すいません。
今から修正することは許されるのでしょうか?
修正する場合、他に花井・八雲・伊織を書きたい方がいらっしゃれば
やはりその方の予約が優先されるという認識でよろしいでしょうか?

198 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/12/22(金) 00:41:49 ID:2DkdFV28
いや、誤字脱字の類だと思うから修正してもいいと思いますが

199 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/12/22(金) 00:44:18 ID:jZkeUbp9
修正するって言ったって、

>「サラ……高野先輩……稲葉さん…東郷さん。仲良くしてくれてありがとう…」

ここの名前の羅列に「俵屋さん」を足せばいいだけじゃないかな?
地の文とか、他に修正する必要のあるところもなさそうだし。

この位なら、>>198氏の言うとおり、誤字脱字の類と言ってもいいと思うし、いいのでは?

200 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/12/22(金) 01:50:13 ID:V2Q6d/+b
てゆーか問題にしてるの>>191だけだし別にどーでも……


201 : ◆RHLa6nIQ9U :2006/12/22(金) 01:59:36 ID:GjCHYTLi
さつきの名前を追加して、自分が気になった表現を修正したものを
まとめのほうに投下しました。

また、多数の感想を頂いたお礼を述べさせていただきます。
ありがとうございました。

202 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/12/22(金) 02:02:04 ID:+ZU+3MiW
むしろこっちがありがとうな訳なんだが

203 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/12/22(金) 02:33:39 ID:rN/UHYZq
>>201
「サラ……高野先輩……俵屋さん…稲葉さん……東郷さん。仲良くしてくれてありがとう…」

「俵屋さん…稲葉さん」の間に…が1つ足りなかったから
ちょっと気になって勝手に修正しちゃいました。
すいません。

204 : ◆RHLa6nIQ9U :2006/12/22(金) 02:37:39 ID:YfKMTTKx
うわあ……だめだ自分。どうもすいませんでした。
探せば他にもありそうな感じですね。ありがとうございました

205 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/12/22(金) 03:09:24 ID:DeKMBW+h
先日の件もあるから謙虚な作家さんを見てると泣けてくるぜ…

206 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/12/22(金) 07:43:16 ID:SvtZtdTk
今回は20話超えないかもしれんな

207 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/12/22(金) 08:52:46 ID:WJo3BLXH
てかおキヌが人を殺してないのは改心フラグ?
それともこれから奈良を殺してマーダー化フラグ?

208 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/12/22(金) 09:02:46 ID:H1UqDPwQ
いや、逆に奈良が発狂しておキヌ惨殺しマーダー化と・・・

・・・・・・

・・・・・・

駄目だ、こいつだけはどうやっても想像がつかん

209 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/12/22(金) 09:05:22 ID:QH8/ohUe
改心してもおキヌの先行きは暗いよな。マーダーとして加担してたわけだから、遭遇した反主催は信じてくれそうにないし。

210 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/12/22(金) 09:51:13 ID:GxOU+4Wo
対主催のキーが思いつかない

211 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/12/22(金) 09:52:42 ID:H1UqDPwQ
いや、おキヌに限らずそういう展開ってありかもしれん
マーダーでもなく、目的が同じ対主催なのに
些細な誤解から憎み合い殺し合う羽目になるのは、むしろロワの醍醐味かも

播磨包囲網は当然のこと
麻生もアソサラ展開を逆手にとって狂わせたりできそうだし
高野が今後ステルスをさらに発揮すれば烏丸だって不信を撒き散らす最高のネタだ
八雲にもまだまだいくらでも油を注げそうだよなー

・・・現在ソロの一条が何気に鍵として使えるんじゃないかと
一番どうとでも動かせる状態みたいだし

212 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/12/22(金) 10:19:11 ID:GxOU+4Wo
>>211
八雲には途中で期待したが最近の投下見るかぎりじゃまた受動キャラに逆戻りしちゃったよ
悪魔の声云々も消えたとのことで黒化には完全なストップが掛かり自殺フラグのみが残ることになる
それでいてただ単純に声がまた聞こえるようになりましたじゃご都合展開過ぎるし
それじゃあフラグの潰し合いなリレーSSになってしまうから
ここに関しては、また別の切り口で新たな展開を開くしかなくなったわけだ

一条は逆に今鳥の死亡後は精神不安定すぎて聖母的なキャラが完全には立っておらず
どちらかといえば揺らいでいるように見えないこともない

まぁこういう状況を生かすも殺すも今後の書き手さん次第だけどそれは俺らが方向性を示すもんじゃないし

213 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/12/22(金) 10:53:54 ID:Z9qdieW/
勘違いでどうのこうのっていうのは播磨包囲網の二の舞だから手法としては微妙

214 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/12/22(金) 12:28:03 ID:V2Q6d/+b
そうか?
逆に誰も何も勘違いせず進み続ける方が俺は微妙だが。

各キャラが共通認識しか持ってないssなんて面白くないよ。

215 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/12/22(金) 13:09:35 ID:gTIKOHL0
お前の価値観なんぞ知らんがな

216 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/12/22(金) 13:27:07 ID:C5Q5KsTt
これまで立った主なフラグをリストアップして
つぶれたもの、継続中のもの、消化されたものとその作品を知りたいな

フラグ消化率やフラグを立てる書き手・つぶす書き手をはっきりさせたい

217 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/12/22(金) 13:30:54 ID:6RyhywUy
つぶれたフラグとか書き手は興味ないが
今あるフラグの整理には賛成

218 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/12/22(金) 13:43:19 ID:wXaVj3Ta
なるべく価値観抜きで客観的にフラグを列挙できる人にリストアップしてもらいたいな。
俺や>>214みたいな人じゃなくって。

219 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/12/22(金) 16:18:21 ID:V2Q6d/+b
俺そんなおかしな事かいたか?みんな>>213のほうに賛成なの?

220 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/12/22(金) 16:33:59 ID:1tOpI+Of
とりあえず半年ROMれ

221 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/12/22(金) 17:22:10 ID:V2Q6d/+b
煽りしかいないんだな……

222 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/12/22(金) 17:24:56 ID:C5Q5KsTt
本人が勘違いというより晶あたりに扇動されてっていう意見はあったな
マーダー不足だからそうでもしないと数が減らない。
播磨・花井・八雲と有力株が相次いで白化しちまったし…
このへんはもうちょっと書き手も考えて欲しかった
せめて今後の書き手次第という可能性くらい残すべきだった

223 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/12/22(金) 17:32:29 ID:rBQwT7a4
>>219
君に反応しない奴イコール>>213に賛成なのかい?
そりゃまた斬新な意見で……

224 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/12/22(金) 17:37:43 ID:qF3nHQQf
クウタ


225 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/12/22(金) 17:42:53 ID:6RyhywUy
が飛来して

226 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/12/22(金) 17:55:25 ID:wXaVj3Ta
>>219
ハイしけ…

227 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/12/22(金) 18:02:07 ID:gw55s0tu
播磨、花井、八雲は灰色だろ。
その中で播磨と花井は白に近くて八雲は黒に近い。
完全白化はしてないから今後の書き手次第ではあると思う。

228 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/12/22(金) 19:27:23 ID:jZkeUbp9
播磨も相当危ういと思うけどね。

今はかろうじて白寄りになってるけど、
それは天満の死を『無理矢理嘘だと思い込もうとしてるから』で、かなり不安定。

天満の死体を発見するなりして、非情な現実を目の前に突きつけられたらどうなるかわからんよ。
つまり書き手からすれば、どちらにでも転ばせることができるってことでもある。

229 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/12/22(金) 21:57:01 ID:rqizva5e
二回言った…

230 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/12/22(金) 22:34:41 ID:c/Z/ew08
読み手側の意見だけど、播磨の黒化は動機付けと描写をうまくやらないと受け入れられないと思う
それこそ対主催フラグが播磨の目前で全折れするとか、他の生存者がマーダーしかいなくなるとか

「優勝者・播磨が八雲の亡骸を抱きながら主催側の包囲網にデザートイーグル一丁で立ち向かう」
という野生の証明エンドしか思いつかないのが難点だがw

231 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/12/22(金) 22:57:45 ID:GxOU+4Wo
播磨の黒化は展開次第じゃまだ可能性あると思うよ
あくまで今の花井や八雲に比べれば

232 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/12/22(金) 23:15:18 ID:JUZ2B5QM
某氏の七色のIDについては誰も突っ込まないのか?

233 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/12/22(金) 23:31:11 ID:wXaVj3Ta
七色?

234 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/12/22(金) 23:45:12 ID:wXaVj3Ta
あぁ、書き込む度にIDが違うってことか。別にいいんじゃね?

235 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/12/22(金) 23:46:56 ID:kMweNNpP
ところで質問だけど、くしゃみの暗号って何だったんだ?いまだにわからない

236 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/12/23(土) 00:05:50 ID:qXZU3+k/
まじかよ

237 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/12/23(土) 00:13:04 ID:3aW7dPO3
俺もわかんなかったよ

238 : ◆GEIGwDl3Ms :2006/12/23(土) 00:36:30 ID:tjsanbKh
すみません、少しだけスレをお借りします。

自分なりにいろいろと考えてみるにつけて、やはり先日の私の態度は酷すぎるものでした。
否定されたことがただ悔しくて悲しくて、読んでくださった皆さんの意見に他の作家の方々のように真摯に耳を傾けることができなかった自分を恥ずかしく思います。
時間を置き冷静に振り返ってみて、今の自分の気持ちとして一言きちんとお詫びしたいと思いました。
一度信用を失った以上は言葉の上だけの謝罪ととられても仕方のないことですが今はそれだけしか言えません。
皆さん、本当に申し訳ありませんでした。

239 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/12/23(土) 01:37:14 ID:D++frRAb
>>238
例え誰がどう受け取ったとしても
少なくとも俺は◆GEIGwDl3Ms氏を支持しますよ
あの空気の中気分を害さないでいられる書き手さんなんてのも珍しいですし
何より今またここに来てこういうレスをしてくれる事がすごいと思います

それと次回作も期待しています

240 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/12/23(土) 01:48:44 ID:KKh8FHcd
アソサラ以外書いてくれればいいんじゃないかだぜ?

241 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/12/23(土) 01:51:11 ID:7h94wDwz
うん、まあ…
前回のレス時間を見る限り、ギリギリまで修正されていたのは確かなようですし
謝っている人にどうこういうのも大人気ないですし…私もいいんじゃないかと



242 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/12/23(土) 03:21:31 ID:zF0iGYiA
先日の件は水に流そう。
読み手の中にも謝罪を受け容れないアホはさすがにいないだろうし。

ただ、>>240も言ってるようにまた麻生とサラを書くとなると…
正直、先日の件の根本の原因でもあるので遠慮したほうがいいかと。
他の作品の投下なら大歓迎ですけどね。

243 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/12/23(土) 05:25:42 ID:kqaaoVQ5
>>235>>237
み な み に け い た い
つまり南に携帯がある

244 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/12/23(土) 08:32:12 ID:ClHTXvsl
>>238
気にしないでくださいね。読み手側も口の悪いのがいましたし。

アソサラに関しては当分の間見守るというスタンスでロワに取り組んでみてはいかがでしょうか?

リレー小説において、1書き手さんがここまで特定キャラを贔屓しているのはやはり褒められたことではないですし。

245 : ◆GEIGwDl3Ms :2006/12/23(土) 09:32:03 ID:tjsanbKh
>>239さん>>240さん>>241さん>>242さん>>244さん
ありがとうございます。
正直受け入れていただけなくても仕方ないと思っていました。

麻生とサラに関しては皆さんの言われるように今後は展開を見守りつつ自重するようにしたいと思います。

246 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/12/23(土) 10:49:20 ID:nArbREDN
ん、乙
文章力は確かに凄いんだから、今後はスクランロワという全体を見通して頑張ってほしいな。
あなたの書くアソサラ以外のパートが見たいって人も自分含めいっぱいると思うし。

247 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/12/23(土) 16:41:36 ID:CiUOE1u7
月曜までに一本くらい新作が来てるだろうか
楽しみなんだけど、それが終わったらしばらく冬の時代が続くよな
クリスマスや年越しがあるし、ロワも一時停滞か

248 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/12/23(土) 17:07:27 ID:YuMQtBVq
>>243
しかしその携帯を物語にどう絡ませるかが問題だな。
城戸も結局は気付けなかったし、現在南にいる連中(奈良?)か南に向かおうと
しているやつら、若しくはどっこい生きてたマサルが回収しないと使えそうにないぞ?
マサルは流石に無理だと思うけど。

249 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/12/23(土) 17:23:34 ID:ClHTXvsl
>>247
今3つくらい予約あったろ?
今日期限くらいの。

250 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/12/23(土) 17:27:12 ID:Qm4Zs8h6
今日と明日やね。

251 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/12/23(土) 17:36:12 ID:Qm4Zs8h6
◆X7WwwzkoUU氏:奈良・鬼怒川を予約。期限:12/24(日) 00:08:13

◆eUDd48/dhA氏 :麻生・サラ・三原予約期限:12/24(日) 02:08:58

◆7ILEob33QI氏:高野、岡、雪野予約
期限:12/24(日) 09:51:30

252 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/12/23(土) 18:29:13 ID:kqaaoVQ5
>>248
首尾よく携帯ゲットできたとして、考えられる用途としては
1.本家ロワ三村のごとくノーパソと合わせてのハッキング、または外部への救援
2.(城戸専用?)ゲーム推奨派教師による情報リーク
3.改造して簡易スタンガンや爆弾の起爆装置

このくらいか。でも生き残ってるので機械に強そうなやつって高野くらいしか…。
烏丸はどうだろ?東郷ならやれたかも知れないが

253 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/12/23(土) 18:32:28 ID:kqaaoVQ5
>>248
って、絡ませるって手に入れるまでのことか。
手に入れてからどう使うかだと思ってた

254 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/12/23(土) 21:16:07 ID:Rrv0hV7Q
晶が対主催においても殺し合いにおいてもキーパーソンなんだろうな

255 : ◆eUDd48/dhA :2006/12/23(土) 23:18:43 ID:q0mweVWb
麻生・サラ・三原、予約延長よろしかでしょうか・・・どうかお願いします。

256 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/12/23(土) 23:25:00 ID:qXZU3+k/
他に予約が入らなければOKだよ。

257 : ◆eUDd48/dhA :2006/12/23(土) 23:34:07 ID:q0mweVWb
それじゃあ予約延長でよろしくお願いします。
期限は12/25(月) 02:08:58ですかね。
サンタさんやったらすぐに投下します。

もしもその間に予約したい方が居られたら遠慮無くどうぞ。

258 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/12/23(土) 23:35:19 ID:CiUOE1u7
◆7ILEob33QI氏もおそらく延長と予想
今度は早めに連絡がつけばいいんだが…

259 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/12/23(土) 23:41:15 ID:cD4xth1n
ま、9時までなんだし気楽に待とうぜ>◆7ILEob33QI氏
◆X7WwwzkoUU氏はもうそろそろか

260 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/12/23(土) 23:50:05 ID:EpKstemK
サンタさんからのプレゼントだね

261 : ◆X7WwwzkoUU :2006/12/24(日) 00:08:02 ID:f8pkCaF1
投下します。
題名は、【 S&M 】

262 : ◆X7WwwzkoUU :2006/12/24(日) 00:09:36 ID:f8pkCaF1
 人間には、どうにも向き不向きというものがあるらしい。
 幼い頃から両親の経営する銭湯で手伝いをし大人と触れる機会の多かった鬼怒川は、その事を比較的若い年齢で理解していた。
 番頭台でお客さんにただ対応するのは得意だが、清掃はどうも苦手だったり。愛想を振りまくのは苦手でも、お金の計算などは早かったり。
 正直銭湯にやってくる同年代の女の子に比べ、精神的には自分の方が成長していると思っていたが、身体の発育では劣っていると感じたり。
 鬼怒川はよい意味と悪い意味で大人だった。自分にできること、できないことは何かを考え、それを克服しようとする。
 そんな彼女が気絶から目覚めたとき、自分が戦いに向いていないかもしれないという考えを抱くのは至極当然のことであった。
「……」
 自分達の不注意から引き起こしてしまった予想外の戦闘。今までのようなこちらからの奇襲ではなく、明らかに敵意を持った他人からの銃弾。
 どれもこれも鬼怒川が望むようなものではなく、むしろ避けるべき事態であった。しかし銃声は、既に鳴り止んでいる。
「……私、助かったの?」
 立ち上がろうと地面に手をつくと、左手のひらに鋭い痛みがはしる。気絶する寸前、何かで深く手を切ったことを思い出し傷口を見ようと視線を移動すると、目に入ってきたのは不恰好に巻かれた包帯と、ところどころにつけてある絆創膏だった。
「やっぱり、助かったんだ」
 だとすれば、どこかに戦いを終えた斉藤がいるはずである。しかし部屋中を見回しても、彼の姿は見つからなかった。時計を見ると、時間は四時少し前。気絶してからそれほど時間も経っていないから、遠くに行ってしまったということも考えづらいだろう。
 襲撃者の荷物の回収でもしているのだろうか、などと考えながら、鬼怒川はまた助けられる結果となった自分のふがいなさを呪いはじめる。
 きっと、そのことを斉藤は責めないだろう。しかしそれが逆に、自分を追い詰めているのだということに鬼怒川は気付いていた。
 なぜ斉藤は自分と一緒にいてくれるのか……その理由は、すでにわかっている。
 じゃあ、自分は彼にどう接すべきなのか。彼の好意を受け取ることはできない。そんなこと、後で辛くなるだけだ。
 それじゃあ、もしも後で辛くならないなら――こんな状況じゃなかったらどう返事をするつもりなのか。
 ふとそんな考えが頭を過ぎるが、慌ててそれを振り払った。
 考えてはいけない。考えては、今以上に迷いが生じる。それはきっと、自分の命を失うきっかけになってしまうから……。

263 : ◆X7WwwzkoUU :2006/12/24(日) 00:11:49 ID:f8pkCaF1
 診療所のドアが開く音で、鬼怒川は一端思考を止めて顔を上げる。
 しかしそこに予想していた男の姿はなく、目に飛び込んできたのは右手にぬれたハンカチ、左手に水の入ったペットボトルを持っている奈良であった。
 鬼怒川は一瞬身構えたが、奈良が武器を持っていないこと、そして目を覚ました自分を認識した途端笑顔でこちらに近づいてきたことから、警戒を解いて奈良の接近を許した。
「気付いたんだね、鬼怒川さん!」
 そう言いながら奈良は鬼怒川の傍に駆け寄り、水の入ったペットボトルを手渡す。
 鬼怒川が「ありがとう」と礼を言ってペットボトルに口をつけている最中、奈良はせわしなく鬼怒川の全身を見つめていた。
 いやらしい視線ではない。どうやら、全身についた細かい傷の具合を確かめているようだった。
「大丈夫? どこか痛いとこない?」
「この手当て……」
「ああ、僕がやったんだよ。まぁ、絆創膏とか包帯とかつけただけなんだけどさ」
 傷の手当をしてくれたのは、斉藤ではなく奈良だった。それを認識すると同時に、鬼怒川に一つの疑問が浮かぶ。
 経過した時間から考えるに、おそらく奈良は先程診療所の外に見えた二人組の一人なのだろう。こちらが出した物音に反応しいきなり攻撃してきた彼がなぜ今、自分の治療をしてくれているのか。
 それに、斉藤は一体どこにいるというのか。
「ねぇ、奈良君」
「何?」
「斉藤君は? 斉藤君は、どこにいるの?」
「えっ……」
 瞬間、奈良の表情が曇った。目が泳ぎ、なにやらモゴモゴと口を動かしてはっきりとは何も言わない。
 途端に、鬼怒川の頭に不安が渦巻いた。
「ねぇ、斉藤君はっ!? どこにいるのかって聞いてるのよ! 答えなさないよっ!」
 飛び掛りそうな勢いで、鬼怒川は奈良に詰め寄る。 
 奈良はまたしばらく黙り込んでいたが、やがて観念したのか、ゆっくりと話し始めた。
「僕はここに、結城さんと一緒に来たんだ。そして診療所の中に誰かいるのに気付いて。
 そうしたら、結城さんがいきなり銃を撃ち始めて」
 思い出すのが嫌なほど怖かったのか、奈良の手は小刻みに震えていた。
 奥歯を噛みしめてぐっと堪えているようではあったが、そうでもしなければ今にも泣き出してしまいそうな表情。
 しかし鬼怒川にとってそんなことはどうでもよかった。いかに奈良が辛かろうとも、今は自分の求める情報をしゃべってもらわなくては困る。
 斉藤が、どこにいるかが知りたい。
「僕は止めたんだけど。結城さん、聞く耳持たなくて……。気付いたら、もう銃声は止んでいたんだ。何がどうなったのかはわからない。
 でも、結城さんは死んでいた。そして……」
 そして、なんだというのか。
 言いようのない不安が鬼怒川を襲った。早く言って欲しい、それでいて言わないでいて欲しい。矛盾する感情が、同時に存在している。だからこそ、鬼怒川はすぐに自覚した。
 自分がもう、真実に気付いているということを。
「斉藤君は……」
 奈良がそう言って、診療所の外へ視線を向けた瞬間だった。
 鬼怒川は奈良を押しのけ、診療所の外へと駆け出す。ところどころが痛んだが、そんな事に構ってはいられなかった。
 自分の予想が外れていればいい。斉藤が、生きて笑っていてくれればいい。
 きっとそうだ。たぶん外には、結城のリュックを物色している斉藤がいて、笑顔で「さて、情報も仕入れ終わったから奈良は殺すか」って言ってくれるに違いない。
 そうであって欲しい。そうでなければ、駄目なのだ。
 斉藤が横たわっている姿を見たとき、だから鬼怒川はなかなか現実を受け入れることができなかった。

264 : ◆X7WwwzkoUU :2006/12/24(日) 00:13:38 ID:f8pkCaF1
「……斉藤君? ねぇ、斉藤君ってば」
 ゆっくりと、斉藤の傍らに近づく。斉藤は呼びかけには応えず、ピクリとも動かない。
「悪い冗談はやめてよ。ねぇ、約束したじゃない。協力して、生き残るって」
 初めてこの島で会ったときに、二人で交わした約束。
 あの時なぜ斉藤が挙動不審であったり急にやる気になったりしたのかが、いまでは手に取るようにわかる。
 足元に落ちているコルトAR15を持ち上げて、斉藤の手をとった。まだほのかにぬくもりが残るそれは、しかし血色を失っている。
 喉の奥からせりあがる何かを抑えながら、鬼怒川は必死で斉藤に呼びかけた。
「ほ、ほら。まだ寝るには早いわよ。これ、持って。さっきみたいに……」
 何度も何度も、斉藤に銃を握らせようとする。しかしその度に、彼の手から銃は落ちていった。
 ついには諦め、鬼怒川は呆然とする。
 なぜだろうか。こんなことになるなど、鬼怒川は考えてもいなかった。
 どちらかが先に死ぬだろうということはわかっていたはずなのに。今までこの事態を考えていなかったのは、単に今まで自分達が有利な状況しか経験してこなかったからなのか。
 それとも、無意識のうちに考えないようにしていたからなのか。
 今更無駄なことと思いつつも、鬼怒川は考え続ける。奈良が後ろから近づいてきたことに気がついても、それは変わらなかった。
「……斉藤君はね、結城さんに撃たれて死にそうな時でも、鬼怒川さんの事を心配し続けてたんだよ」
「……」
 心配される価値など、自分にはなかった。これまでずっと、それこそ島で出会った瞬間から、自分は斉藤に生かされ続けている。
 そして今回、ついに斉藤は鬼怒川を守り死んでいったのに――いや、死んでしまったからこそ、自分にできることはもう何も無い。
 そんな絶望的な現実が、鬼怒川にのしかかる。
「たぶんだけど、斉藤君は鬼怒川さんのことが……」
「それ以上、言わないで」
 こちらを気遣うような奈良の言葉を、鬼怒川は遮った。慰めなんて要らない。そんなもの、ただ単に自分が惨めになるだけだ。
 斉藤が死んでしまった今、自分は何をすべきなのか。答えは、足元に落ちていた。
「私達はね、奈良君。約束していたのよ。お互い、生き残る為に協力しあうって。ただ、それだけ。それ以上の何物でもない――」
 斉藤がもう掴むことのできない銃を、鬼怒川は手に取った。
 彼がしようとしていたこと。彼の成し遂げられなかったこと。
 今の自分がすべきことは、きっとそれに違いない。鬼怒川は、そう思い立ち上がった。
「――いえ、あってはいけないの」

265 : ◆X7WwwzkoUU :2006/12/24(日) 00:17:50 ID:f8pkCaF1
 銃口を、奈良の額に押し当てる。
 一瞬の出来事に、奈良は反応できず硬直していた。その瞳に浮かぶのは戸惑い。
「な、にを」
「言ったでしょう? 斉藤君と約束したって。だから、アナタを殺すの」
 殺すという単語を放った瞬間、奈良の顔には恐怖と焦りが生じた。
 当然だろう。まさか助けた相手に、命を狙われるとは思ってもいなかったはずだ。
 しかし鬼怒川は、やめるわけにはいかなかった。自分はここで、奈良を殺さなければいけない。
「ぼ、僕は鬼怒川さんを傷付ける気はないよっ! だからさ、銃を僕に向ける必要なんて……」
「言ってなかったかな。私と斉藤君、このゲームにのっているの」
 それは奈良にとって、死刑宣告にも近い言葉であった。絶望の色で奈良の瞳が染まる。
 鬼怒川はそれを見て、しかし視線を逸らさなかった。目の前にある、自分が今から殺す相手を真正面から見つめる。
「そんな……」
「助けてくれたことには感謝してるわ。お礼に、苦しまないように殺してあげる」
 その言葉が奈良の心を折ったのか。奈良はがっくりと頭を下げ、そしてふるふると震えだした。
 しばらくそれを見ていた鬼怒川だったが、徐々に小さな声が洩れてきているのに気がつく。
「……うぇっ、ひっぐ」
「泣いているの? 全く、死ぬ時くらい漢らしくしたらいいのに」
 泣きじゃくる奈良の姿が一瞬天満と重なったような気がして、鬼怒川はそう漏らした。
 何を守るでもなく、ただ生きたいと逃げ回り、そして恐怖に震える。そんな存在、鬼怒川は認めることができなかった。それを認めたら、必死で戦った斉藤を否定することになる。
 生きたいなら、せめて戦うべきだ。そう、例えばララ・ゴンザレスのように。
 自分が殺すのに加担した少女の名を、鬼怒川はふと思い出した。
「これなら、塚本さんを守ろうとしたララさんの方がよっぽど漢らしいわね」
 そう言った瞬間、奈良はぴたりと泣くのを止めた。

266 : ◆X7WwwzkoUU :2006/12/24(日) 00:18:26 ID:f8pkCaF1
 そうしてとてもゆっくりと顔を上げ、涙と鼻水でぐちゃぐちゃになった顔を鬼怒川に向ける。
「……どういう、事?」
 鬼怒川は思い出す。そういえば、奈良は天満に対して気があるようだった。
 天満が烏丸のことを好きだというのはクラスの女子全員の知るところであったし、奈良も普段は積極的なそぶりを見せなかったから、まったくもって忘れていたことだ。
 愛しい人を失った気持ち。なぜか今の鬼怒川には、それがわかるような気がして。
 気がつけば引きつった笑いを浮かべながら、鬼怒川は話し出していた。
「そんなの、ちょっと考えればわかるでしょう?」
「嘘だ、まさか」
 否定する奈良の心を、壊してしまいたい衝動に駆られる。
 どうしてなのかわからないけれども、鬼怒川は自分を抑えることができなかった。
 そして絶望すればいい。
 奈良が苦しむ姿を見ることで、自分の中の何かが癒されるわけではないのだけれど、鬼怒川はそれでも言葉を発しつづける。
「本当の話よ。斉藤君が――いいえ」
 天満を殺したのは、確かに斉藤だ。でも斉藤は、斉藤自身のためだけではなく自分“達”が生き残るために天満を殺したのだ。
 だから鬼怒川は、あえて「斉藤が殺した」というのを止めた。
 斉藤と自分は、運命共同体。人殺しさえも二人で分かち合うべきなのだから。
「私達が、塚本さんを殺したの」
 その言葉を発した瞬間、奈良は大きく目を見開きそして再び力なく倒れこんだ。
 もはや涙も出てこないらしい。絶望とは、そんなものなのだろうか。
 そんなことを思いながらも追い討ちをかけるように、鬼怒川は奈良に語りかける。
「これでわかったでしょう? 私達は、勝ち残ろうとしているの。だから、アナタを殺すことにはなんのためらいもないのよ」
 反応は無い。
 弱々しい奈良の姿を鬼怒川は望んでいたはずなのに、なぜか今の奈良は不愉快なもの以外の何ものにも見えなくて。
「聞いているの? ……ねぇ、何か言いなさいよっ」
 鬼怒川は奈良の腹を蹴り上げた。銃では感じることのない、肉の感触。
 「ゴフッ!?」
 奈良は唸りながら転がり、そのまま力なく天を見つめた。
 その瞳に力はなく全てを諦めているように見えて、鬼怒川はそれが自分の力による結果だと改めて認識する。
 そして襲いくる吐き気。
 自分にはそんなに人殺しが向いていないというのか。そんな考えを否定するように、鬼怒川はひたすら奈良の横腹を蹴り続ける。
 クラスメイトを傷つけているという実感、それが直に伝わってくる。吐き気も徐々に収まってきた。これが馴れというものだろうか。
「ほら、私にだってできるわ。きっと、できる! このまま皆を殺していって、そして――」
「……そして、どうするの?」

267 : ◆X7WwwzkoUU :2006/12/24(日) 00:20:59 ID:f8pkCaF1
 奈良の一言で、鬼怒川は蹴ることを中断した。
 奈良の瞳には、相変わらず光がない。でもその声にはなぜか力がこもっていて、鬼怒川は銃口を奈良に向けたまま尋ねる。
「やっとしゃべったかと思えば、どういうことよ?」
「僕さ、塚本のこと好きだったんだ」
「……へぇ。それは、可哀想なことしちゃったわね」
 小馬鹿にするような口調で鬼怒川は言ったが、奈良は怒りもせず淡々と話し続ける。
「だから、塚本がずっと心配だった。ララさんと一緒だったら僕と一緒にいるより安全だって事はわかってたけど、それでも心配だった。たぶんそれが、僕がこの島で生き残ろうって思う原動力だったんだ。
 でも、さ。さっきの放送で、塚本の名前が呼ばれて。……信じたくなかったんだ。首輪かなんかの故障で、先生達が勘違いしてるのかもしれないじゃない?」
 鬼怒川は、奈良のことを哀れみの瞳で見つめていた。
 最も近くで天満が死んだ現実を目の当たりにした鬼怒川は、奈良の希望は叶わないことを誰よりも知っている。
「……うん。わかってるよ。そんなことはありえないっていうのも。でも、諦めたくはなかったんだ。
 鬼怒川さんが彼女を殺したって言ったとき、だから僕の中で、生きる理由はなくなったのかもしれないね」
 そう言って、奈良が笑う。
 見たことも無い、悲しい笑顔。鬼怒川は視線を逸らさなかったが、ただ黙って見ていては耐えることなど出来そうもなく、何とか搾り出した声はやけに震えていた。
「少しは、漢らしいところあるじゃない」
「ありがとう、でいいのかな。こういう場合」
 学校祭のサバイバルゲームのときに習ったように、そして斉藤がそうしていたように、鬼怒川はコルトAR15をしっかりと構える。
 これ以上、奈良と話していてはいけない。なんとなく、そんな気がしたから。
「最後に一つだけ聞いていいかな?」
 奈良がそう言うのを聞いて、鬼怒川は今すぐ殺さなければいけないと銃を握る手に力をいれる。
 しかし引き金にかかる指は動くことはなく、代わりに動いたのは鬼怒川の口であった。
「……特別に、聞いてあげるわ」
「皆を殺して、生き残って。鬼怒川さんは、なんの為にそんなことするの?」
「何の為って……。生きたい、って思うのに理由なんていらないでしょ。つまらないこと聞かないでよ」
 協力してできるだけ生き残るというのは、斉藤と約束したこと。皆を殺すというのは、その手段だったはずだ。
 でも、途中で気がついた。自分には人殺しは向かないということを。
 おそらく一人でこんなことをやっていたなら、一人も殺せないうちに自分が殺されていたに違いない。
 ならばなぜ人殺しを続けていたのか。……それは、斉藤がいたからだ。
「……鬼怒川さん、斉藤君と協力してたんだよね。生き残るために。でもさ、それって矛盾してないかな。だってもし鬼怒川さん達が皆を殺し続けたとしても、結局は――」
「つまらないこと聞かないでよっ!」

268 : ◆X7WwwzkoUU :2006/12/24(日) 00:24:10 ID:f8pkCaF1
 もう一度、つま先で奈良の横腹を蹴り上げる。
 奈良はそのまま転がり、しかしうめき声ひとつたてることもなく、真っ直ぐと鬼怒川の瞳を見つめていた。
「……結局は、一人しか生き残れないんだよね。一体どうするつもりだったの?」
「そんな事……実際にそうなってから考えればいいことでしょ。そもそも、もう斉藤君が死んでしまった今となっては……」
 自分で口に出したことで、改めて斉藤の死を実感する。
 今となってはもう、二人で生き残ったときにどちらが犠牲になるかを悩む必要もない。
 けれどもし、そんな事態になっていたら、一体どちらが死ぬことになったのだろうか。
 そう思い悩む鬼怒川の横で、奈良はゆっくりと立ち上がった。
 腹部を痛々しげに押さえながらも、その視線は鬼怒川から逸れることはない。
「鬼怒川さんは知っていたんでしょう? 斉藤君が鬼怒川さんのことを好きだってこと」
「……黙りなさいよ」
 そう、知っていた。斉藤の自分に向ける感情が、異性に対する好意だということは。
 確かに、それを口に出すことはなかった。しかし。
「もしかして、最後にはそれを利用して斉藤君に死んでもらおうと思ってたとか?」
「そんなワケないじゃないっ!」
 しかしそれは、決して斉藤を利用するためなんかじゃない。
 もし斉藤の好意を認め口に出してしまえば、自分もそれに何らかの形で応えなくてはいけなくなるから。
 そして応えるということは、自分自身にいずれ大きな傷を残すということが鬼怒川にはわかっていたから。
「そんなワケ……ない……」
 もう、銃を支える力は手に入らなかった。銃口の狙いが、徐々に奈良の額から逸れていく。
 殺さなくてはいけないはずなのに。奈良の命を奪うことで、クラスメイトの命を奪い続けることで、斉藤と一緒にいたことを意味あるものにしなくてはいけないのに。
「ねぇ、僕思うんだよ。もしかして鬼怒川さんって」
 なんで腕に力が入らないのか。なんで目の前にいるクラスメイトを殺せないのか。
 鬼怒川はわかっていた。わかっていたけど、認められなかった。
 今ここで奈良を殺せば、自分は自分が生き残るためだけに人を殺してきたという証明になる。
 それが理解できているのに殺せないというのは、命題自体が間違っているから。
 自分が人殺しを続けてきた理由は、別のところにある。
 そしてその理由は。
「斉藤のこと、好きだったの?」
 二人でともにいるうちに、育ってしまった自分の想いに違いなかった。

 腕からは完全に力が抜け、銃は手から離れ地面へと落ちる。
 とめどなく涙が流れていた。それは事実を事実として認めたからこそ流すことのできる涙。
 斉藤が死んでしまったこと。そんな彼に想いを告げることができなかったこと。
 そして今まで想いを認めようとしなかった自分自身に対する悔しさが、瞳からポロポロと流れ続ける。
「うっ……ううっ……!」
 奈良がゆっくりと近づいてくる気配を感じる。
 きっと彼は慰めの言葉をかけてくれるに違いないと、鬼怒川は思った。
 そんなことは止めて欲しい。そんなことをされれば、きっと泣き声を堪えることもできないから。
「鬼怒川さん……」
 頭上から聞こえる、奈良の声。
そして次の瞬間聞こえたのは、予想していたものとはかけ離れた言葉であった。
「折角の力、手放しちゃ駄目だよ」


269 : ◆X7WwwzkoUU :2006/12/24(日) 00:24:55 ID:f8pkCaF1
「え?」
 頭に押し付けられる、硬く冷たい感触。しかしそれ以上に冷たいのは、奈良の声の響きだった。
 先ほどまで見せていた穏やかさも、温かみも、その他一切の感情が感じられない。
 しかし鬼怒川は、どこかでこの声を聞いた様な気がした。
「このまま死ぬのも悪くないって思ったけど、やっぱり止めることにしたよ。せっかく機会が与えられたんだからさ」
 どこで聞いた声なのか。鬼怒川は必死で頭を働かせる。
 幼い頃か中学生の頃か、高校生になった頃か、それともこの島にきてからのことか。
 そしてついに鬼怒川は結論に達した。この声は、同じなのだ。
「復讐の、機会がね」
 人を殺そうとした時の、自分達の声に。
「これ、何かわかる?」
 奈良は鬼怒川の髪を無造作に引っ張り、その顔を真正面へと引き上げた。
 その瞬間鬼怒川の目にとびこんできたのは、今まで自分達の力であったはずのもの。その銃口は、鬼怒川の額をしっかりと捉えていた。
「ひぃっ!?」
「ゴメンね。僕としても女の子を怖がらせるのは忍びないんだけどさ」
 そう言って、しかし奈良の表情は全くすまなそうなそれではなく、瞳には僅かの迷いも残されていない。
 鬼怒川は、恐怖していた。斉藤に銃を向けられた時とは明らかに違う感覚。死にたくはない、生きたいという渇望。
「ゆ、許して……」
 気づけば、鬼怒川はそう口にだしていた。しかし奈良は銃を下ろさない。
 ただ冷たい瞳で鬼怒川を見下ろし、小馬鹿にするような口調で呟く。
「きっと塚本も、命乞いはしただろう? それでも鬼怒川さん達は見逃さなかった。……僕が見逃すと思うかい?」
 死ぬ寸前の、塚本天満の姿を思いだす。
 目の前でララを殺され、このゲームの現実をつきつけられて泣き叫んだ彼女の気持ちが、今の鬼怒川には痛いほどわかった。
 どうしようもない絶望、堪えようもない恐怖。助けを求めようにも、斉藤はもういない。
「い、い」
 まとまらない思考。すくむ身体。混乱と停滞。
 鬼怒川の自制心が崩壊し、肉体が衝動のままに突き動かされるようになるまで時間はかからなかった。
「『い』?」
「いやあぁぁぁぁぁっ!!」
 奈良に背を向けて、鬼怒川は走りだした。できるだけ遠くに、僅かな可能性を求めるように。
 奈良が構えているのは自分達の武器だったものだ。その威力は、嫌というほどわかっているというのに。奈良が何かを言っていたが、鬼怒川にそれは聞き取れなかった。ただ逃げるのに夢中で、他のことなど考えられるはずがない。
 涙で視界がぼやけ、それを袖で拭い――
 刹那。
 聞きなれた音と共に、背中を激しい痛みが襲う。衝撃で、鬼怒川は前に倒れこんだ。

270 : ◆X7WwwzkoUU :2006/12/24(日) 00:27:12 ID:f8pkCaF1
「がっ……かはっ、……う」
 気を失うほどの痛み。しかし鬼怒川は、今度は気を保ち続けた。
 歯をくいしばり、痛みか恐怖かそれとも他の何かによって流れる涙を振りきるかのように。少しずつだが鬼怒川は、地面をはいずり前進していた。
「斉、とう……くん」
 決して返事をすることのない彼の名を、鬼怒川は呼んだ。
 短すぎた二人の時間。人殺しという、結局自分達にとっては意味をなさなかった行為のために無駄したお互いの想い。
「さ……い゛と、う……く」
 彼がその命を賭してまで救おうとしてくれた自分の命が、今まさに尽きようとしているのは鬼怒川本人がもっとも理解していた。
 けれど、鬼怒川はあがき続ける。少しでも長く、彼の想いを無駄なものにしない様に。
 彼が生きている間には、何も返すことができなかったから。
――鬼怒川。
 不意に、誰かに呼ばれた様な気がした。
 痛む身体をよじらせて、声の方向に振り向く。そこにあるのは一丁の銃。斉藤が、使っていたコルトAR15。
――もう、いいんだ。お前の気持ち、俺にも伝わったから。一緒に、行こう。
 ぼんやりとする意識の中で、その声だけは確かに聞こえていて。
 鬼怒川は嬉しかった。苦痛が消え去り、その他一切の感覚がぼやけていっても、鬼怒川には不安などなかった。
「ああ゛……う、ん」
 行き着く先は、きっと地獄に違いない。あれだけ非道を尽くしてきたのだ、当然の報いだろう。
 しかしそれでも、斉藤が一緒なら大丈夫。不思議と、鬼怒川にはそう思えた。
 そして再び鳴り響いた銃声は、鬼怒川の耳に届くことはなかったが、奈良の放った銃弾は今度こそ確実に鬼怒川を斉藤と同じモノに変えた。
 そしてその絶命の瞬間、鬼怒川は確かに微笑んでいた。



     ※   ※   ※   ※   ※


271 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/12/24(日) 00:29:57 ID:rv30uAPg
支援

272 : ◆X7WwwzkoUU :2006/12/24(日) 00:33:10 ID:f8pkCaF1



「……さて、これからどうしようかな」
 足元に転がる鬼怒川だったモノを一瞥し、奈良はその手に握られたコルト AR15を見つめた。
 もはや生きることを諦めかけた最中、手に入った力。この力が手に入ったからこそ、愛しい人の敵を討つことができた。
「塚本は死んじゃったし、この島を歩きまわる理由もなくなっちゃった」
 ぐるりと辺りを見回すと、転がるのは三つの死体。
 この島で生きているのはもう二十人以下というこの状況で、奈良は目的を失っていた。
「……自殺、とか?」 
 ふと、天満の下へ逝くという選択肢が浮かぶ。
 しかし先ほど目の前で苦しんでいた斉藤と鬼怒川の壮絶な最後を見ると、そんな勇気もすぐに消えうせた。
「痛いのは嫌だし」
 この島から逃げ出す方法は思いつかない。しかし、このままでは後二日以内に確実に痛い思いをし、死んでしまう。
 どうしようかと、奈良は考える。
 診療所には斉藤達の荷物があるだろうから、幸いなことに、物資は豊富だ。
 生きるために、何をすべきか。ただ逃げ回るだけでは今回のような危険にさらされるかもしれない。
 でも、もしもこちらが先手を取れたならどうだろうか。
 手にあるのは決定的な力。どこの誰でも、命を奪い去ることのできる道具。
 これがあればきっと何でもできる。奈良には、そう思えた。
「ここは一つ、ゲームに優勝とかしてみようかな。……あはっ」




 【午後3時〜5時】

 【現在位置:I-07】


【奈良健太郎】
[状態]:腹部を激しく打撲。
[道具]:支給品一式(地図1、食料5、水2)  殺虫スプレー(450ml) ロウソク×3 マッチ一箱 突撃ライフル(コルト AR15)/弾数:38発
[行動方針] :力を手にした今、勝ち残るものありかと積極的に思っている。
[備考]:ハリーを警戒。播磨が吉田山、天王寺を殺し刃物を所持していると思っています。

【鬼怒川綾乃:死亡】


※斉藤・鬼怒川の荷物は奈良達がいる部屋に、結城の荷物は結城の遺体の側に、防弾傘(ほぼ破損)は遺体から離れた場所に放置されていて
  二人の所持していた銃はそれぞれの遺体のそばにあります。
  散弾銃(モスバーグM500)残弾0
 

273 : ◆X7WwwzkoUU :2006/12/24(日) 00:33:45 ID:f8pkCaF1
投下完了。

今は亡き斉藤に、このSSを捧げる。

274 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/12/24(日) 00:35:46 ID:uXZlVlbq
GJ!!

まさか奈良がマーダー化……
予想外でした

275 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/12/24(日) 00:41:44 ID:y9vVXrol
乙華麗にGJ!

死亡フラグ立ちまくりの羊が、狼に化けやがったかw

276 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/12/24(日) 00:45:35 ID:DNXJRKf5
マーダー奈良
ステルス化して、アソサラ組とかを引っ掻き回せる可能性もあるね

GJです!

277 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/12/24(日) 01:02:22 ID:61PJK8u1
>>272
                 r、ノVV^ー八
            ヾヽ'::::::::::::::::::::::::::'',    /   .・   ヽ
             ヾゝ:::::::::::::::::::::::::::::{     |    .・    |
             ヽ::r----―‐;:::::|    |   ・    |
             ィ:f_、 、_,..,ヽrリ    .|    ・    |
              L|` "'  ' " ´bノ     |    ・     |
              ',  、,..   ,イ    ヽ   ・    /
             _ト, ‐;:-  / トr-、_   \  。   /
       ,  __. ィイ´ |:|: ヽ-- '.: 〃   `i,r-- 、_  ̄ ̄
      〃/ '" !:!  |:| :、 . .: 〃  i // `   ヽヾ
     / /     |:|  ヾ,、`  ´// ヽ !:!     '、`
      !      |:| // ヾ==' '  i  i' |:|        ',
     |   ...://   l      / __ ,   |:|::..       |
  とニとヾ_-‐'  ∨ i l  '     l |< 天  ヾ,-、_: : : .ヽ
 と二ヽ`  ヽ、_::{:! l l         ! |' 夂__ -'_,ド ヽ、_}-、_:ヽ



278 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/12/24(日) 01:05:47 ID:Tn3NG+Xu

天満が死んで、一番暴走しそうだった播磨が踏みとどまって、一番諦めそうだった奈良がマーダー化とは。
こうなったら播磨・烏丸・奈良で一堂に会して欲しいぜ

279 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/12/24(日) 01:17:22 ID:ouzmvsO8
こ、これはまさしく・・・


 奈 良 超 進 化 

280 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/12/24(日) 01:32:16 ID:61PJK8u1

                 r、ノVV^ー八
            ヾヽ'::::::::::::::::::::::::::'',    /   .・   ヽ
             ヾゝ:::::::::::::::::::::::::::::{     |    .・    |
             ヽ::r----―‐;:::::|    |   ・    |
             ィ:f_、 、_,..,ヽrリ    .|    ・    |
              L|` "'  ' " ´bノ     |    ・     |
              ',。゚: 、,.. ゚。 ,イ    ヽ   ・    /
             _ト, ‐;:-  / トr-、_   \  。   /
       ,  __. ィイ´ |:|: ヽ-- '.: 〃   `i,r-- 、_  ̄ ̄
      〃/ '" !:!  |:| :、 . .: 〃  i // `   ヽヾ
     / /     |:|  ヾ,、`  ´// ヽ !:!     '、`
      !      |:| // ヾ==' '  i  i' |:|        ',
     |   ...://   l      / __ ,   |:|::..       |
  とニとヾ_-‐'  ∨ i l  '     l |< 天  ヾ,-、_: : : .ヽ
 と二ヽ`  ヽ、_::{:! l l         ! |' 夂__ -'_,ド ヽ、_}-、_:ヽ


281 : ◆X7WwwzkoUU :2006/12/24(日) 01:37:37 ID:f8pkCaF1
 感想ありがとうございます。
 見直したところ、状態欄に思いっきり間違いがあったので修正。
 前作のそのまま流用するにしても気をつけないといかんな……。

>※斉藤・鬼怒川の荷物は奈良達がいる部屋に、結城の荷物は結城の遺体の側に、防弾傘(ほぼ破損)は遺体から離れた場所に放置されていて
>二人の所持していた銃はそれぞれの遺体のそばにあります。
>散弾銃(モスバーグM500)残弾0

 を、
 ※斉藤・鬼怒川の荷物は鬼怒川がいた部屋に、結城の荷物は結城の遺体の側に、防弾傘(ほぼ破損)は遺体から離れた場所に放置されていて
 【散弾銃(モスバーグM500)残弾0】は結城の遺体のそばにあります。

 に。

 皆でリレーしてきたSMの結末を、自分の実力でどの程度書けるかはわからんが、
 とりあえず精一杯書いてみた。正直、スクロワ開始当初はこんなにもSMコンビに力を入れることになるとは思わんかったなぁ。

282 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/12/24(日) 01:43:09 ID:vJ6QeIlZ
行動方針が「勝ち残るものあり」ってなってますよ

283 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/12/24(日) 01:55:31 ID:rtOEr1hn

これはすごい、予想外だった
あいた口がふさがらないとはこのことを言うのか

284 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/12/24(日) 01:59:33 ID:BgVynNu3
それって褒めてるのか?

285 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/12/24(日) 02:00:14 ID:rtOEr1hn
スマン、目からうろこか
動揺しすぎてパニクっていたらしい

286 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/12/24(日) 02:06:56 ID:Avx16/Qh
残り人数は書くべきだと思うんだ。

287 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/12/24(日) 02:11:21 ID:tvwXXSkl

スクロワの魅力の一つを担っていたSMをきれいに書いてくれたと思う

SMコンビの歩みを誰かまとめてくれ

288 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/12/24(日) 02:20:51 ID:aDdSC4OV

しかし人死が多くなってきたな・・・

289 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/12/24(日) 02:36:06 ID:3f6pv0qi
奈良ブレイクきたな。

周りはメインクラスばかりだが、金星あげられるかな?

290 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/12/24(日) 02:47:46 ID:VQWFyBi6
おキヌよ(´Д⊂
そっかー、皆死んでいくのかー
思ってたよりパロロワって辛いのな…

291 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/12/24(日) 03:10:01 ID:61PJK8u1
>>290
                  r、ノVV^ー八
                、^':::::::::::::::::::::::^vィ       、ヽ l / ,
                 l..:.::::::::::::::::::::::::::::イ      =  お   =
                    |.:::::::::::::::::::::::::::::: |     ニ= キ そ -=
                  |:r¬‐--─勹:::::|     ニ= ヌ れ =ニ
                 |:} __ 、._`}f'〉n_   =-  な. で -=
  、、 l | /, ,         ,ヘ}´`'`` `´` |ノ:::|.|  ヽ ニ .ら. も ニ
 .ヽ 地 斉 お´´,      ,ゝ|。゚   、,  ゚。 l|ヽ:ヽヽ  } ´r :.   ヽ`
.ヽを獄 藤 キ ニ.   /|{/ :ヽ === ./| |.|:::::| |  |  ´/小ヽ`
=続 で と ヌ  =ニ /:.:.::ヽ、  \二/ :| |.|:::::| |  /
ニけ ラ 一 な -=  ヽ、:.:::::::ヽ、._、  _,ノ/.::::| |: /|
=て ブ. 緒 :ら-=    ヽ、:::::::::\、__/::.z先.:| |' :|
ニく :な に : =ニ  :| |:::::::::::::::::::::::::::::::::::.|'夂.:Y′ト、
/れ 関     ヽ、  | |::::::::::::::::::::::::::::::::::::_土_::|  '゙, .\
/る 係    ヽ、    | |:::::::::::::::::::::::::::::::::::.|:半:|.ト、    \
  / / 小 \    r¬|ノ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::| 



292 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/12/24(日) 03:10:59 ID:2T4QPJUz
スクロワってパロロワに登録はされてるけどメニューには登録されてないのな
登録したいのだがリンクの貼り方がイマイチよくわからないという罠
まぁwiki編集が苦手なだけという事実

293 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/12/24(日) 03:36:38 ID:AtyvzAia
作者さん乙です




奈良wwwwwwwwwwwwwwwwwwwww

294 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/12/24(日) 04:01:17 ID:nifrdliG
フラグまとめをやってみた。第三回放送まで。
結構適当な上、抜けもあるだろうから誰かもっといいのを作ってくれ

播磨包囲網…………『最初の犠牲者』で発生。詳細はまとめサイト参照。継続中
リピーターサラ……『Re-virth』で発生。特に活かされず継続中
奈良死亡フラグ1…『Bad Item...』で発生。お約束のスピーカー。『超進化には遠すぎて』にて消滅
のっぽ暴走…………『Daytime Beast』で発生。薬を渡した人物不明。継続中
フラッシュメモリ…『Daytime Beast』で発生。継続中。フラッシュメモリは現在イチさん
機密流出……………『Daytime Beast』で発生。教師の誰かが救いの手を。最大のフラグか?継続中
裏切り者……………『Daytime Beast』で発生。教師の中に主催者の犬が。前と並んで最重要フラグ。継続中
ベントウ伊織………『双褐色』で発生。結局捕食されず。『Defect』にて消滅
高野のステルス……『Find The Way』で発生。高野のことをサラに隠す麻生。継続中
レーダー伊織………『三原日記 第二報』で発生。八雲の位置を知る伊織。『偽らぬ愚者達』にて消化

◇◇◇第一回放送後

百合雪野……………『そして少女は吊り橋へ』で発生。順調な駒として継続中
吉田山って誰………『強敵(とも)の死、そして…』で発生。多分永遠に消化されないが継続中
毒よもぎパン作成…『晩餐』にて発生。実際はまだ作っていない。継続中
携帯電話……………『晩餐』にて発生。絃子の真意はどこに。継続中
黒つむぎ始動………『凶つ雲』にて発生。今後もどんどんいっちゃってしまうが、本人死亡により消滅
遺言…………………『Joker Trick』にて発生。麻生に託す田中。『Restart』にて消化
ブタの背中…………『Joker Trick』にて発生。盗聴器について。継続中
ノートパソコン……『無駄死にでなかった事の、証の為に』で発生。一定時間で新機能。継続中
暗号…………………『無駄死にでなかった事の、証の為に』で発生。盗聴器を示唆。東郷メモで継続中
コンタクト…………『英雄本色〜ファム・ファタール』で発生。教師へ接触する城戸。第二回放送で消化
首をもぎ取って……『ハミングバードの憂鬱』にて発生。首輪を調べるには。『谷底よりなお深く』で消滅
協力するとき………『それの価値は』で発生。烏丸が冬木に協力する約束。『壊』で消滅
アシスタント募集…『それの価値は』で発生。播磨を探す烏丸。継続中
カレーの王子様……『それの価値は』で発生。カレーの探索者烏丸。隣子につっこまれつつ継続中
姐さんキッス………『生きるとはなんとすばらしきかな』で発生。おかっぱ篭絡。継続中
東郷のメモ…………『親愛なる兄弟へ』で発生。盗聴器とパスワード。継続中
恋心…………………『すすむことはできない』で発生。鬼怒川から斉藤へ。『S&M』にて消化
投擲ナイフ…………『Wolf's Fang』で発生。主は死んだが武器は残る。継続中

◇◇◇第二回放送後
撲殺AR15……………『LOST』で発生。意識不明の今鳥。『谷底よりなお深く』で消化
仏の狙い……………『星に願いを』で発生。分校へ行きたがる西本。目的不明だが継続中
日本刀派の芽生え…『訪問者』で発生。烏丸を気遣う隣子。継続中
考える天満…………『そして少女は暴走(はし)り出す』で発生。播磨が聞いたら喜ぶフラグだが『Defect』にて消滅
後の言葉は…………『だから彼は走ることにした』で発生。舞ちゃんの言葉はなんだったのか。一応継続中?
日本刀派誕生………『だから彼は走ることにした』で発生。隣子をかかえて逃げる烏丸。継続中
奈良死亡フラグ2…『アイノカタチ 〜結城つむぎの場合〜』で発生。皆殺しを決意するが本人死亡で消滅
教師に首輪…………『6つの印』にて発生。教師らにも首輪が。一応継続中?

295 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/12/24(日) 04:15:54 ID:AtyvzAia
>>294
乙…でいいのだろうか
ていうかアンタ凄いなww
そんな面倒くさいことを…

296 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/12/24(日) 04:35:11 ID:rhYg4b91
>>294
よく頑張ったよ、マジで
つか日本刀は一つのフラグとしてまとめていいんでないか?
それと心の動き的なフラグは抜けまくりなんだけど
そういうのをきちんとまとめる程頑張ってたら、それだけで作品が一本作れてしまいそうだ

297 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/12/24(日) 04:40:52 ID:MLiPxG9j
GJ
今回のおキヌも良かった
正直このスレでおキヌ株急上昇
ダメハネとかで取り上げられるのキボンヌ

ところで多分>>270の「無駄したお互いの想い」って誤字ですよね?

298 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/12/24(日) 04:51:25 ID:MLiPxG9j
俺が間違えた
誤字じゃなくて脱字だ
いや、もしかしたら誤字なのかもしれんけど

299 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/12/24(日) 06:23:57 ID:EnrBD43V
奈良、上手くいけば麻生組に乗り込めそうだな。
ハラミもいることだし。

てか、今の奈良なら嫉妬で麻生を血祭りとか普通にやりかねん……
何にせよ今後に期待。


遅くなったけど、作者さんGJ!!

300 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/12/24(日) 07:36:39 ID:nbRYdcfz
奈良はあれで意外と度胸も行動力も持ってるんだよな。小物っぽいのが難だが。
これから期待だ。

自分で手当てして、自分での手で殺すなんて皮肉だな。
「Nara-Irony of fate」

301 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/12/24(日) 07:59:37 ID:Tn3NG+Xu
八雲、播磨に出会う

播磨、お嬢と和解してなんかイイ空気

…姉さんが死んだのに、あなたって人は…!
もしくは
いいですねぇ先輩…どうせ私なんか…

で黒化ってどうよ

302 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/12/24(日) 08:12:24 ID:uDqgNiwg
>>273
乙です。おキヌ…orz
マーダー化してもどこか吹っ切れそうに無いおキヌより、完全に超進化した奈良の方が凶悪か…
マーダーが枯渇しつつある今、かなり大きな存在になるかも試練
何にせよ、予想外の展開GJです

そして今回の作品がスクロワ通算100作目です

303 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/12/24(日) 09:53:29 ID:f0PbvLS/
>>273
通算100作品目オメ&乙でせ。

すみません、予約延長申請します。本日中に上げますので。

304 : ◆7ILEob33QI :2006/12/24(日) 09:55:01 ID:f0PbvLS/
トリップ忘れました

305 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/12/24(日) 10:50:50 ID:f8pkCaF1
1の方、本編収録時の修正ありがとです。
つうかまとめページのトップが……(´Д⊂

……さて、俺も斉藤の復活を願おうか。

306 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/12/24(日) 10:59:00 ID:3f6pv0qi
>>301
上はともかく下はないだろうな。
姉への思いが行動動機である今の八雲が、そんな嫉妬をするのはらしくないだろう。

むしろ八雲と播磨が会ったら、播磨の方が黒化しそうだけど。
天満の死が確定するから。

307 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/12/24(日) 11:44:53 ID:KABfUS1W
>まとめページのトップ
1の人かっこいいよ1の人つД`)

つか八雲だって嫉妬はありだろ
原作では天満がいたからこそ身を引いたんだし
まぁだからって一応ロワ中だし天満死亡で滅入ってるんだから
安易にラブコメしろとかヤンデレしろとかって意味で言ってるわけじゃもちろんない
例え極限状態だったとしても、むしろ極限状態だからこそ
嫉妬っていう、極めて普通なんだけど忌み嫌われがちな行動をする事もあるんじゃないかと
嫉妬するのは理屈じゃないしー

308 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/12/24(日) 12:05:09 ID:rhYg4b91
どんな形でどんな理由付けがあろうと播磨を憎む八雲は想像がつかん
それだけに見てみたいけど原作設定でいくと若干無理がある気もする
嫉妬の方は簡単に想像はつくけど二次ではマンネリ化してるだけに書くのも難しいかも
王道な展開は上二つより更に難しいが

309 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/12/24(日) 12:49:42 ID:Fd1e6Ijd
第三回放送後〜第四回放送前までのフラグ。
作者ごとのまとめや統計はとてもじゃないがやってられん。補完を誰かよろ

◇◇◇第三回放送後
奈良死亡フラグ3…『途切れる、日記』で発生。ハラミマーダー化か?継続中
M、決意する………『揺れる心、変わる男』で発生。覚悟を決める斉藤。『S&M』にて消化
分校にあるもの……『Restart』で発生。麻生が分校を目指す理由。防空壕がNGなので消化は困難か
殺してしまった?…『人数不足』で発生。東郷を殺したことを疑い隠す播磨。『壊』にて自白、消化
充電器を探せ………『人数不足』で発生。ノートパソコンを使うために。継続中
インカム……………『人数不足』で発生。話したほうがいいのか悩む播磨。『宣言』にて消化
マーダーおにぎり…『Defect』で発生。天満死亡により播磨と八雲のマーダー化の可能性。継続中
S、迷う……………『Defect』で発生。殺人に向いてないおキヌ。『S&M』にて消化
いっぱいいっぱい…『Defect』で発生。荷物が多くて隠すSM。『生きる理由』にて消化
あなたを犯人です…『Defect』で発生。伊織のドジビロンストラップ。『偽らぬ愚者達』にて消化
絃子のインカム……『宣言』で発生。絃子お手製のインカムが支給された。継続中
殺してやる…………『宣言』で発生。沢近から播磨への殺人予告。一応継続中?
フラグ潰しの奈良…『目指す場所』で発生。黒つむぎに遭遇するも、回避。逆に変なフラグが。消滅
フラグ回避王奈良…『目指す場所』で発生。言った傍から新たな死亡フラグ。が、何事もなかったかのように消滅
服毒…………………『目指す場所』で発生。えげつないおキヌ。『The Irony of Fate 』で消化
ミコちゃーん………『Catastrophe』で発生。周防をおいてきぼりにしたお嬢。『永遠(とわ)なる花よ咲け』で消化
侵入者………………『大人達の戦い』で発生。外部からの救出はあり得るのか。継続中
危険な衝動…………『束の間の休息』で発生。ヤバすぎることを考える麻生。継続中
ただのイタズラ……『彼女の笑顔』で発生。ヘビはかわいいイタズラでは済まされない。継続中
隣子、決意する……『胡蝶の夢』で発生。雪野を救えるのか。烏丸への好感度アップ。継続中
固まる疑惑…………『壊』で発生。播磨オワタ。『永遠(とわ)なる花よ咲け』で消化されつつあるが継続中?
相棒はよせ…………『壊』で発生。相棒の仇を知るハリー。『永遠(とわ)なる花よ咲け』で消化
放置された荷物……『壊』で発生。冬木の遺したリヤカー。継続中。消化は目前
悪魔の囁き…………『偽りの聖者達』で発生。脱出なんて無駄無駄。継続中。八雲、花井は消化か?
猫の導き……………『偽らぬ愚者達』で発生。八雲を導く伊織。『生きる理由』で消化
再会の約束…………『偽らぬ愚者達』で発生。花井組の誓い。むしろ死亡フラグ。継続中
カレーパンげっつ…『烏丸の異常な(ry』で発生。更に次のカレーパンを探す。継続中

310 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/12/24(日) 13:35:24 ID:G3YkAClZ
モブ組が数がどんどん減っているけど…。大丈夫だろうか?

311 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/12/24(日) 17:08:17 ID:BgVynNu3
消化または消滅してしまったフラグは特に書かなくていいんじゃないか?

312 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/12/24(日) 18:26:11 ID:61PJK8u1
>>310
残り7人か。

麻生をモブとして考えると8人。
人数的にモブ・メイン共に8人でちょうどいいけど・・・。


313 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/12/24(日) 20:23:13 ID:6vi87KC7
前々から言われてたどおりのメンツが残ったか…まあ仕方ない。
男女それぞれ、メイン級のキャラ死亡話が欲しいところ。
麻生、サラ、イチさんあたりが危険な気がする

ところで今晩の投下はなさそうだな

314 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/12/24(日) 20:41:40 ID:wcqcYu3j
今日は……クリ…クリ…クリリリリリリリリリリCRYYYYYYYYYYYY!!!!

315 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/12/24(日) 21:07:03 ID:Tn3NG+Xu
クリリンのことかーーーーーッ!

316 : ◆eUDd48/dhA :2006/12/24(日) 23:11:33 ID:eSb2cXDu
俺、思ったんだけどさあ。
やっぱ『Life Goes On』は別に破棄する必要ないんじゃないかなあ。
うん、やっぱそうだよ。別に破棄する必要なんてそもそもなかったんだよ。
今改めて読んでみたら感動したし、防空壕の辺りをちょこちょこっと修正すれば何の違和感も無いと思うの。
そういう方向性、もう一度考慮すべきじゃないかなあ。

317 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/12/24(日) 23:17:47 ID:61PJK8u1
>>316
いや、流石にもういいだろ。

話を持ち返すのはやめてくれ・・・。


318 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/12/24(日) 23:22:43 ID:kHNV5OTh
一応フラグをキャラ別にまとめ直してみました
>>294>>309さんのレスとまとめサイトの播磨包囲網をいじっただけですが

麻生:分校を目指す理由、食人衝動、播磨包囲網、盗聴器に気付いている(以下、盗聴器)
サラ:リピーター、播磨包囲網、盗聴器
三原:播磨包囲網、盗聴器

岡:高野を守る
高野:ステルスマーダー、ヘビ、
雪野:百合

烏丸:アシスタント募集、カレーパン、日本刀派(?)、大塚の最期の言葉
砺波:日本刀派(?)、雪野を説得する

西本:毒よもぎパン作成、携帯電話、ノートパソコン(?)、東郷メモ(?)、投擲ナイフ(?)、分校跡、充電器を探せ
播磨:吉田山って誰、マーダー化、絃子のインカム
沢近:播磨殺害予告、播磨包囲網

花井:悪魔の囁き(?)、再会の約束
八雲:マーダー化(?) 、悪魔の囁き(?)、再会の約束

奈良:マーダー

一条:フラッシュメモリ、悪魔の囁き(?)、再会の約束

城戸:盗聴器、東郷メモ(?)、播磨包囲網

教師:機密流出、主催者の犬、教師に首輪
絃子:携帯電話、インカム

その他:ブタの背中、外部からの救出

319 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/12/24(日) 23:23:12 ID:Ar+2+Pn3
>>316
今はあんたが書く権利持ってんだから
そうしたきゃ自分でそういうの書けばいいじゃん
ここまできて書けませんってのはなしね


320 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/12/24(日) 23:24:36 ID:1qBIamZz
って、予約した人かよ!

イマサラ何いってんのさ?

321 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/12/24(日) 23:31:12 ID:61PJK8u1
>>320
その発想は無かったわ。

322 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/12/24(日) 23:54:11 ID:KgS5VsDh
破棄も決まって作者さんの態度も自身の謝罪によって水に流された。
今さら先日の件を持ち出すのはさすがにどうかと思うが…。

同じテイストだろうと受け容れる態勢は前回以上だと思うから
普通に投下したらいいんじゃね?仮にも自分で予約したんだし…。

323 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/12/25(月) 00:23:08 ID:EOhcx1yX
>>316
自分が2ちゃんに毒されてるせいだとは思うんだけど、邪推してしまうから止めてください

324 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/12/25(月) 00:25:09 ID:BHQ9FJnx
>>316
もっと自分の作品に自信を持とうぜ(・∀・)!!

325 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/12/25(月) 00:37:54 ID:OBH2YByo
要するに、二人ともダメでしたってことか…
仕方ないから寝よう

>>318
まとめサイトにあったほうがいい気もしたが、
これが全てというわけでもないしな…あくまで書き手の参考程度か

326 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/12/25(月) 00:53:04 ID:dlG21I+l
もし予約が破棄されるんだったら、麻生サラハラミを予約しようかと思ってるけど・・・

もうちょっと様子見てみるか

327 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/12/25(月) 02:11:18 ID:5tNYLL0d
延長の期限も過ぎたか・・・
寝よう・・・

328 : ◆eUDd48/dhA :2006/12/25(月) 02:24:15 ID:2IoxSgzm
オレ、泣かないよ。
だから、期限切れで破棄扱いでも構いません。
ごめんなさい・・・。

329 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/12/25(月) 02:24:53 ID:2IoxSgzm
『未来圏からの影』

 歩みは遅く、足取りは重く。季節の割には暖かなこの島の空気も助けとならず、
むしろそれは三人の間に流れる、蒼ざめた空気を際だたせるコントラスト。
あの放送以来、三人は歩き続けている。どんなに遅い歩みであろうと、体を動かし、
目的を持って行動しているという事が、若干の安心感という錯覚を与えてくれている。

 あの声が響いたのは分校へ向けての道程を再開し、G06地区に入るか入らないかという直後であった。
かつての世界で聞き慣れた、それ故に今では間抜けメロディとなったチャイムに引き続いて下された死の託宣。

一人目の名が……三人が沈痛な思いに沈む。
二人目の名が……少女の片方がビクリとし、離れた友を想う。
三人目の名が……二人の少女が思わず声をあげそうになった口を震える指先でとどめ、反射的に男の方を振り返る。

――そして男は膝を屈した。

 四人目、五人目と名を告げる音が、鼓膜を振動させる。酷い話だが、それは鼓膜を振動させただけ。
幾分近くなった地面に向けられたまなこは、時折引きつったように見開かれたり、強く閉じられたり。
心臓は早鐘を、割れんばかりの早鐘を。細かに震える口は浅く切羽な呼吸でそれを助長する。

――周防……周防‥周防周防周防スオウ周防すおう‥周防……

 崩れた落ちた麻生の悲しみが、サラを動けなくする。麻生にどう声を掛ければいいのか、どうすればいいのか。
慰めの言葉を、励ましの言葉を、何かのきっかけを必死に探そうとするが、彼に慈愛だけを与えるものは見つからない。

「麻生君!麻生君には聞こえてなかったかもしれないけど、この場所はさっきの放送で
禁止エリアに指定されちゃったよ。何時までもここに居たら私達みんな終わりなんだよ?」

 愛する人を、親友を失った痛みと悲しみを、自分だって少しは知っているはずだ。
だから、今は現実だけを見られるように、生きる事だけを考えて欲しい。そんな気持ちが、梢に声を張り上げさせる。

「ほら、分校跡に行くんでしょう?だったらほら、ここが禁止エリアになる前に、ね?だから進もうよ……」

330 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/12/25(月) 02:25:49 ID:2IoxSgzm
 麻生はスッと立ち上がると、俯きがちなまま、先頭に立つ。そして、無言のままゆっくりとその歩みを始める。
サラと梢は、悲しみと不安の入り交じった視線を交わし、そして前を向き男の背中をゆっくりと追った。
ペースは遅い、だが17時までには随分と余裕があるから、禁止エリアとなる前にはこのエリアを抜けることはたやすいだろう。
黙々と街道を歩き続ける。神社に居たる分かれ道を通り過ぎ、G05エリアに達したことを知る。ペースはそんなに悪くない。
そのまま押し黙った三人は進み、やがて二股の分かれ道に突き当たる。

「麻生先輩?…そっちじゃないですよ!」

 先頭に立ち、躊躇無く禁止エリアへと続く道へと右折する麻生に気づいたサラが突然に声をあげる。
出発して以来初めて麻生が振り向く。その能面のような表情から何を窺い知るべきか、それがサラに一層の苦悩を知らしめる。

「わりぃ」

 短く謝罪の言葉。今は自分が、そう思い立った梢が今度は先頭に立つ。

「このまま南に向かって行こうよ。それで、H05からH04を抜けてH03にさ。
H04に道が無いけど、今のペースでも夕方までには分校跡に着くと思うしさ」

 梢を先頭に、麻生が続き、最後尾にサラが付く。三人が道無き草原を横断していく。
草の擦れる音と、さわやかな風を頬に受けながら、麻生は呆然と想う。
周防の顔、笑顔、だんだんと見せてくれるようになった明るく豪快な彼女を。
勝手に動き続ける足と、あまねく平穏さが満ちる草原に酔いながら、美琴を想う。
一番の彼女を思い出そうとする。あれは周防の家の集まりに招待された時だった。
少しだけ疎外感を感じながらも、楽しげにはしゃぐ彼女を見ているとそれで満足出来ていた。
そう、あの時の彼女はとても良い笑顔で、俺の隣で……
俺の?……俺の……違う。俺じゃない。あの時周防の隣に居たのは俺じゃない……。
アイツだ……アイツが居たから周防はあんなに笑って……。
……アイツは‥アイツは何をしていたんだ?あんなに周防の側にいつも…。
なのに、周防は…周防が死んで…アイツは‥花井は何を……。
いつの間にか草原を抜け、再び街道に合流し、H04を北上していた。

331 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/12/25(月) 02:26:58 ID:2IoxSgzm
 サラはずっと想っている。前を行く背中を見ながら。自分が出来ることを、しなければいけないことを。
前を行く背中は悲しみに覆われている。その悲しみをどうにかしてやりたい。
だけど、今どうすればいいのか。今自分が何かをやっても、それが彼に痛みを与えるだけになりはしまいか。
サラは怯えていた。前を行く背中は余りに弱い。温めようと、手で覆ってしまえば潰しかねない儚さだ。
 
(…腹が減った…)

 麻生はパンを一つ取り出し、歩きながらむさぼり喰う。

――足りない

 もう一つ取り出し、あっという間に平らげる。

――全然足りない

 この空腹は、空虚は、何によって埋め合わせられるのか。

 先頭を行く梢がふいに立ち止まり、発見を告げる。

「……誰か、居るよ…二人」

 サラにはそれが直感的に誰であるかわかった。見まがうわけなどない。それは彼女の親友……そしてもう一人。

 麻生にはもう一人が誰なのかすぐにわかった。
麻生にとってその男は、これまで探し求めいた女の残照だ。

――アレは……アレなら俺も満たされそうだ……

 低くなった太陽が、影を延ばす。影はよろよろと立ち現れ、眼前に立ち尽くす。
これは こいつは 暗い未来圏から投げかけられた 戦慄すべき俺の影だ。

332 : ◆eUDd48/dhA :2006/12/25(月) 02:31:41 ID:2IoxSgzm
【午後4時〜5時】

【麻生広義】
【現在位置:H-03】
[状態]:健康(空腹、精神的な問題により悪化) 心神喪失気味
[道具]:支給品一式(食料3、水4) UZI(サブマシンガン) 9mmパラベラム弾(50発) メリケンサック
[行動方針] :周防を失った事で花井への何らかの執着。
       サラを護ることが最優先?サラの願いを叶えたい?
       菅の仇を討つ? 高野に敵対。食料の欠乏を心配。
       今後、出会った相手は基本的に警戒。播磨とハリーを特に警戒
[備考] :播磨が天王寺、吉田山を殺し刃物を所持していると思っています。


【サラ・アディエマス】
【現在位置:H-03】
[状態]:健康、麻生の事で精神的な疲れ。 
[道具]:支給品一式(食料3、水4) 壊れたボウガン(M-1600、現在二本装填) ボウガンの矢3本(リュックの中) アクション12×50CF(双眼鏡)
[行動方針] :反主催・みんなを守る。
[備考]:麻生を信頼、高野を信頼。護るために戦う。
     播磨が天王寺、吉田山を殺し刃物を所持していると疑っています。


【三原梢】
【現在位置:H-03】
[状態]:健康、精神的に若干持ち直す
[道具]:支給品一式(食料2、水3) ベレッタM92(残弾16発) 9ミリ弾198発 エチケットブラシ(鏡付き)
[行動方針] :音篠、今鳥を殺した相手を探して…その後どうするかは迷っている。
       自分のするべきことを見つける。できれば殺し合いをやめさせたい。
[備考] :ハリーを警戒。結城が心配。
     播磨が天王寺、吉田山を殺し刃物を所持していると思っています。

[共通備考]:盗聴器に気づいています。

333 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/12/25(月) 02:37:32 ID:EOhcx1yX
乙でした
麻生がかなりキてますね
今後が楽しみです

単に優先権がなくなっただけで投下する権利がなくなったわけではないかと思います
つ【基本ルール】予約期限、修正期限が切れた後も再投下をする事は認められますが、再び予約する事はできません

334 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/12/25(月) 03:04:22 ID:x4UUCtmY
麻生がついにマーダーになりそうだ

嬉しい反面ハラミ萌えの俺は複雑です

335 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/12/25(月) 03:38:01 ID:rvX04huJ
乙 
ヤクモンの至急食う話が書けそうなんだが・・・ちょっとグロすぎるんでやめとく

336 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/12/25(月) 07:52:46 ID:0wY3rt2N
乙。

最後のは花井とヤクモンだよな?
メイン同士の争いか。楽しみだ。

337 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/12/25(月) 10:40:00 ID:nC+iwkRG
ついに花井と麻生が対峙・・・か?
でも殺し合いにはならないような気がする

338 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/12/25(月) 10:53:56 ID:8VMPuTEE
次の作家さんに超期待!
もう中盤も過ぎていく頃だし、この辺でぶつからないと見せ場があまりに少ないよ
このメンツは麻生以外かっこいい戦闘シーンないし

339 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/12/25(月) 11:10:57 ID:O+KKJ7yN
天満や美琴クラスのメインが死んでるんだからこの辺が死んでも文句はないな
この5人に絶対生き残って伝える必要があるってほどのフラグはないし

340 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/12/25(月) 11:54:04 ID:nC+iwkRG
死ぬこと自体に文句はないが
メインが死んでるからという理屈はおかしい

341 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/12/25(月) 12:49:25 ID:J0zg/Ck4
メインもサブも関係無く死ぬのがバトロワだしな

342 :Collapse:2006/12/25(月) 12:57:48 ID:M+69EzMD
 傾き始めた太陽が照らし出すのは、どこにでも生えていそうな木々や茂み。
特に景色として優れた場所とはいえないのだが、サラ・アディエマスにはそこが輝いて見えた。
すぐ目の前を黒猫が横切っていったが、それでも何も揺るがない。
何故ならば、彼女の眼前には二人の人物……少なくとも、その中に一人の少女、塚本八雲がいたのだから。
かけがえのない親友。ゲームが始まってから何度も彼女を想った。先の放送では……本気で心配した。
麻生広義の疲弊を心配する一方で、サラは八雲の事も気がかりでならなかった。
最愛の姉が死に、後を追ってしまわぬかと。だから、彼女が生きていた事がただ嬉しかった。
一直線。サラと八雲は駆け出し、そして抱擁する。これまでずっと周囲を気遣い続けた少女が、自分の事だけを考えた瞬間だった。
サラの両目から涙が溢れる。そのすぐ横で、八雲も泣いている。普段彼女が泣く姿を見ていないサラにはそれが哀れでならなかった。
やはり、天満の死は相当なショックだったのだろう。心労が溜まっていた事が窺えた。
サラは何度も八雲の頭を撫で、背中をさする。その度に、八雲は安心してくれた気がした。

「花井!」

本当に、束の間の再会が終わる。背後の麻生の怒声と共に。
涙も拭かぬままサラが振り返ると、UZIを片手に荒々しく息をする麻生の姿があった。
虚ろだった目を……怒りに染めて、見据えている。八雲の後ろに居る花井春樹を。
「麻生……」
どこか済まなそうに花井が返す。それは、麻生の表情を更に硬化させるだけだった。
「……お前、今まで何をしていた? 周防はどうしたんだ!?」
「麻生君、周防さんは花井君のせいじゃ」
「黙れ!」
麻生の横で止めようとする三原梢を一蹴し、麻生は再び花井を睨みつける。先程より、憎悪の色が遥かに濃い。
「麻生先輩、やめて下さい!」
たまらずサラも声を上げる。幸いにも、麻生はそれに僅かに反応を見せてくれた。
「……先輩、もうどうしようもないんです。これはそういうゲームなんです。人が、ただ理不尽に殺されていくんですよ!?」
彼女の涙は、しかし彼には届かないのか。麻生は聞き入ってくれてはいるが、しかしその表情は揺るがない。
サラは分かっていた。過去に自分が見た光景にあったのだ。あのように、闇に落ちた人間の姿が。
どんな優しい言葉も、どんな愛情も、全てを飲み込む巨大な闇。それに届くものは何もなかった。
過去、自分の言葉は何も届かなかった。そして、最後はその人間すら、闇の中に永久に沈んでいった。
それでもサラは信じていた。……いや、諦めたくはなかった。
麻生ならきっと立ち直ると。自分の言葉が、今度こそ届いてくれると。
なおも花井を睨み続ける麻生の瞳を、サラもまた見据えていた。

343 :Collapse:2006/12/25(月) 12:59:55 ID:M+69EzMD
「……済まない、麻生。僕は、ついに周防には会えなかった」
しばらく続いた沈黙を、花井が破る。八雲と三原は沈痛な面持ちの花井を、サラは更に目を吊り上げた麻生に目を向ける。
「周防がどうなったのかは分からない。誰と一緒に居て、何があったかも、僕は何も知らない」
サラが一瞬花井の方に振り向くと、彼は両手を握り締め、震わしていた。彼の無念が、嫌でも伝わってくる。
「……その割には、今まで一年と仲良くやってたのか?」
目付きを変えず、口元だけ緩ませ罵る麻生。初めて見た彼のネガティブな表情に、サラはショックを受ける。
……いや、仕方がない。サラはそう自分に言い聞かせる。いくら冷静な麻生でも、現在の精神状態ではやむを得ないのだ。
今まで自分と居た事で、決して表に出なかった負の感情。彼だけではない。皆が持っているものが、ようやく溢れ出したのだ。
むしろ、自分ではそれを払拭できなかった事に、サラは深い悲しみを覚えていた。
やはり、気を遣わせてしまっていたのか。彼女の中に後悔の念が充満していく。
「……僕は八雲君が好きだ。だから、彼女を守ろうと決めた。そして、皆を助けようと決めた」
しかし、花井の一言が、サラの悲しみを和らげた気がした。先ほどと違い、花井の声にも、動きにも迷いが無い。
「僕は何も出来なかった。野呂木を死なせ、今鳥を死なせ、多くのクラスメートが死んでしまった」
花井に見据えられ、麻生がたじろぐ。それは、花井の決意の強さを示していた。
「だが、もう僕は迷わない。八雲君を、そして一人でも多くのクラスメートを助けたい!」
彼の迷い無き叫びは、林の中に存分に伝わった。多少の木々や茂みをものともせず、ただ真っ直ぐに響き渡る。
それは、彼から10mと離れていない麻生にはうるさすぎるほど響いた事だろう。麻生は、ただ呆然と花井を見ていただけだった。
その様子を、サラは素直に驚いていた。人は、大切な人の死を、こうも乗り越え成長できるものなのかと。
そして、自分はどうだったのかとも考える。……少なくとも、自分は麻生を救えなかった。
だが、花井はそれを変えた。狂気に走りかけた麻生に待ったをかけてくれた。サラは、ただそれが嬉しかった。
「……それは、きっと周防も望んでくれる。だから、僕達は生きるんだ!」
しかし。花井の止めの一言は、崩れかけた筈の麻生の憎しみを再構築させたようだった。
再び憎悪に染まった表情。より強く、より大きくなったそれは、躊躇う事無くUZIを花井に向けさせる。
サラが叫ぶより早く、無数の凶弾が放たれた。

344 :Collapse:2006/12/25(月) 13:01:40 ID:M+69EzMD
 地図が書かれたワイシャツが、ズボンが、腕先が、あちこちが真っ赤に染まる。
「花井先輩!」
誰よりも早く八雲が花井を叫んだと同時、その屈強な体は地面へと崩れ落ちた。
花井の元へ駆け寄ろうとする八雲を、サラは押さえる。一度ゲームを経験したせいか、彼女はどこか冷静だった。
これだけの最悪の事態、冷静でいられる事はかえって自己嫌悪を生むだけだ。それでも、最良の解決を図りたいのが彼女の願い。
今の麻生の精神状態では、またいつ花井目掛け銃弾を放つか分からない。そんな彼のそばに、八雲をやる訳にはいかないのだ。
花井はまだ息があった。彼の安全も確保しなければならない。その為にも、麻生を大人しくさせるべきだったのだが……
「……ふざけんな……周防はずっとお前と一緒だったから……死んでも! 何でも分かってくれるってのか!?」
嫉妬。サラがそう直感する程に人間の負の感情を剥き出しにして、麻生は叫ぶ。
極限の状況。友達が、そして恋人が無残に散っていく中で、ついに麻生は限界を迎えたのだと、サラは悟った。
彼は被害者だ。サラは分かっているが、硝煙立ちのぼるUZI片手に叫ぶ麻生を、周囲はそう思ってはくれないだろう。
「麻生先輩、もうやめて下さい! そんな事したって、もう誰も帰ってはこないんですよ!?」
逆効果になるかもしれないと思いつつ、サラは叫ぶ。彼を助けられなかった無念が、それでも助けたいと願う心が、彼女を動かす。
「田中先輩だって、永山先輩だって! ……周防先輩だって、そんな事望んでません!」
涙で彼の顔がかすみながら、それでもサラは訴える。
もっとも、彼の表情すら判別出来ぬほどに、今のサラの視界は涙でぐしゃぐしゃになっていたが……
「……じゃあ、俺はどうすればいいんだよ!? 今更どうしろって言うんだよ!?」
ようやく彼はサラに弱みをぶつけるが、それも倒れた花井にUZIを向けながらの事だった。
やめて! サラがそう叫ぶ直前、乾いた銃声が響き渡る。
気付くと麻生はUZIを落とし、右腕を押さえ苦しんでいた。そしてその後ろには、ベレッタを構えた三原がいた。
「サラちゃん、八雲ちゃん! ……花井君を、早く!」
涙を浮かべ、サバイバルゲームで習ったのであろうお手本のような射撃姿勢の三原が叫ぶ。
今まで一緒に行動していた仲間を、凶行に走った麻生を撃つ事に、きっと躊躇いもあったのだろう。
だが、彼女は撃ってくれた。至近距離から、それでも死なないように腕を狙って。
蹲る麻生の前で、サラは八雲と共に花井を二人掛かりで肩を貸して立ち上がらせる。
花井自身も足に力を入れてくれていたようだったが、それでも大柄な彼を華奢な女子二人で動かすのはかなりの重労働だ。
花井の血が次々と制服に付くが、サラも八雲も気にせず進んでいく。
そんな中、再び無数の銃声が響く。サラが慌てて振り返ると、血の滴る右手を無視し、左手でUZIを放つ麻生が居た。
三原が慌ててその場を離れ、木の裏に隠れる。怪我をした状態から撃ったせいか、三原に当たった様子はないようだった。
が、すぐに麻生はこちらに振り返る。脂汗を浮かべ、もはや完全に闇に落ちた目が、サラ……いや、彼女に担がれた花井に向けられる。
「やめて……」
その姿が悲しくて、サラは大粒の涙を浮かべた。だが、彼は全くそれに反応してはくれなかった。
すると、再び響いた銃声。木の裏から半身になり、三原が撃ったものだった。
麻生のすぐ横の地面に一瞬土埃が上がる。恐らく三原が外してくれたのだろう。
続けざまに三原が撃つ。今度はどこを狙ったのかは定かではないが、少なくとも麻生も、サラ達も怪我はなかった。
それに応じるかのように、麻生はUZIを斉射する。銃声に掻き消され、三原がどうなったのかすら確認できなかった。

345 :Collapse:2006/12/25(月) 13:03:15 ID:M+69EzMD
だが、三原が麻生を引きつけてくれたお陰で、サラと八雲は花井を大きな木の裏にまで運ぶ事ができた。
これなら、あの場から麻生に撃たれてもまず銃弾が届く事はないだろう。
背後では散発的に銃声が響いている。まだ三原と麻生が撃ち合っているのだろう。
安全を確保したら、次は止めなければならない。闇でもがく麻生を。
「……す、まん……八雲君、サラ君……麻生を、止めてやってくれ……」
もはやろくに身動きすら取れないのだろう。花井は肩で息をしながら、二人に懇願する。
例え自分を殺しても、きっと麻生はもう戻れなくなる。花井もまた、サラと同じ結論を導き出していたのだろう。
「……それに、僕の傍に居ては、君達も危ないんだ……どちらにせよ、ここからは離れてくれ」
こんな状況でもなお他者を心配する花井の姿に、サラは決心を固めた。自分の身に何があろうと、麻生を助ける事を。
「……八雲、できるだけ私達も違う方向に行って、少しでも花井先輩から注意を逸らそう」
「でも、このままじゃ……」
八雲はいつしか涙を流していた。花井の負った傷の深刻さを、理解していたのだろう。
「……行ってくれ、八雲君。ここより、もっと安全な場所に。それに、僕はまだ死なないさ」
口元から血を流し、それでも花井は微笑みかける。その悲壮な覚悟は、ようやく八雲の心にも届いたようだった。
「行こう、八雲! ……花井先輩、必ず戻りますから。麻生先輩も連れて……皆で!」
「花井先輩……」
二人の少女は涙を堪え、茂みを横切り麻生が見える木の裏にまで走った。
丁度麻生の左側に位置する場所だ。見ると、麻生は今も左手でUZIを構えている。
三原が撃った際に、少しだけ撃って返す。最初に比べ、彼は弾薬を節約しようとしていたようだった。
元より冷静な麻生である。思考だけが変わって敵となれば、これほど恐ろしい者はいない。
三原の時間稼ぎも限界を迎えようとしていた。麻生による的確な反撃の跡は、彼女が隠れている木に現れている。
三原が半身になって乗り出していた部分のあちこちに銃弾の跡が刻まれ、そして……
「ぎゃああ!!」
ついに、三原の絶叫が響き渡った。麻生の反撃が命中してしまったのだろう。
どこに当たったかは分からないが、その悲痛な叫びはサラの心をズタズタに引き裂いた。
「サ、ラ……」
彼女の後ろで、八雲が悲しそうな視線を向けてくる。一体、彼をどうすればいいのか。
止まってくれなかった。言葉が届かなかった。過去と全く同じ。あまりにも無力な自分。
それを変えたかった。皆を助けたかった。……そして気付けば、たった一日で半分が死んでしまった。
麻生の傍にいたからこそ紛らわす事ができた、サラの苦しみ。彼女はここに来て、それを一気に自覚していく。
そして、彼女は気付いた。自分も麻生と同じだったのだ。お互いが傍にいながら、気付いてあげられず、助けてあげられなかった。
しかし彼女の心を覆ったのは闇ではなく……麻生を助けたいという、ただそれだけの想いだった。

346 :Collapse:2006/12/25(月) 13:05:28 ID:M+69EzMD
 気付けば、麻生は三度花井が居た方角を睨んでいた。
だが、花井はサラと八雲が若干違う方向に移動させているので、彼の視線の先には花井はいない。
とはいえ麻生は右腕以外は健在だ。彼なら、さほど苦労せずに花井を見つけ出せるだろう。
そして、無防備で瀕死の状態である花井を相手に、きっと容赦なく――
ふと、ガサガサという音がサラ達と反対側の茂みから響いた。サラよりも早くそれに反応した麻生が、すかさず銃撃を見舞う。
そこからは、一匹の黒猫が飛び出していった。
「伊織……!」
八雲達を見つけた時に黒猫が横切って行ったが、あれが八雲の猫、伊織だという事にサラは驚いた。
彼女の猫が今までどこにいたのかは分からない。銃声に逃げ惑い、今も怯えて行動した結果なのかもしれない。
だが、それはサラにとっては好機だった。これで、即座に花井の捜索に移られる事はなくなっただろう。
そして、他の場所に注意を向けた麻生に、説得を試みる最後の好機だ。

「……八雲、これをお願い」
サラは、八雲に自分のリュックを託した。八雲は当然戸惑い、受け取りを拒絶する。
「どうして? なんで渡すの?」
八雲は怯えていた。そして、明らかに拒んでいた。今のサラの決意が、伝わっていたのだろう。
「……大丈夫だよ、ちゃんと戻ってくるから。……麻生先輩も、きっと」
リュックを、そしてボウガンを置き去りにして、サラは麻生に向かい走っていく。
慌てて呼び止める八雲の声を背に、サラはただ麻生を見つめて走る。

――麻生は、もう戻れない。それはサラが誰よりも分かっていた。
彼を凶行に走らせたのは、多くの友達に続いて、周防を失った悲しみ。そして、周防にとって大きな存在である、花井だった。
特に、花井と自分を比べてしまったのだろう。周防の死を乗り越えた花井と、周防の死に心のバランスを崩した自分を……
花井の真っ直ぐな言葉は、壊れかけた麻生の心に止めを刺したのだ。
それにサラは詳しくは知らないが、麻生は花井に何らかの嫉妬をしているようだった。
周防という人物を想う上で、彼女と強い絆で結ばれていた花井の存在は、麻生にとっては一種のコンプレックスだったのかもしれない。
それら負の感情が、ここに来て爆発した。そして、もう後戻りは出来ないのだ。
花井を撃ってしまった。三原も撃ってしまった。今更彼が皆の輪の中に加われる筈が無い。
それでも。サラは彼を止めたかった。これ以上、過ちを繰り返して欲しくなかった。
言葉が届かないかもしれない。例え彼の手を握っても、彼をきつく抱きしめても、だめかもしれない。
何より、そうする前に自分が撃たれるかもしれない。それでも、サラにはこのまま黙って逃げ出す事は出来なかった。
自分はどうなってもいい。その決意はもう揺るがない。
そして八雲を、花井を、三原を……何より、麻生を助けたかったから――

347 :Collapse:2006/12/25(月) 13:07:03 ID:M+69EzMD
「麻生先輩!」
八雲の抑止を振り切り、サラは飛び出していった。瞬間、憎悪よりも驚きに染まった麻生がこちらを振り向く。
そして、麻生の左腕に握られたUZIから無数の銃弾が放たれた。
それはサラの腕に、足に、体に直撃していく。サラの視界は、一瞬で地面へと突き刺さった。

叶わなかった。届かなかった。手も、言葉さえも。
間近に地面を捉え、サラは痛みと無念の涙をこぼす。
だが、同時にこれで良かったのだとも考える。あの場で、八雲が傍にいながら叫んでいたら、彼女まで銃撃に巻き込まれたかもしれないのだから。
死ぬなら、自分だけでいい。ただ、せめて少しでも彼が止まってくれさえすれば……
「……サ、ラ?」
と、地面に膝をつく音が聞こえた。そして、自分の名を呆然と呼ぶ麻生の声も。
八雲の悲鳴も聞こえている。だがそれ以上に、サラには彼の立てる僅かな物音の方がよく聞こえていた。
そしてそれは、とても深い悲しみと後悔が生み出す物である事も、はっきりと伝わっていた。
「……俺は、何を……!」
初めて聞いた、麻生の嗚咽。ここに来て、ようやく彼は自分に全てをぶつけてくれたのだとサラは微笑む。
「ぜん、ぱ……」
もはや喋れない。顔を上げる事すらできない。手を、伸ばす事さえできない。
抱きしめてあげられない。それでも、サラは満足だった。自分の声が届いた事が、ただ嬉しかった。
と、急に視界が空に向く。麻生が、抱き起こしてくれたのだろう。
「サラ、俺は……!」
涙をこぼし、麻生はサラの頭を膝に乗せる。
サラはついぞ何も返せなかったが、それでもよかった。
麻生の目に、少なくとも今は負の感情は宿っていない。ただ、それが確認できただけで。
(神様、最後に私に目を残してくれて、ありがとうございます……)
涙を浮かべ、サラは瞳を閉じる。麻生の悲鳴にも似た叫び声すら、サラにはさながら聖歌のように聞こえていた。
(や、くも。ごめんね……つよくいきてね)
最後に、心残りだった親友を想い、サラ・アディエマスは二度目のゲームでその命を散らせていった。

348 :Collapse:2006/12/25(月) 13:08:41 ID:M+69EzMD
「あ、あ、あああああああああ……!」
麻生の後悔の涙が、叫びが、周囲を支配していく。
いつしか左手を押さえて出てきた三原も、涙を浮かべていた。
もちろん、八雲が泣かない筈がない。大切な親友が、目の前で死んでしまったのだから。
理不尽に、死んでしまったのだから。
狂った男によって、殺されたのだから。
身勝手な男が、殺したのだから。
姉と同じように、銃で殺したのだから。
人殺し
何で殺した
何 で 殺 し た

いつしか、八雲はサラが遺したボウガンから矢を一本取り出した。
天満の遺したそれと違い、先端が恐ろしく鋭利な物だ。
何の躊躇いも無く足元に置いていた自身の弓を取り、絃を引き絞る。
先ほど花井の前でやって見せた時より距離は短く、矢はより飛びやすい物だ。
まして、的は時折上下に動くだけの黒くて丸い物体。射るには何の問題もなかった。
風を切る音が一瞬立つと、いつの間にか麻生は倒れてしまっていた。
眉間に、矢を突き刺した状態で。

三原の悲鳴が上がる。それを聞いて、八雲はふいに意識を取り戻した。
弓を片手に、妙な疲労感が右腕に残っている。そして、その先には……
八雲は、自分がしでかした事に気付いた。……麻生を、射てしまったのだ。
確かに彼はサラを殺した。花井や三原を撃った。だからといって、射てしまったというのか。

――当然。だってあの人は人殺しだから。

弓を落とし、膝をつき、両手で頭を覆って八雲は首を振る。自分は何という事をしてしまったのか。

――許してはだめ。サラは友達でしょう?

悪魔が、また自分に囁き始める。……いや、すでに先ほど乗っ取られたのだ。自らの体を。

――ほら、次は姉さんの仇も討たないと。サラの想いを無駄にしちゃダメだよ

違う。サラはそんなつもりで荷物を自分に預けたんじゃない。
その事に気付くと、八雲は更に大声で泣き叫ぶ。彼女は麻生を助けたかった。
そして、彼女は死んだが、代わりに麻生の心は戻ってきた筈だった。
声を上げて泣いて、彼が後悔していたのは間違いなかった。なのに、自分は。

――ダメだよ、サラの、姉さんの死を無駄にしちゃ

今度は、八雲の絶叫が周囲を支配した。

349 :Collapse:2006/12/25(月) 13:12:40 ID:M+69EzMD
 目の前の出来事を、三原は理解出来ずにいた。
三原は花井達が逃げるまでの時間を稼ごうと、ベレッタでまずUZIを持つ麻生の右腕を撃った。
サバイバルゲームで正しい射撃姿勢は習ったし、何より距離が短かったので外す事はなかった。
その後はひたすら彼に当たらないように撃ち続けた。ただ、注意をこちらに向ける為に。
だが、そのうち麻生の銃弾が左掌に当たってしまった。今はハンカチを当てたが、本当に応急処置に過ぎない。
そして、気付けばサラが麻生に向かって走っており、それに対し麻生は彼女を撃ってしまっていた。
自分の手当てなどせず撃ち続ければと悔やんだが、そんな事を考えても手遅れだ。
しかし麻生は彼女の死に泣き崩れた。ようやく、彼は落ち着いたのだ。
姿を現し、彼女の死を悼むのは今しかないと思っていた。そして、麻生を完全に落ち着かせるべきだと思っていた……なのに。
八雲が矢を放ち、麻生は死んだ。そして今、八雲は泣き叫んでいる。
再会して抱き合って喜んでいた程だ。八雲とサラは大切な友達同士だったのだろう。
だが、八雲は殺してしまった。その親友が誰よりも心配していた先輩を。
「……八雲ちゃん、泣かないで。あなたが撃たなくても、私が撃っていたから」
心の片隅にも無い事を三原は口にする。そうでもせねば、八雲までどうかしてしまうと思ったからだ。
すでにかなり錯乱しているようだが、それでも落ち着かせなければならない。
確かに麻生は取り返しがつかない事をしてしまった。あのまま落ち着かせたとして、彼は自分で命を絶ったかもしれない。
その事を伝え、三原はなおも泣き叫ぶ八雲を必死になだめた。

しかし八雲の泣き声は、そして今まで響き続けた、自分に向けられ続けた銃声は、確実に三原の心をも蝕んでいた。
親友の冴子、思い人の今鳥が次々と死に、それでも田中やサラ達の思いを知った彼女は、一度は壊れかけた心を立て直した。
だが、本来なら四度目の放送で再びそれが崩壊しかけたのも事実だった。
ララ、天満……この島で出会った大切な仲間が、先に他の仲間を探さんと別れた二人が、揃って死んでしまったのだから。
彼女のショックはとてつもないものだ。だが、そんな彼女を支えたのは……皮肉にも、それ以上の衝撃を受けていた麻生だった。
自分よりも悪い状態の人間がいた事で、またそれを気遣う事で、何とか三原は踏みとどまっていた。
そしてそれは、現在も同じだ。だが、かけられた負荷があまりにも大きすぎた。
「……八雲ちゃん、花井君の所に行こう? 彼、今どこにいるの?」
花井と聞き、八雲は肩を震わせる。彼の状態が思わしくない事は、素人の彼女達にも十分に分かる事だ。
恐らくダメだろう。壊れかける心を動かし、三原は八雲を連れて歩く。
全身を血に染めて横たわる花井を見つけるのに、そう時間はかからなかった。

350 :Collapse:2006/12/25(月) 13:13:59 ID:M+69EzMD
「花井、君?」
普段の覇気が嘘のように、仰向けに寝せられた花井からは血の気が感じられなかった。
それを見るや、八雲は三原の後ろで膝をつく。そして、再び嗚咽を漏らし始めてしまった。
「……やくもくんか?」
しかし、花井はまだ生きていた。いつしか三原からも涙が零れ落ちる。
「八雲ちゃん、花井君が……花井君、分かる? 三原だよ!」
「……ああ、やくもくん……ぶじでよかった」
三原が花井の手を握っても、声を出しても、どうやら花井は三原を八雲と認識していたようだった。
今の八雲に手を握ったり話をする余裕はないだろうと考え、三原は演技を続ける事にする。
「そう、だ……あそうは……さらくんは……」
「……大丈夫だよ、今、二人で抱き合ってて……見てるこっちが恥ずかしいから、置いてきちゃった」
さらに涙が加速したが、三原は嘘を貫き通す事にした。心の痛みも、自身の悲しみも隠して。
「まったく、ひとさわがせな……やつだな……」
虫の息と呼ぶに相応しい花井が、笑ってみせる。いつもの豪快なものではなく、弱弱しいものだったが……
「……やくもくん、もういっかい……てをにぎってくれないか?」
今度は、本物だ。涙を拭き、三原と入れ替わった八雲はまだ涙に濡れた手を差し伸べ、花井の左手を握り締める。
彼の手の冷たさに驚いたようだ。先ほど三原も味わっているので、それはよく分かる。
「……ありがとう」
不意に、花井の呼吸が弱まっていく。最期を迎えようとしている事が、すぐに二人に伝わった。
「花井君、死んじゃだめ!」
「花井先輩!」
少女達の絶叫が何度でも響く。しかし、彼の呼吸は更に弱まっていくばかりだ。
「……ミコちゃん、ぼくは……」
そう言って、僅かに花井の口元が緩む。そして、二度と彼が口を開く事はなかった。

351 :Collapse:2006/12/25(月) 13:15:07 ID:M+69EzMD
 再び八雲が泣き始め、僅かでもまともな思考を……少なくとも、この中でそれを持つ人間は三原一人となった。
八雲は麻生を殺したが、かといってやむを得ない面が多々ある。それを責める事はできない。
だが、麻生が被害者である事も、同行していた三原は知っていた。
……むしろ、麻生は彼らに出会えなかった自分の姿のようにすら思えていた。
大切な人を失い、怒りが、人の内の負の感情が爆発して起こした凶行。
あれはまさに、今鳥の死を知り、ベレッタを握り締めて走っていた自分の末路だったのかもしれないのだ。
やり場の無い思いが、三原の心をより痛めつけていく。
それでも三原の思考がどうにか機能していたのは、やはり八雲がいたからだろう。
自分よりも更に弱く危険な存在。彼女がいるからこそ、今の三原は他者を気遣うという事で心の平衡を保とうとする事ができるのだ。

とはいえ、これからどうすればいいのか。三原は行く末を案じる他ない。
麻生が言っていた分校跡を目指すのか? だが、彼がいないのだから目的が分からないままだ。
その前に、彼らの遺体を埋葬したい。だが、八雲と自分の二人だけで、三人分をどうにかする事ができるのだろうか?
そもそも、八雲にどう対処すればいいのかが、三原には全く分からなかった。
「……八雲ちゃん」
花井の傍でなおも泣き続ける八雲への距離は遠い。手が届く場所なのに、まるではるか地平線の彼方にいるようだ。

いつしか日も随分沈み、林の中は赤々としてきていた。
泣き続ける八雲と、彼女をただ悲しげに見つめる三原の事を、伊織は距離を置いて眺めていた。

352 :Collapse:2006/12/25(月) 13:15:57 ID:M+69EzMD
【午後:17〜18時】

【現在位置:H-03】

【三原梢】
[状態]:左掌に銃創(応急処置済み)、極度の精神的疲労、この先を悲観
[道具]:支給品一式(食料2、水3) ベレッタM92(残弾9発) 9ミリ弾198発 エチケットブラシ(鏡付き)
[行動方針] :この場をどうにかしたいが…
[備考] :ハリーを警戒。結城が心配。
     播磨が天王寺、吉田山を殺し刃物を所持していると思っています。

【塚本八雲】
[状態]:極度の精神不安定状態、血まみれ、号泣
[道具]:支給品一式*2(食料3、水6)、(弓矢20本、全てゴム。ただし弓はしっかりしてるので普通の矢があれば凶器) 、ドジビロンストラップ
      壊れたボウガン(M-1600、現在一本装填) ボウガンの矢3本(サラのリュックの中) アクション12×50CF(双眼鏡)
[行動方針]:不明
[備考]:所持している荷物を天満の形見と認識。弓使用可だが精度に難あり。反主催までは思考の外

【サラ・アディエマス:死亡】

【麻生広義:死亡】

【花井春樹:死亡】

――残り13名

※麻生、花井の荷物はそれぞれの手元にあります。サラの荷物は八雲が持っています。
 UZI(サブマシンガン) 9mmパラベラム弾(1発)

353 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/12/25(月) 13:17:48 ID:zge2Dake
即リレーにしちゃよく頑張ったな、乙

354 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/12/25(月) 13:22:53 ID:5tNYLL0d
文章から見て、たぶんDefectの人だな。
誤字とかあったら修正しなきゃならんから、棄て鳥でもつけといたほうがいいぜ。

んでGJ!
……予想はしていたが、なるほどとっても凄惨だな。
ここにきてマーダーの総入れ替えが始まった感じだ。
サラのリピーター設定も、死に際で生かされてよかったよ。

355 : ◆cx94bMr2cU :2006/12/25(月) 13:24:47 ID:M+69EzMD
念のために鳥を付けておきます

356 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/12/25(月) 13:30:04 ID:Cj6/8nJm
乙!!

思いきった展開だな……
ハラミ日記もこれで終りか。

そして姐さん万々歳orz
正体を知るのは日本刀組だけという事実……

357 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/12/25(月) 13:30:32 ID:4EHySQoZ
>>352
乙です
つかマジッすか!?
花井と麻生を殺すのにはすごい度胸がいったと思う
そこはすごいGJ
しかし荒れそうだ。それにしてもどうなるスクロワ!?

358 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/12/25(月) 13:32:49 ID:BHQ9FJnx
なんかどんどこ死んでくね、最近。
男子が播磨・烏丸・西本・奈良・オカッパの5人になっちゃった。




おかっぱ大丈夫かな・・・。

359 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/12/25(月) 13:35:53 ID:5tNYLL0d
荒れはしない。別に、問題作でもないし。

そうか◆cx94bMr2cU氏だったか。
もしかしてDefect書いたのもアナタですか? 
今見直したら、たまに1マス空いている改行が特徴的だからそう思ったのだけれど。

360 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/12/25(月) 13:47:39 ID:zge2Dake
トリをざっと見たら「invite..」.や「壊」を書いた人なのね。なるほど、急展開の鬼かw

361 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/12/25(月) 14:09:54 ID:uhPe2wYk
>>352乙!!でも強いて言うなら最初の方の文章が冗長としてる気がする
Defectの時も山場は読ませる良い文章だからそれ以外は簡潔にした方がいいと思う

362 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/12/25(月) 14:10:56 ID:hNLKk0XA
乙です
息をつく間もない急展開にハラハラさせて頂きました
三原が八雲の代わりに花井の手を握ったのは良かったなあ
三原やっぱり良い子だよ三原!

そして麻生・サラ・花井が退場ですか
麻生&花井組VS高野組を妄想してたりしてましたが
惜しいがこれもロワの宿命ですな。彼らの死が残された二人に何を残すか……

363 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/12/25(月) 14:11:03 ID:708bRqme
優勝候補が一気に脱落して、オカッパ優勝ENDが現実味を帯びてきたな

364 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/12/25(月) 14:14:23 ID:BHQ9FJnx
>>362
そういえば、高野は花井のことが好きだったよね。

365 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/12/25(月) 14:24:51 ID:sd4nGoo4
>>364
kwsk

366 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/12/25(月) 14:29:58 ID:hNLKk0XA
>>364>>365
好きでは無いが、よくからかってた玩具的な存在だな
いなくなって砂漠の砂の一粒ぐらい程寂しいんじゃないか?
まあその前に麻生が死んだことで
「計 算 ど う り !」
とニヤニヤ歓喜する方が強いだろうがなw

367 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/12/25(月) 14:34:14 ID:BHQ9FJnx
姐さんの頭の中に麻生なんて、遥か記憶の彼方に消えていそうだがな・・・。

368 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/12/25(月) 14:41:27 ID:x4tuSJn0
その割には下僕に囲まれたお陰で展開ゆるやかだがなw

369 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/12/25(月) 14:41:44 ID:M+69EzMD
>>352
三原の備考に
・盗聴器に気づいています。
を追加します。
>>359
そうです。改行は無意識にやっていたので気付きませんでした。
>>361
アドバイスありがとうございます。冗長になりがちだとは昔から自覚していたので、参考にさせて頂きます。

370 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/12/25(月) 15:07:05 ID:EOhcx1yX
>>352
乙です!!
感情の流れとか花井の最期とかホント良かったです

ただ、ボウガンについて問題があるかも
【白昼夢】の
>壊れていたボウガンは、修理してサラちゃんに返しました。
>とはいっても、切れた弦は目立たないように繋いだけど、実用には耐えられそうもないので、たぶん威嚇用にしかなりませんが……
がボウガン修理の描写なので、ちょっとまずいのでは?

371 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/12/25(月) 15:12:18 ID:kJcRrz5A
>実用には耐えられ「そうも」ないので、「たぶん」威嚇用にしかなりませんが
だからおkおk
でいいじゃん

372 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/12/25(月) 15:15:11 ID:M+69EzMD
>>370
>>371
八雲は自分の弓(天満が持っていたやつ)で矢を放ちました。

373 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/12/25(月) 15:15:21 ID:zUrlZa7S
GJ!!八雲マーダ―化でいよいよVS沢近が現実のものに?

374 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/12/25(月) 15:18:46 ID:EOhcx1yX
>>372
ほんとだ・・・・・・失礼しました
完全に脳内変換されてました

375 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/12/25(月) 15:23:54 ID:O+KKJ7yN
八雲対沢近か。かなり見たい戦いではある
それよりも播磨対花井が見たかった俺としては悲しい結果に…まぁ花井対麻生が見れたからいいけど
やっぱどうにかして播磨対烏丸は見たいね

376 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/12/25(月) 15:28:40 ID:BHQ9FJnx
前半の7本の間で7人も死んだな。

377 :心の動き:2006/12/25(月) 15:46:58 ID:uhPe2wYk
八雲は辛かった
人を殺して生きれるほど自分は強くないし、大切な人の死をこれだけ見てこころを保ってられる自信がないからだ
いや、こころはげんにさっき壊れてしまった…
私はこれからどうすればいいのだろう
死んで姉さんに会いに行くのもいいけど、そんな事をしたら花井先輩やサラに怒られてしまう…
何で花井先輩は私を自由にしてくれないの?何でサラは私に生きろと言うの?
私はもう疲れたのに… 木々のざわめきが隣にいる先輩の声を消してくれるのがありがたがった
だってこれ以上勝手な事を言われたら私には耐えられそうにないから…

378 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/12/25(月) 15:49:46 ID:uhPe2wYk
こんにちは、三原です
こんな時に日記を書いている場合かと自分で思いますが書きます
そうしないと自分が壊れるかもしれないので…
麻生くんが私達に会った花井くん達を撃ちました
私は最初は信じられない気持ちでいっぱいでしたが今なら理由が分かります
大切な人が死にその大切な人の事を自分より知ってる人が見殺しにしたとしたら私も恨むでしょう
その恨みに麻生くんは耐えられなかっのだと思う
でも何があっても人を撃つのはいけない
そんな事をしたら罰せられるに決まってる
げんに八雲ちゃんがボウガンを撃った


379 :心の動き:2006/12/25(月) 15:51:44 ID:uhPe2wYk
これで麻生くんは罰せられたのだろう
じゃあ八雲ちゃんを罰する人はいるのだろうか?それ以前に罰せられるべきなのだろうか?
………
…あっ!八雲ちゃんがきたので日記はやめます、これが最後でないように…

泣くのに疲れて三原先輩のところに行くと何かを隠した気がするが私は気にしない事にした
もしそれが銃だとしても私は殺されるべき人間なのだから後悔はしないし…
そんな事を考えながら三原先輩のそばに行ったら、話かけられた
「これからどうする?」


380 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/12/25(月) 15:53:03 ID:uhPe2wYk
……たった8文字だけれど私はそれに対しての答えに何百文字も要さなきゃいけない気がした
これからどうする?…
分からない…私は人を殺してしまったのだから生きる資格などすでにない人間だ
かといって死んだら花井先輩やサラにしかられる
生きていても死んでもダメなのだからどうすればいいのだろう?
私は逆に聞いてみることにした
「私は生きていていいと思いますか?」

三原は驚いた
まさか自分の質問に質問をぶつけられるとは思わなかったからだ
私は答えに詰まってしまった
花井くんやサラちゃんなら生きろと言うだろう


381 :心の動き:2006/12/25(月) 15:54:26 ID:uhPe2wYk
しかし私にはそんな無責任な事を言う勇気はなかった…
花井くんの気持ちを汲んでも麻生くんの気持ちを汲んでも裏切りになる気がした
この娘の答えは私では出せない…
自分で出してほしい…
だから私は助言しか言えない…
「私にはどうとも言えない…、でも花井くん達は何て思いながら死んだのだと思う?」

八雲はショックを受けた…
今まで会ってきた人は皆自分に優しい声をかけてくれたからだ
だからこの先輩も自分に優しい事を言ってくれるとこころのどっかで思っていた


382 :心の動き:2006/12/25(月) 15:57:56 ID:uhPe2wYk
なのに分からないと言われてしまった… この先輩は自分で答えを出せと言っているのだ…
花井先輩は生きろ… サラは生きろ… 姉さんも生きろ…と締め付けるなら私は当然生きなきゃいけない
でも生きようとしようとすると悪魔の声が聞こえてくる
―お前は人を殺したんだ死ぬべき人間だ死ね死ね死ね………―
私のこころはもう限界にきていた…

「八雲ちゃん!?」
三原は倒れた八雲を抱き上げた
「大丈夫!?」
自分の答えでこの娘を苦しめてしまったのに今気がついた
何で慰められなかったのだろう?


383 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/12/25(月) 15:59:17 ID:uhPe2wYk
そんな自分が分からない…、自分は正しい事をしていたのだろうか?
とりあえず今はこの娘を休ませてあげよう、別に外傷もないし…

先輩が私を抱き寄せてる?そうか…私は倒れてしまったんだ
今は少し寝よう… 寝て起きたら答えが出ている気がする………









384 :心の動き:2006/12/25(月) 16:04:06 ID:uhPe2wYk
【現在位置:H-03】

【三原梢】
[状態]:左掌に銃創(応急処置済み)、極度の精神的疲労、この先を悲観、自己嫌悪
[道具]:支給品一式(食料2、水3) ベレッタM92(残弾9発) 9ミリ弾198発 エチケットブラシ(鏡付き)
[行動方針] :この場をどうにかしたいが…
[備考] :ハリーを警戒。結城が心配。
     播磨が天王寺、吉田山を殺し刃物を所持していると思っています。

【塚本八雲】
[状態]:精神衰弱、疲労のため睡眠
[道具]:支給品一式*2(食料3、水6)、(弓矢20本、全てゴム。ただし弓はしっかりしてるので普通の矢があれば凶器) 、ドジビロンストラップ
      壊れたボウガン(M-1600、現在一本装填) ボウガンの矢3本(サラのリュックの中) アクション12×50CF(双眼鏡)
[行動方針]:起きたらどうしよう…
[備考]:所持している荷物を天満の形見と認識。弓使用可だが精度に難あり。反主催までは思考の外



385 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/12/25(月) 16:09:09 ID:BHQ9FJnx
>>384
乙カレリン。

凄いアシストだ。
ところでハラミは本当に日記を書いていたんだ・・・。

386 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/12/25(月) 16:10:00 ID:uhPe2wYk
すいません、携帯から即リレーです…
携帯からなのでみにくいと思います
初リレーですのでだめなら破棄して下さい
>>369
すいません、勝手な事を言って… 自分もこの程度の長さと内容しか書けないので言う資格はないと思いました


387 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/12/25(月) 16:18:44 ID:O+KKJ7yN
乙です
悪魔の囁きマジ恐いな
八雲の運命握りまくりなんだが
イチさんにはそういうネガティブなのが聞こえてないといいけど

388 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/12/25(月) 16:54:41 ID:sjpXZJ8X
一日空いたら話が進みまくって驚いた。

花井逝ったか…。今の袴コンビがなかなか気に入ってたのでショックだ。
今後の八雲は書き手しだいだな。暗黒化するのもありだろうし、花井、サラの反主催を受け継ぐのもいいだろうし。
どっち来てもオレは納得するぞ。

389 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/12/25(月) 17:31:26 ID:UT7W1aBo
作者さん乙
花井、八雲、麻生、サラ、三原がここにきて一気に登場そして退場したわけか。

八雲は本当に精神的にもろくなってきたな…さすがに臨海間近のようだ
三原も本当は辛いんだろうけど他人の辛さと比較しながら自分をなんとか支えている…
そんな感じか。つか八雲に何かあったら…この二人は死ぬときは一緒かもしれんな

390 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/12/25(月) 17:32:52 ID:0wY3rt2N
怒涛の展開が続くなかで、投下がこない姐さん一行。

391 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/12/25(月) 17:37:28 ID:hUhYb1E8
>>332 >>352 >>384
乙です!
すばらしいリレーでした!

囮になるとはかなり度胸があるな三原。。よくぞあそこで麻生を撃った
八雲はとうとう人を殺してしまったか…これからどう転ぶか…

それにしてもすごい展開に圧倒されたぜ


392 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/12/25(月) 18:01:38 ID:UT7W1aBo
◆7ILEob33QI氏
→12/24(日) 09:51:30  高野、岡、雪野予約
→12/24(日) 09:53:29  予約延長申請
→12/25(月) 09:53:29  期限終了

期限はきれたが投下は可能。
ただし優先権はないのでそれまでに他の作家さんが投下するのも可。

393 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/12/25(月) 18:45:06 ID:nC+iwkRG
今回の三原日記、ハガキ職人みたいなシメだったな

とりあえず御三方とも乙でした

394 : ◆7ILEob33QI :2006/12/25(月) 19:03:54 ID:vBHfyQYK
遅筆ですみません。予約権は切れましたが現在修正中なのでがんばって早く投下します。

395 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/12/25(月) 19:15:46 ID:ONHK/WgC
じゃあ投下まで別の話題を提供するか。
今回、結構死人が多いんだけどさ、ハネダメには誰に出て欲しい?

396 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/12/25(月) 19:21:11 ID:rzWiANOY
>>395
SM

397 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/12/25(月) 19:21:28 ID:BHQ9FJnx
ハリー。

398 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/12/25(月) 19:22:16 ID:Yzca0htc
ある意味最悪の結末を迎えたつむぎとある意味最高の結末を迎えたおキヌ。
この二人に出て欲しい。

399 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/12/25(月) 19:42:08 ID:q8/KgigD
ますます晶ラスボスが現実味を帯びてきたな。
発狂麻生もすぐ死んだし
シングルの一条のこれからの行動と、奈良がどこに攻撃するかってのがキーになりそう。
先が読めなくて面白いです

400 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/12/25(月) 19:46:23 ID:2s0SBblm
てか対遂に播磨のことを勘違いしている三原とヤクモンが出会ってしまった・・・・・。
どうする作者さんよ。

401 : ◆GEIGwDl3Ms :2006/12/25(月) 19:52:40 ID:XfJOBlrR
>>332さん>>352さん>>384さん
乙でした。

私の願った結末とは違ってしまいましたが、そこには確かに一つの物語の終わりがあって
それを見届けられたことを今はよかったと思います。
最後に麻生とサラの心が通じたことで私も救われました。
キャラクターの所有意識とかそういうことではなくて、好きなキャラの一ファンとしてお礼を言いたいです。
本当にありがとうございました。



>>皆さんへ
分校のフラグについてですが、麻生が探そうとしていたものは防空壕自体とは直接の関係はありません。
学校などの広域避難所にならあっても決しておかしくないものですよ。
この発想は私が全作品を通じて唯一自信のあるギミックです。
バッテリーや医薬品と比べてもそこに残されていて不自然でないもの……脱出派の書き手さんならお気づきになるかもしれませんね。


――さて、と。
この先の展開を見守る意味もなくなりましたので私はこの企画を離れます。
いろいろとご迷惑ばかりお掛けしてしまってすみませんでした。
黙って行くのが最後のマナーと思いつつも、一言ご挨拶がしたくて書き込みました。
本当に皆さんには最後の最後まで疫病神でしかなかったですね。
でも、短い間でしたが私は結構楽しかったです。
もう二度とお会いすることはありませんが、この企画が成功することをどこかで祈っていますね。
皆さん、本当にお世話になりました。
それでは、さよならです。

402 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/12/25(月) 19:59:02 ID:BHQ9FJnx
>>401
           _ __ __ _
        /      `  、
       /  //ハ ハ ハ  ヽ
     ,. -i  i/レ'Ti/  V ヽ  ヽ
    / __〔〕 /. ハ    ハ Vi 〔〕⌒ヽ    バイバイ!
     レ'⌒ヽY   t_ノ     t_ノ il|/' ⌒V
    \  (ハ          リ )
      \ \    「 ̄ノ   イl|   
       \/>ヽ.    _/ l l|
         〈'  〔.>--<.〕i⌒ヽ.l|
         i\/ </ハ. > !  V!
         リ ハ  〈/ i.〉 l  />
            |      |k./ \
            |  /\ ト、 \.  ヽ.
            /7´i l l l i`i´ 〉  `ー '
          7ー‐ァr‐‐イ´
          /ー / .|ー. 1
        _/⌒iーヘ .|__7戸>ー.、
       〔ー‐┴‐'」└-------'


403 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/12/25(月) 20:07:47 ID:Juhs94EN
>この先の展開を見守る意味もなくなりましたので


(゚O゚;)ポカーン…

404 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/12/25(月) 20:10:49 ID:R7fj95zZ
天満可愛いなオイww

この時点で去るって思いっきり
麻生とサラを書きたかっただけですって宣言してるようなもんだな。
去り際に禍根残していくあたり完全に腐女子にしか見えなryゴホッゴホッ
まあ謝罪もあったし責めるつもりはサラサラないけど。

残り13人か…脱出ENDを望むがなかなか糸口が見えないなorz

405 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/12/25(月) 20:34:02 ID:x4UUCtmY
花井が・・・
麻生ごときに見せ場もなくやられたか・・・

ハラミが死ななくて最高に嬉しい反面花井死亡で複雑な俺
それと、

>>401
最後まで後味の悪い奴だなあんた文読んで腹たったわ
スレ汚しやがって死ね

406 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/12/25(月) 20:37:33 ID:BHQ9FJnx
>>405
逆に考えるんだ。

◆GEIGwDl3Ms氏がいなければ、スクロワはここまで注目を浴びることは無かっただろう。

407 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/12/25(月) 20:39:53 ID:zEcmei+z
ここで空気を換えるために脱出案の話でもするか

408 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/12/25(月) 20:40:13 ID:R7fj95zZ
>>406
そんなまさかww

高野、岡、雪野まだー?

409 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/12/25(月) 20:53:20 ID:0wY3rt2N
まあいいじゃないか。
最後までこの企画の目的を勘違いしてたようだが、これで最後なんだから。

それにしても放送前にはホテル周辺が主戦場になるかと思ってたが、そこ以外がこうも地獄絵図になるとはね。

410 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/12/25(月) 20:55:25 ID:zge2Dake
立つ鳥が跡を濁していて吹いた。
面白い冗談だなw

>>384
投下乙。だが、もう少し文章の形をしっかりすべきだと思う。
SSなんだから、最低限句読点や変換はしっかりして欲しいな。

411 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/12/25(月) 21:01:25 ID:MG1taxMm
謝ったかと思ったらアソサラ終わった途端、こうも態度を変えるとは…

もし黒化した八雲が烏丸と出会ったら八雲は殺せるんだろうか?
まぁ黒八雲自体俺の妄想なんだけど

412 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/12/25(月) 21:06:41 ID:Juhs94EN
花井たちが死んだSSの最後に

【GEI氏 逃走】

が見えた

413 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/12/25(月) 21:16:24 ID:Qxn/91UW
怒涛の投下だなー作者さん達乙

でも八雲はここで殺しておいたほうがよかったような気がする
サラと違ってやりたいことも定まっていないし
書き手的には扱いにくいキャラなんじゃないだろうか。
どうなるかは書き手次第といっても、黒化以外不自然だしさ

414 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/12/25(月) 21:16:26 ID:sjpXZJ8X
好きなキャラが死ぬのってホントに悲しいものだな('A`)皆味わってるのだろうけど。
オレも花井は複雑だ…。

花井は幼馴染の死を乗り越えて、他人や大切な人を気にかけて最後まで強く優しい人だった…。反主催の鑑だ。
カッコよく死んだ花井と無様に死んだ麻生との対比もあるか。
これから八雲はどうするのか・・・。八雲が望んだように彼のように強くなれるか、それとも暗黒面に落ちてしまうのか。

415 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/12/25(月) 21:24:32 ID:zEcmei+z
>>414
麻生の死も割りとかっこいいと思うぞ
むしろそういう一キャラの美化発言は痛いから止めといたほうが…

416 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/12/25(月) 21:50:14 ID:Gel5Bar7
>>415
花井はどうでもいいとして、麻生はかっこよくないと思うが…。
錯乱して大切な人殺して、泣いてる時に不意打ちブッサリであぼーんだぞ。
ワースト3くらいのしょぼさだ。

417 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/12/25(月) 21:54:10 ID:BHQ9FJnx
個人的に一番カッコよく死んだ男子は斎藤かな?

次点で田中。

418 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/12/25(月) 21:58:31 ID:5tNYLL0d
>>417

お 前 は 石 山 を 忘 れ て い る !

419 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/12/25(月) 22:00:08 ID:PXV4sMol
死の美学は人それぞれだからな
麻生みたいに必死に死んだ方が良く見える人もいるだろ

俺的には死ぬ直前はそうでもなかったけど死んだ回としてのハリーはカッコよかった
殺戮者としてのハリーと相棒としてのハリーが上手く出てて感動した
死ぬ直前だったら斉藤、田中はかっこよすぎ。石山も地味に良かった

420 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/12/25(月) 22:01:17 ID:BHQ9FJnx
>>417
いやっ、忘れてないよ。

書き込んだ後だけどちゃんと気がついていたさ。

421 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/12/25(月) 22:04:10 ID:PXV4sMol
梅津もそういえば良かったな。早死に過ぎだが
あと最後まで見知らぬ仲間までを信じきって死んだ東郷もある意味カッコよかった

422 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/12/25(月) 22:10:01 ID:QAxaH/ei
413
にぎりが火病るからな
ロワにまで派閥持ち込むなつうの
俺としては作品内での播磨は自己中度高いからお嬢を庇って死ぬとかして漢になってほしい

423 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/12/25(月) 22:11:01 ID:zq6HOlEe
なんだこの急展開wwww
思わず脱糞しそうになったぜ。

御三方とも乙。
>>332から>>352のリレーで、麻生の花井へのコンプレックス
が上手く繋がってるのが良かったな〜
花井の真っ直ぐさが、殺戮の引き金になってしまう不条理さも胸を打ったぜ・・・

にしても、>>352はたった十時間でこれだけのモノ書いたのか?
たいしたもんだぜ・・・


424 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/12/25(月) 22:11:55 ID:EOhcx1yX
似たような氏に方なのに名前が出ない吉田山・・・・・・(つД`)

425 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/12/25(月) 22:15:56 ID:zq6HOlEe
俺も、この麻生の死に方は結構好きだな。

確かに、客観的に見ると、もうどうしようもないくらいダメなんだが、
そのダメさが俺の心を捉えて離さないよ。

麻生がこんな役を任されるとは、これもロワの醍醐味かな。

426 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/12/25(月) 22:16:16 ID:q8/KgigD
まだ生きてるやつだと西本、おかっぱあたりはかっこよく死にそう。

427 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/12/25(月) 22:17:14 ID:O+KKJ7yN
>>424
今さっき見返したんだけど吉田山はそこまでかっこよくないんだよねw
だったら石山のほうが良かった

428 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/12/25(月) 22:18:10 ID:dlG21I+l
すげ・・・ちょっと目を離した隙に凄まじい急展開・・・

429 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/12/25(月) 22:21:41 ID:ncAZtpRK
女子だと死に様がカッコよかったのは誰だろ?

マーダーに果敢にも挑んでいったララ、周防(周防はちょっと弱い部分も見せたけど)。
凶行に走る城戸、麻生をそれぞれ止めようとして逝った嵯峨野、サラ。
最後の最後に改心して、自ら散った冴子。

大体こんなとこかな?

430 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/12/25(月) 22:25:55 ID:O+KKJ7yN
つマサル

431 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/12/25(月) 22:30:31 ID:zZ3Vfy49
ここいらの惨劇の元を辿ると、天満、周防の死が原因だよな
やはり存在は偉大だったか

それにしても死んだのは脱出なり殺しなり心の固まった奴ばっかだな。
下手に動くとってことなら奈良は・・・

432 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/12/25(月) 22:38:15 ID:DWolcq7j
◆7ILEob33QI氏の作品は何時頃完成するんだろう?


433 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/12/25(月) 22:39:00 ID:BHQ9FJnx
>>427
命乞いしてたもんな。

そーいや、どうでもいいけれどG-06が禁止エリアになったら
坊主とメッシュは(´Д⊂

434 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/12/25(月) 22:45:16 ID:jJZNC6TT
内容的には文句ないんだが・・・。
円とイチさんの時間が・・・


今 だ に 午 前 中


なんだが・・・。
しかも予約すら入っていないという状況・・・。

435 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/12/25(月) 23:01:57 ID:zq6HOlEe
最終投下における生存者の時間

八雲・三原【午後:17〜18時】
奈良 【午後:15時〜17時】
播磨・沢近・西本【午後:13時〜14時】
烏丸・隣子【午後:12〜13時】
円【午前:11〜12時】
一条【午前:10時〜12時】
高野・雪野・岡【午前:10時】

というところか。
最大で、8時間くらいの時間差が出来てるな。

436 :本編が(ry:2006/12/25(月) 23:04:22 ID:5tNYLL0d
ハネ子(以下ハ)「ハネ子とー!」
ダメ子(以下ダ)「ダメ子のぉーっ!」
ハ&ダ『“名無し様が見てるー(=´Д`=)ーイン★サブカルチャー”!!』
ハ「名無しの皆様お久しぶりー! ほらそこ、涙は拭いて拭いて。
  泣いたって、マーダーの皆もアソミコハナサラも生き返りませんよー。ここはカ〇スロワじゃないんだから」
ダ「余計なこと言わないのっ! ……えーと、名無しの皆様ご無沙汰してました。
  まさかハネ子が花皿なんて古代呪文を持ち出してくるなんて」
ハ「絶対に一時期そうだった人はいるはずだよ。
  特にマイナー派閥が好物の人とか。ほら、そこのさくらんぼ派のアナタっ!」
ダ「1の人指さしちゃダメェッ!」
ハ「なによぅ、いいじゃない。どうせ今回も笑って悪ノリしてくれるわよ」
ダ「あのねぇアンタ、そんなこと続けてたら今に『アイツまとめに媚売りすぎじゃね?』とか言い出す人もでてくるわよ」
ハ「そんなリスクは承知してるわよ。……でもね、ダメ子」
ダ「な、何よ。そんな真面目くさった顔で」
ハ「権力者に媚売るのは、この世界では必要なことなのよ?」
ダ「イヤな世界だな」
ハ「いざとなったら色仕掛けでさえ使うわよ、私」
ダ「手段選ばなきゃ駄目ぇっ!」


437 :本編が(ry:2006/12/25(月) 23:05:00 ID:5tNYLL0d
ハ「さてさてダメ子。新規の名無しさんに、このコーナーの説明をお願いっ♪」
ダ「わかったわよ。えーっと、このコーナーは、私達ズガンコンビが1の人に怨みを晴らすため……じゃなかった。
  スクロワを更に盛り上げる為に色々な話題を取り扱うコーナーです」
ハ「時には二人だけで、時にはゲストをお呼びして。
  死者の未練を断ち切ったり断ち切らなかったり、っていう企画。肩の力を抜いて読んでいってくださいな」
ダ「相変わらず、好き勝手なこと言ってるわね」
ハ「アンタも段々と本性が出てきた感じじゃないの」
ダ「……こんな企画、冷静さを保ってたらやってらんないわよ」
ハ「なるほど。さすがはロワの冥界コーナー、狂人化フラグビンビンですか?」
ダ「いや、そこまでじゃないけど」
ハ「と、いうことで今回のお題はー!」
ダ「え? ああ、そういうフリね。えっと、今回のお題はズバリ、スクロワマーダー特集!
  ロワの醍醐味、殺し合いにはかかせない汚れ役をかってでてくれた影の主役達にスポットを当てよう、っていうワケですね」
ハ「くぅー! ついに来た私の春っ!」
ダ「どういうこと?」
ハ「だからぁ、前回のカップル談義でチラっと言ったじゃない。……わかってるくせにぃ」
ダ「気持ち悪い声出すのやめてよ。それじゃ、早速ゲストをお呼びしましょう」
ハ「それビ・ケ・イ! ほらキ・ン・パ・ツ!」


438 :本編が(ry:2006/12/25(月) 23:05:43 ID:5tNYLL0d
ダ「この二人がこんなにも活躍するなど、誰が予想したでしょうか? 狂気と冷静さがロワに活気をもたらした! 
  SMの片割れ鬼怒川さんと、狂人才女結城さんでーす!」
おキヌ(以下キ)「呼んでくれてアリガト。お茶飲む? 農薬入りだけど」
つむぎ(以下つ)「いえ、そんな活躍しただなんて。私はただ花井君にたかりそうな蛆虫を【禁則事項】しただけで……」
ダ「うわー。死してもなお立派なマーダーっぷりですね。逃げていいですか?」
キ&つ『うん、それ無理』
ダ「……ちょっと助けてよハネ子」
ハ「……なんでよ」
ダ「え?」
ハ「なんでハリー君がゲストじゃないのよっ! ハリー君がコッチの世界の住人になった瞬間から、首を長くして待ってたっていうのに!」
ダ「あー。そのハリー君ですが、コメントが届いています」
ハ「何々? ラブレター!?」
ダ「『本編ではだいぶカツヤクさせてもらっタ。スマナイがしばらく休ませてもらうヨ。東郷が、コーヒーをおごってくれるというのでナ』、だそうです」
ハ「……あのマカロニヤロー。今度会ったらぶっ殺してやる」
ダ「もう死んでるから」
キ「ちょっと、こっちは無視?」
つ「どうせ私なんて……(ブツブツ)」
ハ「もー、ダメ子がテキトーにやってよ。私は休んでるから」
ダ「あわわわ。そ、それじゃあマーダーのお二人にお話をうかがいましょうっ。
  マーダーキャラとして描かれてみて、どうでしたか? まずは、鬼怒川さんから」


439 :本編が(ry:2006/12/25(月) 23:06:27 ID:5tNYLL0d
キ「そうね。まぁ、周りの男子とかは私のことSだSだとか言ってるらしいけど……。
  私は別にSじゃないからマーダーになるのも勇気が必要だったわね」
ダ「ほうほう」
キ「人は殺すよりも、生かさず殺さずで傷つけるほうが好きだし。
  いきなり殺すなんて無理で、じっくりと時間をかけて少しずつ精神から追い詰めていかないといけないし。
  あ、それから……」
ダ「も、もう結構ですっ! ……アリガトウゴザイマシタ」
キ「そう? まだまだ話したいことはあったんだけど」
ハ「……完璧Sじゃん」
ダ「ハネ子はちょっと黙っててっ! それじゃあ、結城さんどうぞーっ!」
つ「私ですか? 狂人化フラグがたてられちゃってしかたなく……。
  ホントは、人殺しなんて嫌だったんですけど」
ダ「ですよね、ですよねっ! よかったやっとまともな人が」
つ「でも、やっぱり花井君に近づく人は許せないので、たぶんまともでもそんな人には【禁則事項】するし同じ理由で高野さんとか八雲ちゃんも【禁則事項】を【禁則事項】して。
  あ、もちろん周防さんは【禁則(ry」
ダ「はいアリガトウゴザイマシターーーーーーーーーー!!」
つ「え、まだ最後に花井君を【禁則事項】する話が」
ダ「この話題終了ー! 誰だこいつ等呼べって言った奴っ! >>398テメェ責任取れっ!」
ハ「まぁまぁ、落ち着いてよ。ダメ子」
ダ「ハネ子ぉ……」
ハ「この窮地を乗り切るとっておきの策が私にはあるのよ」
ダ「な、何!? 教えて!」
ハ「今からでもハリー君を呼べばきっと」
ダ「利己的提案DAME!」


440 :本編が(ry:2006/12/25(月) 23:07:45 ID:5tNYLL0d
ハ「ちぇっ……。さて、そろそろお別れのお時間です」
キ「もう終わり? ……それじゃあ斉藤君のトコでも行くかな。奈良君の蝋燭奪っとけばよかった」
つ「私も花井君のところに行きますね。待ってて、花井君。すぐに近くに行くから♪」
ダ「……最後までこんな空気か。次回はどうなるんだろ」
ハ「次回もきっと好き放題やり放題! さて、そろそろ吉山田君でも呼んであげようかな?」
ダ「だから誰それ」
ハ「でも結局、ゲストを決めるのは次の放送の後っ!」
ダ「まぁ、そうだろうけど」
ハ「私は断然ハリー君希望! そして誘惑してみせる!」
ダ「野望宣言しちゃ駄目」
ハ「そして本編では見られないめくるめくERO展開をっ!!」
ダ「書き手に実力以上のもの求めちゃダメェッ!?」






 これでも読んで、◆7ILEob33QI氏 の投下を待ってようぜ。

441 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/12/25(月) 23:08:06 ID:bXE7Bi28
GEIって人、おかしな人だとは思ってたが、まさかこれほどの真性屑だったとは……
公開オナニー邪魔されたんでカンシャク起こしちゃったんだな……

442 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/12/25(月) 23:11:46 ID:EOhcx1yX
>>440
相変わらずの超GJwww

443 : ◆7ILEob33QI :2006/12/25(月) 23:15:20 ID:vBHfyQYK
どうもお待たせしました。特に ◆.Cb.m05RN氏、待たせてすみませんでした。
当初はもっと急展開にしたかったのですが、氏の伏線をつぶすのも申し訳ないと思い直させていただきました。
この構想は他キャラで、予約無しで投下したいと思います。

題名は「Past School Days」

444 :Past School Days:2006/12/25(月) 23:16:04 ID:vBHfyQYK

あるところに――――――とても無愛想な女の子が居ました
成績はいいけれどヒネくれててイタズラ好きでやっかい者でした
でも女の子にはひとつだけ特技がありました
読書が好きで本を書くことも好きでした
女の子は文化祭で劇の脚本を書きました
ちょっとだけ皆の役に立つのでした


――――――もう  あるところは ない

――――――もう  みんなも  いない


――――――もう  ※※※※ ※らない


445 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/12/25(月) 23:17:28 ID:vBHfyQYK
島は今日も晴天だった。穏やかな青空。
冬なのにも関わらず、やや涼しく、やや肌寒い程度で済んでいるのは、
きっとこの地が矢神よりもずっと南に位置しているからだろう。

「なー、たーかのー、こんなこと意味あんのかー?」
空を見上げ、高原地、湖のそばで立ち止まりながらうめき声をあげたのは、
どこか小者を思わせる――実際に小さいのだが――、そんなおかっぱ頭の男だった。
だというのに何故か今はえらく強気で自信にあふれている。彼は抗議の声をあげた。
「絶対意味ねーって、これ!さっさと先に進んだ方が良いってマジで。」
同じく空を見上げていた高野は、とりあえず無視するのもあれなので答えることにした。
上空を見回してから、目の前に立つ男を見据える。
「警戒を怠らないで岡くん」
彼女は無表情でそう言うと、また空へと視線をもどした。
先ほど三人で分け合った雪野のお米パンの袋が、風に吹かれて飛んでいくのが視界に入る。


446 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/12/25(月) 23:17:39 ID:Kq5FM356
もう反主催エンドはナイ・・・よな?

447 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/12/25(月) 23:18:52 ID:vBHfyQYK
「もしかしたら敵が襲ってくるかもしれないからね・・・凧に乗って」
「・・・高野、それって・・・・ギャグか?」
一転して、気を弱そうに――というより、話に付いて行けないといった方が正しいか――岡と呼ばれた小男は露骨に眉をひそめた。
「何が?それとも既に凧でこの島を出たとでも?それはないわね」

彼女は断言できる。彼に誰かを見捨てるという選択肢は信じられないことに存在しない。
馬鹿と煙はなんとやらを地でいく彼らのことだ。
特にどこかの誰かさんの場合、きっとこういう時こそ、いつもの三倍の馬鹿と、いつもの三倍の正義感で目の前に立ちふさがるに違いない、と。

「・・・高野、おまえ疲れてるんだな・・・・・すまねぇ、やっぱもうちょっと休んだ方がいいな」
「・・・」
少しだけ、なんとなく寂しさを感じたりもしたが、話している相手は単なる駒だと再認識し、高野は適当に受け流すことにした。
空は相変わらずの青一色。鳥も、先ほどのパンの袋すらも見かけることが出来ない。
・・・残念ながら。


448 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/12/25(月) 23:20:16 ID:vBHfyQYK
「――――高野さーん!高野さん!高野さーん!たーかーのーさーん!!」
・・・遠くから女の子の声がした。

「おっ、来たぜ高野。おーい!」
「・・・・・・」
こっそり吐息をこぼして、げんなりした―――ただし、親友の沢近にしか分からないであろう無愛想な―――顔で、高野は少女の声の方向を見つめた。
「名前を呼ぶのは一度にしてもらえない?」
「あ、ご、ごめんなさい。大丈夫?」
何が大丈夫かは不明だが、そこにはウェーブ髪の少女が申し訳無さそうに立っていた。
「ええ、大丈夫よ」
「よ、よかったー。あっ、頼まれていたもの見つかったよ」
少女――雪野は、草木がなく見晴らしのいい場所に居る高野と岡の元へと歩み寄った。
「そう・・・よく探してくれたわね」
「えへへー。私だってやる時はやるんですよ?・・・うわぁっ!?」
ドサドサッ―――とこれは、雪野が"探し物"を盛大におっこどした音だが、彼女はそれでも彼女に褒めてもらおうと、声をあららげた。
「でも大変だったんだからね、雑誌と縄を探すの!もー、山の中じゃ絶対見つかんなかったよ」



449 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/12/25(月) 23:21:56 ID:vBHfyQYK
観音堂を出発しホテル跡を目指す道すがら、高野はあるものを探していた。
この先は人数が絞られ、自然と敵の装備も充実してくる。
岡と雪野が盾にさえならないことを危惧した彼女は、防具が必要だと判断したのである。
その結果が、この雑誌というわけだ。
これならどこかに投棄されている可能性も高く、加えて耐久性の面でも防刃、防弾性ともに多少は期待できる。
駒に装備させても、こちらが防具の位置を把握してさえいれば、後に殺す際にも不利にならない。
本来ならば高野自身が探しに行ったほうが効率がいいに違いない。
だが、雑誌のことを彼女らに話した際に、雪野自ら周辺探索を志願したのである。
曰く、「少しでも高野さんの役に立ちたい」と。
・・・わざわざ急な山路ルートに抗議し、緩やかなルートを高野に選択させた負い目からかもしれないが、高野にとっては良い使用機会であった。


450 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/12/25(月) 23:23:06 ID:vBHfyQYK
「えぇ、ありがとう雪野さん。さ、こっちを向いて」
バラバラになった雑誌を整理している雪野のところまで、ほんの数歩ほど足を進め、かがみこむ。
近くにあった縄紐を手に取ると、強度を確かめる。
申し分のない硬さを確認したあと、薙刀で縄紐を3等分した高野は、有無を言わせず雪野の制服の上着をめくった。
「ちょ・・・ちょっと高野さん!?」
早速雑誌を装備させることにする。位置は前面部。彼女の心臓部分を全て覆い、腹部の大半を守れるように位置を調整する。
「く、くすぐったいよ高野さん・・・アッ―――」
「・・・・」
どう反応したら良いか思いつかず、彼女は黙って作業を続けた。


451 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/12/25(月) 23:25:49 ID:vBHfyQYK
何回か上着を着せ、不自然に見えすぎないように雑誌を切り抜いては調節することを繰り返し、ようやく適度な厚さとなった。
最後に縄紐で固く縛り、上着を着せる。即席防具の完成である。少し太めに見えるのは仕様だ。
「・・・これでよし。みっともないけれど、これで多少の攻撃は防げるよ」
首から上を狙われたら終わりなのも仕様だ。もっとも、そこを狙うのは仕様を作った彼女自身なのだが。

「わー、ありがとう高野さん。これで烏丸くんに会ってもへっちゃらだね」
彼女は目を輝かせて、言ってきた。
「・・・舞ちゃんにも・・・・もっと早く着せてあげてれば・・・・ぐすっ」
彼女は目を潤ませて、言ってきた。
「あっ、そうだ。今度は私が高野さんに付けて上げるね」
彼女は目を輝かせて、言ってきた。・・・なんとも感情が豊かな子だと、逆に高野は感心する。
「・・・おーい、高野。俺にも着けて欲しいんだけど・・・」
「岡くんは自分で着けてよね、男の子でしょ」
意外にも、雪野が彼の下心満載の声をピシャリと遮った。
男だと、どうして自分で着けなくてはならないのか・・・高野にはわからないが、それでいいのならそれにこしたことはない。
岡はしぶしぶと自分で雑誌をつけ始めた。
「でも良かったー。冬服大きめに作っといて。でももうボロボロだから、新しく新調しないとね!」
「雪野さん・・・あなた・・・・」
とその時。12時の定時放送のチャイムが鳴り響いた。


452 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/12/25(月) 23:28:27 ID:vBHfyQYK

    ◆  ◇  ◆  ◇  ◆

五人の死者が列挙された。ララ。天満。美琴。冬木。三沢。うち、高野の親友であった天満と美琴。
(・・・よかったわね、天満、美琴)
砺波の生存を確認し、安堵している雪野と岡を尻目に高野はメモを取りながら、心の底から彼女らの死を祝福した。
(あなたたちは、終わらせられないし、終われないから)


この島に来てからの高野の行動目的はただ一つ。
―――自分以外、ひとりもこの島から生還させない

ただ、それだけ。どれだけ人が傷つこうが、人を裏切ろうが関係ない。
あの平和だったクラスを、もう取り戻せないクラスを、この島で終わらせる。
人が壊れていく様を見るのは確かに楽しいが、それはただの余興。
私だけが終わらないのだから、せめて皆の変化を見届けることくらいは、させて欲しいと願う。
(そうね・・・皆が死ぬまでの行動記録くらいの賞品が欲しいかしら・・・きっと監視しているだろうし)
これは一足速い卒業式。私だけが卒業できない卒業式。だからこそ、卒業アルバムが欲しい。
少し楽しみが増えたことに、高野は無表情のまま笑った。・・・そうでもなければ、とても救われない。



楽しい――――けど足りない。
                  (終わらせるには死が足りない)
私はまだ満足していない。
                (誰一人として生き残らせない)
もっと殺してみたい。
            (生を、死を背負うのは誰でもない、この私だけだ)
  



453 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/12/25(月) 23:30:42 ID:vBHfyQYK
―――と、考えている間に、岡がいきなり靴を脱ぎ始めた。
一体何を、と高野と雪野が見つめるなか、彼はその視線をよそに二日間はき続けた靴下をも脱ぐと、今度は周囲を見渡し始めた。
視線は下、地面である。彼は砂と石粒をすくい始めた。
「おい、二人とも。そっちに石ある?」
「へ?石?」
雪野は聞き返したが、高野にはすぐに岡の意図を察知した。傍にあった手ごろな200gほどの小石を数個、岡へと放る。きっと彼はアレを作るに違いない。
「サンキュ、高野」
彼はそれらを2つの靴下に積めると、それぞれの口をかた結びで堅く閉じた。
ブラックジャック。身近な道具で作ることが出来、小さいため隠匿性が高いことで有名な即席護身具である。
「これを隠し持っておけば、武器を取られても対応できるぜ?」
そういって実演するかのように振り回したあと、彼は靴下製ブラックジャックを高野と雪野に手渡した。
「え?岡くんのは?」
彼の意外な行動に、雪野が声をかける。
わずかに間をおいて、
「あぁ、いらねーよ。お・・・お前らの身の安全のほうがすん配だしな」
きっと、死者が五人も増えたことで警戒心が生じたのだろう。
顔を赤らめながらも、岡はかぶりをふった。ここで噛んでしまう所が彼らしい。
「岡くん・・・」
雪野は、その様子を瞬きして、見つめていた。
「な、なんだよ!?俺は別に・・・ここれで銃の件はチャラだかんな!帰ってもみんなにはあのこと内緒にしてくれよ!いいな!?」
ひどく情けなくも力強い声で、必死に訴える岡であった。が、

「岡君、靴下臭い・・・」
「・・・・・・」


454 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/12/25(月) 23:33:01 ID:vBHfyQYK

高野は手の中のブラックジャックを手の中で転がしながら、嘆息した。
今までそれほど役に立たなかった駒が、少しずつではあるが役に立ってきていることは望ましい。
だが、しかし。
「ねぇ、二人とも」
落ち込む岡とそれを励ましている雪野、その双方に高野は声を掛けた。

「・・・あなたたちどうしたいの?」
低く、問う。

すると、二人は困惑したような顔を見せた。
「へ?どうって言われても・・・」
「順子を助けに行くんでしょ?」

「そうじゃなくて。その先のことよ」
この殺し合いの果てに、二人は何を望むのか。いずれ死に逝く二人には叶えられない望みだが、今の高野には聞かずにはいられなかった。


「前にも言ったけど、私、カラオケ行きたい。パーッと皆で騒いで、この島のことを忘れて・・・」
雪野はあっけらかんと答える。

―――こいつは

「あ、いーなーそれ。俺も混ぜてくれよカラオケー!俺さ、お前のことも・・・守ってみせるからさ」
岡もそれに追従する。

―――こいつらは

「えー?どうしよっかなー。いい?高野さん?・・・・高野さん?」


―――こいつらはなにをいっているのだろうか





あぁ、そういうことか。この二人に感じてきた苛立ちが、いまはっきり理解できた。つまり、この二人は・・・


  死を背負うことなく 愚かにもまだ※※※※ ※れるものだと勘違いしているのだ





455 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/12/25(月) 23:35:14 ID:vBHfyQYK
「高野さん・・・大丈夫?」
あわてて駆け寄った雪野の前で、高野は手を振る。
「やっぱ疲れてるんじゃねーか?もう少し休んだほうが良いって」
心配気にこちらを見つめてくる岡に、高野は声をかける。
「えぇ・・・大丈夫だから。さぁ、行きましょうか」



再び決心する。たとえこの先脱出の方法が見つかったとしても、そして万が一脱出できたとしても。

決して誰一人として生かしては帰さない、と。

全てのものに、等しく終わりを与えるために。自分以外の、全てのものに。

天満と美琴の死は僥倖であった。きっと惨劇を加速させる。
きっと八雲も、愛理も、播磨も、烏丸も、麻生も、奈良も。終焉に向かっていくのが手に取るようにわかる。

しかし、それでも―――岡や雪野と違って、あの馬鹿は全ての死を背負い、全てを生かし、全てを助けようとするに違いない。
敵として、正義として、友として。必ず最後に立ちふさがるに違いない。


・・・いいだろう。殺すことが悪になるというのなら、私は喜んで悪になろう。
だって、生きることは―――死よりもつらいこともあるのだから。



456 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/12/25(月) 23:36:39 ID:vBHfyQYK

ある日――――女の子は、友達たちと島に連れて行かれました
生き残るためには友達たちを殺さなくてはなりません
女の子は困りました
これまでの友達たちと過ごした日々が心地よかったからです
女の子は困りました
頭がいいのでそのヒビはもとに戻らないことを知っていたからです

雪の子を騙しました
岡の子を騙しました
烏の子に罪を着せました

女の子には何の罪悪感もありません
だって、もう元に戻らないのですから

鷺の子を殺しました
麻の子を殺そうとしました
舞の子を殺しました


女の子は喜んで友達たちを殺しました
もう元に戻らないのなら、自分の手で壊したかったのですから


女の子は惨劇の脚本を書きました
もう友達たちは死を背負わなくていいのです
ちょっとだけ皆の役に立つのでした
めでたしめでたし




――――――もう  あるところは ない

――――――もう  みんなも  いない


――――――もう  グルグル 回らない






――――――ち。


457 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/12/25(月) 23:38:10 ID:rvX04huJ
仕事終えて帰ってきたら結構死んでたんでビックリw
急展開だけど乙です。

458 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/12/25(月) 23:42:20 ID:vBHfyQYK
【午前10時〜午後1時】

【高野晶】
【現在位置:D-04】
[状態]:健康
[道具]:支給品一式(食料は、残り2食分) 薙刀 シグ・ザウエルP226(AT拳銃/残弾15発) 薙刀の鞘袋(蛇入り)
      雑誌(ヤングジンガマ) ブラックジャック(岡の靴下でつくられた鈍器。臭い)
[行動方針] :雪野、岡を使えるなら利用し、その後殺す。パソコンに興味を持つ。
         花井を最後の敵だと認識している。
[最終方針] :ゲームに乗る。全員を殺し、全てを忘れない パーティー潜伏型。

【雪野美奈】
【現在位置:D-04】
[状態]:少し疲労。晶に依存気味
[道具]:支給品一式(食料は、残り1食分) 工具セット(バール、木槌、他数種類の基本的な工具あり)
      雑誌(週刊少年ジンガマ) ブラックジャック(岡の靴下でつくられた鈍器。脳震盪と嗅覚破壊のダブルパンチ)
[行動方針]高野の為に動き、行動をともにする。順子を助ける。この島から助かったら、全てを忘れる。

【岡樺樹】
【現在位置:D-04】
[状態]:打撲傷多数 健康 裸足にローファーの石田ファッション
[道具]:鎖鎌 支給品一式(食料無し、水2) 雑誌(怪楽天)
[行動方針] :「高野の心の支えになるのは俺だっ!」と素敵な勘違い中。
         雪野も守りたい。(下心満載) 順子を助ける。(下心満載)この島から助かったら、全てを忘れる。

[チーム方針]:ホテル跡を目指す、パソコンを探す。



459 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/12/25(月) 23:43:45 ID:5tNYLL0d
>>458
GJ! 面白かったぜ。



             そしてタイミング悪い投下してゴメンな。


460 : ◆.Cb.m05RN. :2006/12/25(月) 23:44:20 ID:DWolcq7j
>>443
読ませていただきました、Gjです。
思いもしなかった意外な行動でリレー小説の醍醐味を感じました。
それに急展開にしたかったというのが気になります。
他のキャラでそれが明かされるのが楽しみです。

では高野、岡、雪野、播磨、沢近、西本、一条を予約します。
ただ年末ですので期限ギリギリになる可能性が高いと思います。

461 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/12/25(月) 23:46:05 ID:EOhcx1yX
>>458
乙です
高野の行動により説得力が出ましたね
にしても雑誌w
ジンガマはともかく怪楽天てwww

>>460
期待してます

462 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/12/25(月) 23:47:08 ID:x4tuSJn0

高野キてるな。これでほぼ心変わりの可能性は潰えたか


しかしテンプレ( )だらけだなw

463 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/12/25(月) 23:48:17 ID:vyszwQV5
道具とか状態のところも面白いな

464 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/12/25(月) 23:49:10 ID:zq6HOlEe
>>443
乙。
遠慮せず急展開にすればよかったのに。

それと、時間は午後12時〜午後1時だよな?

465 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/12/25(月) 23:49:50 ID:ncAZtpRK
乙。
元通りに戻らないなら、自分の手で壊してしまえ……か。 高野……


しかしすごい一日だったな。
◆eUDd48/dhA氏の予約作の投下を皮切りに、◆cx94bMr2cU氏、>>377氏の怒涛の連続即時リレー、
>>436氏のダメハネ霊界劇場に、ちょっと遅れちゃったけど◆7ILEob33QI氏の予約作。

これ全部24時間以内の出来事だもんな……ほんとにすごいわ。

466 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/12/25(月) 23:51:19 ID:MG1taxMm
GJ
高野が真っ黒だw


467 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/12/25(月) 23:51:38 ID:dlG21I+l
みんなGJ!
いやーしかし絶好調だなこのロワ
どういう結末になるのやら

468 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/12/25(月) 23:56:42 ID:vBHfyQYK
>>460
本当に遅れて申し訳なかったです。急展開は他のグルグル回ることに関係するキャラで書きたいと思い直しました。
今後は予約無しで投下できるようがんばります。そして、大所帯がんばってください。
>>464
ですね、申し訳ない。まとめサイトの管理人さん、時間のところお願いします。【午後12時〜午後1時】でよろしくです。

469 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/12/25(月) 23:57:27 ID:BHQ9FJnx
生存者名簿一覧 【現在13名】 (43名)
男子                                  .女子

○5:岡 樺樹(おかっぱ)                  ::○1:一条 かれん
○6:烏丸 大路                         ○4:城戸 円
○10:奈良 健太郎                      :○7:沢近 愛理
○11:西本 願司                        :○9:高野 晶
○14:播磨 拳児                        :○12:砺波 順子(隣子)
                                      ::○15:三原 梢
                                      ::○17:雪野 美奈
                            :::○20:塚本 八雲


【以上5名】                            ::::【以上8名】


前半だけで7人は急展開だwww

470 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/12/25(月) 23:59:56 ID:Yzca0htc
最近鬱ばっかりだったから両氏でギャグ分補給できてよかった。ありがとう。

471 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/12/26(火) 00:00:53 ID:MXLW9sZo

いっぱい死んだけど、それでも俺は一番高野の思考に心が痛んだ
なんかスゴイ悲しいなこの決意は

472 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/12/26(火) 00:11:55 ID:LUUj2UM7
>>458
オカッパと雪野に死亡フラグが立ってるな・・・。

ところでオカッパのところ

【岡樺樹】
【現在位置:D-04】
[状態]:打撲傷多数 健康 裸足にローファーの石田ファッション
[道具]:支給品一式(食料無し、水2)鎖鎌 雑誌(怪楽天)
[行動方針] :「高野の心の支えになるのは俺だっ!」と素敵な勘違い中。
         雪野も守りたい。(下心満載) 順子を助ける。(下心満載)この島から助かったら、全てを忘れる。

[チーム方針]:ホテル跡を目指す、パソコンを探す。


の方がいいんじゃないか?

473 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/12/26(火) 00:13:04 ID:LUUj2UM7
>>472
[道具]:支給品一式(食料無し、水2) 鎖鎌 雑誌(怪楽天)

こうな。

474 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/12/26(火) 00:13:35 ID:vOpyjoUc
俺もそういう思考をしがちだから晶の思考はよくわかる


475 : ◆7ILEob33QI :2006/12/26(火) 00:18:21 ID:nnFNhom1
>>472>>473
前の作品のをコピペ改変してただけだったので、調整するの忘れてました。どうもです。
>>459
むしろこちらのほうがタイミング悪かったです。いつもダメハネ楽しみにしてますからw

476 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/12/26(火) 00:22:18 ID:CTT4bPZD
なんかもうそろそろフラッシュメモリやノートパソコンの機能を明らかにしないと
脱出より先に人がいなくなる勢いだなw
もちろん優勝エンドでもいいけれど最後までどっちかわからないほうがいいから
設定を練るのが好きな460氏に期待がかかる

477 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/12/26(火) 00:23:18 ID:VVoHoCSu
もう優勝エンドでもいいやと思う俺ガイル

478 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/12/26(火) 00:27:24 ID:4ci3gyTs
ようやく姐さんらしさが見れてよかった。ここまでシリアスやっといてタコは無いだろwww
姐さんの殺戮行動の裏付けが取れた今、よくわからないのが円だけになったな。

>>477
優勝エンドでも、オチが必要だろオチが。

479 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/12/26(火) 00:39:22 ID:ScL0a4An
おかっぱの靴下ネタは他ロワの足臭い親父が元ネタかと勘繰っちまうぜ

480 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/12/26(火) 00:41:11 ID:VVoHoCSu
>>478
いや別にオチがいらないとは言ってないし・・・

481 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/12/26(火) 00:46:03 ID:G3sjn6BK
雑誌を腹に仕込んだだけで某ハードボイルドを彷彿してしまうから困る

482 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/12/26(火) 00:46:26 ID:LUUj2UM7
ロワは元々シリアス系のストーリーなのに、果たしてオチは必要なのかと小一時間・・・。

483 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/12/26(火) 00:50:00 ID:nnFNhom1
>>479
気になるんでググってみたけれども見つかりませんでした。
雑誌と靴下に関しては即席武器でググって調べました。靴下ネタは私の足の仕様が元ネタです。以上。

484 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/12/26(火) 00:53:27 ID:4ci3gyTs
>>482
オチって漫才のと勘違いしてないか?
俺が言いたいのは、優勝エンドにしたとしてもそれからどうすんのって話。
まさか先生に「あなたは優勝しましたおめでとう」と言われて終了にするわけにはいくまい。

485 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/12/26(火) 00:57:22 ID:MXLW9sZo
オチを取り違えるヤツって結構いるんだな。前も交流か何かで見たような。

486 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/12/26(火) 00:57:43 ID:vdNTmrgk
この話を読んで高野VS花井が超見たくなった

487 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/12/26(火) 00:59:00 ID:Dc6jXhAH
もうそれが叶うことはなくなっちまったがな・・・

488 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/12/26(火) 01:03:50 ID:4ci3gyTs
フラグが折られることを前提としたフラグって、これが初作品じゃないか?
花井と争うことが叶わないと思うと、余計にきつい。

489 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/12/26(火) 01:17:57 ID:dWcw3t+O
◆GEIGwDl3Ms氏の作品を破棄扱いするような狭量ささえなければそれも見られただろうに・・・

490 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/12/26(火) 01:19:53 ID:LUUj2UM7
>>489
もうそいつの話はやめろ

491 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/12/26(火) 01:21:10 ID:w5a0oU/2
過ぎたことを悔やんではいかん

492 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/12/26(火) 01:27:30 ID:4ci3gyTs
あまり語られてないが、名無し様が見てるでやっとつむぎが救われた気がする。

493 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/12/26(火) 01:30:38 ID:mxgJC01K
>>489
あれ?もう二度と来ることはないんじゃなかったの?

494 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/12/26(火) 01:57:32 ID:kCw/4U+G
>>484
それからどうすんの?ってそりゃ書き手さん次第じゃ?

何で君がそんなこと心配するのかが分からないな。

495 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/12/26(火) 02:01:41 ID:M31BcLSL
◆.Cb.m05RN.氏の作品は播磨、沢近、西本と高野一行が出会うって丸わかりなのがちょっと…。
いや別に不満はないしいいんだけど、予想外の展開好きな自分としてはちょっと微妙かなあ。
イチさんがどんな役どころで出るのかが鍵かな?

496 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/12/26(火) 03:16:16 ID:vdNTmrgk
>>495
そんなの予約とるんだからある程度ネタバレはしかたないだろ 

497 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/12/26(火) 03:58:41 ID:M31BcLSL
今回の場合は「ある程度」じゃなかったわけで。
氏の場合はそれこそ放送前から構想を書いていたし、予約や自己リレーのルール確認などで
あからさまだった。それを言ってる。
ただ単純にキャラ名だけの予約だったら俺もいちいち書き込んでないっつーの。

まあ日本語が読めるならこれに関して不満はないとも書いてるんで別にいいんだけど。

498 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/12/26(火) 04:20:14 ID:vdNTmrgk
>予想外の展開好きな自分としてはちょっと微妙かなぁ。


これって明らかに不満だろ

499 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/12/26(火) 04:24:37 ID:xDQBoYtN
おっぱいぱいぱぱーい!

500 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/12/26(火) 05:30:23 ID:SVt+8WrJ
花井VS高野か。それもちょっと見たかったな。こっちの投下が早かったなら花井と麻生のとこの結果は変わってたのだろうか?

>しかし、それでも―――岡や雪野と違って、あの馬鹿は全ての死を背負い、全てを生かし、全てを助けようとするに違いない。
>敵として、正義として、友として。必ず最後に立ちふさがるに違いない。
これ見ると姐さんは花井を正確に理解してるんだなw
ある意味最大限の信頼と言うか。

501 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/12/26(火) 06:39:22 ID:Dc6jXhAH
ある意味ではおキヌを凌ぐドS、お嬢を凌ぐツンデレ(ただしツン分120%)だしなw

502 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/12/26(火) 07:29:53 ID:gxtX52qQ
気づいたらもう13人か

503 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/12/26(火) 11:25:10 ID:ODqobogq

とりあえず城戸対高野か?


504 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/12/26(火) 12:36:51 ID:G3sjn6BK
進行方向の動きが固まりすぎて城戸が凄まじく扱いづらいな

505 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/12/26(火) 12:39:20 ID:kCw/4U+G
その前に姐さんが生き残れるかどうか。

今予約入ってる7人が全員無事な展開というのは考えがたいしな。

ステルスマーダーだから、いきなり沢近に襲いかかるような真似はしないと思うけど。

506 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/12/26(火) 13:20:48 ID:3Mhsdpjo
>>505
そういうさりげない展開誘導ともとれるレスは止めとけ。逆効果だぞ
何にせよどうなるかが期待できるが不安でもあるな

507 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/12/26(火) 13:20:52 ID:oe+GiADB
いや、流石に空気読んでくるだろ。
放送前と違って、大量にマーダーが死んだり戦闘が行われた今、放送前に練ってたネタをそのまま使ってくるとは考え難い。
無難なつなぎを書くんじゃねぇの? まだ2日目の昼なんだし、ここで大集団結成もちょっと予想しづらいし。

508 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/12/26(火) 13:33:11 ID:4ci3gyTs
空気を読みことが逆に空気が読めないことに繋がることもあるんだぜ?
>>507
予想しづらいならそれは意外性に繋がる

つうか、誘導止めろ

509 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/12/26(火) 13:47:41 ID:vOlzgdcA
実際、そろそろ先読み・展開予想は打ち止めにしないか?
今までも散々書き手がやりにくくなるって指摘されてるんだし
むしろここまでの展開で予想外だったやつとか挙げてみようぜ
最近で言えば奈良の超進化だよな
始まった頃は何時ズガンされるかと思ってたのにwww

510 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/12/26(火) 13:50:33 ID:riXTBT9x
        /´〉,、     | ̄|rヘ
  l、 ̄ ̄了〈_ノ<_/(^ーヵ L__」L/   ∧      /~7 /)
   二コ ,|     r三'_」    r--、 (/   /二~|/_/∠/
  /__」           _,,,ニコ〈  〈〉 / ̄ 」    /^ヽ、 /〉
  '´               (__,,,-ー''    ~~ ̄  ャー-、フ /´く//>
                                `ー-、__,|     ''
  ::::::::  ::    ::     :::::  ::  :::
  ::::::  ::   ____   :::::  ::::  :::
  ::::::  :::: /  :::  \ :::   :::   ::
  ::::  ::::/   ::     \::  :::  ::
 ::::  /:::    ─    ─ \ ::  ::
 :::  |  ::   .(○)  (○)  | :  ::::  
  :::   \     (__人__)  ,/ :  :::   
  ::  ノ      ` ⌒´   \ :   :::  
  /´               ヽ  :::      
 |    l              \:::
 ヽ    -一''''''"~~``'ー--、   -一'''''''ー-、.
  ヽ ____(⌒)(⌒)⌒) )  (⌒_(⌒)⌒)⌒))


228 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.02.02 2014/06/23 Mango Mangüé ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)